プランク定数と機械語

今日は曇後晴で、 午後部屋が明るく暖かくなったのは嬉しかったが、 外は冷えたのでなかなか出かける気にならず。

地面がまだ濡れてて枯れ草等の残渣の片付けがまだしにくかったので、 畑いじりは草刈りと見回り中心になった。 草が伸びない冬のうちに葡萄畑の電気柵を拡げようと思ってるのだが、 どこまで広く畑を柵で囲もうかまだ思案中。 猪だけ防ぐなら土地の起伏だけに気を付けて柵を拡げれば良いのだが、 将来猿も畑に来たなら、 猿が伝って来ないように、 柵の上に木の枝が来ないほうが良いからだ。 畑をただ見回って将来電柵をどこまで拡げるかとか、 どこに何の作物を植えようかとかぼんやり考えるのは好きだけど、 畑に来るとやはりどこかいじるべきではとも思って、 なかなかできないでいる。

昨日「プランク体操」をちょっと紹介したがそのためか、 今朝パソコンに向かってた時、 急に脳裏に「プランク定数」という言葉が浮かんでしまった (発音が似てる)。 早速ネットで調べる。 この定数は近代の物理学と言える量子力学の扉を開く「鍵」と言える数字。 「黒体放射の式」に初めて出て来るのだが、 これは例えば太陽とか(白熱)電球とかの熱い物が放つ光のエネルギー (強さとかまぶしさと考えるといいかも)を計算できる式で、 この式を高校の数学で習う「等比級数」を使って書き換えることによって、 そのエネルギーが1倍2倍3倍等の整数倍になることが少し理解できた。 物理は苦手な科目だったけど、 半世紀近く生きて初めて面白いと思った。

Book 20150117

コンピュータについて調べてて最近見つけた本。 コンピュータ関係の本は色々読んでみたけど、 やはり機械語(マシン語)から学ぶのが私には一番理解しやすいみたい (プログラミングは難しいけど)。 アマゾンに注文したら2日で届いてびっくり。

この本の著者のサイトはこちら。 ウェブページも分かりやすくてお勧めだけど、 本も内容が豊かでお勧め。 安いので絶版になった古い版を購入したけど、 改訂版はもっと内容が盛り沢山だろう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター