大雪とメゾ・クライミット

今日は大雪(たいせつ)、 そのためか分からないけど寒かった。 最高気温は予報では10℃を超えたけど、 実際は結局10℃未満。 これではどうしても外出が億劫に。 頭が回らないこともあって、 無理せず午後遅めに畑へ。

未明から明け方の最低気温は2.5℃と冷え、 そのためか葡萄畑の雑草が一部枯れたけど、 実はまだ洋蘭は戸外に出したまま。 今のところ無事。

どうしてこんな無謀に見えることをしてるかというと、 近所で霜に弱いはずのブーゲンビレアの生垣があって、 しかもまだ開花中だから。 島原の海岸附近にはやはり無霜地帯があるようなのだ。

とは言っても一方で海のそばでも空き地では、 朝ホトケノザ等に霜が降りてたりする。 どうも局所的に温かい所と冷える所があるらしい。 蘭を置いてる家の裏庭は北風が遮られ、 庭木もあるので冷気が入りにくいのかも。

地形等の影響を受ける局所的な気候を葡萄栽培学ではメゾ・クライミット(meso-climate)と言うが、 メゾ・クライミットを選んだりコントロールしたりすることで、 葡萄以外の作物や植物も栽培や世話が容易になるかも。 霜が降りたり水道管が凍ったりする日以外は、 洋蘭を家の外に出して冬越しできるかも。

Saku 20141207

犬の朔は暖を求めて私のそばに。

Hira fish 20141207

焼魚がいっぱいある日に限って魚が特売だったりする。 このヒラは体長30センチくらい。

Hira fish 20141207-2

ハモのように小骨が多いので薄切りにせねばならぬが美味。 典型的な九州の刺身の味で、 小さい時食べた記憶があるような。 形を崩さずもっと薄切り(1 mmくらい)にできれば良いのだが。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター