寒い…

今日は晴後曇で冷えて真冬に逆戻り。

今読んでる二宮金次郎の伝記の影響を受けて、 今日はいつもより早めに畑へ。 葡萄畑ではやっと電気柵をどこまで拡張するか確定。

賞味期限からちょうど一週間過ぎた「クロイカ」を恐る恐る調理したら、 においがおかしくなかったのでほっとした。 画像はクロイカを圧力鍋で煮始めたところ。 におい消しに自家製バジルペースト少々を入れたけど、 要らなかった。

圧力鍋で5分加圧したクロイカ。 ミズイカ(アオリイカ)の一種と思ったら、 画像に見えるようにコウイカみたいな平べったい「骨」が。 ミズイカほどではなかったけど結構美味でした。 内蔵も傷んでなかった。

クロイカを頂いてたら犬の朔が私の腿に頭を載せて欲しいという。 イカは犬にはご法度なのでやれない。 代りにブルガリアのむヨーグルトを与える。 これとリンゴが原因か、 最近ウンチがあまりにおわない。

追記に先日触れた「淡雪かん」についてのメモを書いた。

淡雪かんについてのメモ。
淡雪かんは、 寒天、砂糖と泡立て卵白を混合した和菓子。 材料の比率や作り方で食感が大きく変り、 口の中でとろけるような軟かいものから、 型で抜けるような硬いものまである。 寒天、砂糖と攪拌した卵白が二層に分離しやすいので、 製法が難しい。
淡雪かんの主な名菓としては下関・松琴堂製「阿わ雪」や岡崎・備前屋の「あわ雪」が挙げられる*。

寒天の代りにゼラチンを使うとマシュマロになる。 卵白もゼラチンも蛋白質が主な成分だからか、 互いに混じりやすくて作りやすいのかな。 卵白のにおいが目立つから、 上等な淡雪かんやマシュマロを作るには、 良い卵を使わなきゃいけないね。

*参考文献
伊東清枝「教材研究 淡雪かん」、 調理科学 Vol. 17 No. 1、p35-37 (1984)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/cookeryscience1968/17/1/17_35/_pdf

コメントの投稿

非公開コメント

No title

コウイカのような骨ですね。
お味はどうだったでしょう。

Re: No title

hiroroさん、こんにちは。

> コウイカのような骨ですね。
> お味はどうだったでしょう。

ミズイカ(アオリイカ)ほどではないですが、身も内蔵も結構美味でした。
圧力鍋ですぐ煮えました(1.8気圧、5分加圧)。
鮮度ももつようです。
煮汁もくせが少ないので色んな料理ができるのではと思います。
白菜と煮るのもおいしいかもしれません。
プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター