倭地温暖

ご無沙汰してます。

穀物自給のブログの記事を書くためこちらの過去のブログを読み返してます。お星様にした植物の画像などをたくさん見て心が痛いです…

私は過去は振り返らないのですが今は見返す時なのかも。

Holly 20161209

家の入口前でヒイラギがずっと咲いて香ってる。

Sazanka camellia 20161209

ヒイラギのそばにはサザンカ。枝が密に繁って何の木だろうとずっと思ってた。まさかサザンカとは思わなんだ。

Canna 20161209

師走なのに家の庭でまだカンナが咲いてる。

今住んでる家は標高160メートルくらいだが、周りにはサトウキビとか酔芙蓉のけっこう大きな樹があったりしてなかなか暖かい所のようです。

今日は雨

Tyre 20161212

とつぜん雪の予報が出てあたふたしないように、昨日隣の市のタイヤ店で軽トラックのタイヤをスタッドレスに交換して来ました。

タイヤ交換の作業を手伝いながら観察しました。ジャッキとトルクレンチと空気入れがあれば出来そうです。でも私は不器用なので独りでやったら時間が掛かりそうです。

Daylily

きのう小さい畑で季節外れのヘメロカリス(フランス・ハルス)が開花。おかぼの収穫と麦まきが済むまで除草は待っててね。

Book 20161213

最近町の図書室で借りた本。内容が濃いし随筆は40年くらい前のものだけど全く古くない。

星新一氏のような昭和一桁世代が少なくなって寂しいです。私も年を取ったのですね。

Saku 20161213

犬の朔はうちに来て今日で4年になった。お昼はウェットフードを与えてお祝いします。

レリア・アンセプス「ニッタニー・フロスト」開花

L. anceps 'Nittany Frost' 20161222

レリア・アンセプス「ニッタニー・フロスト」(Laelia anceps 'Nittany Frost')が開花しました。NS 7.5センチくらい(花が展開したら9センチほど)と小さくなってしまいました。でもペタルの幅が広いです。

品種名はアルベッセンスになるのでしょうか。画像では分かりづらいですがペタルがほんのり紅いです。リップのやや細かいフリル、奥の黄色と褐色の縞模様、白地のペタルやセパルの緑や紅の色合いなどが互いに調和して美しいです。

アンセプスには色々な品種や個体があって、ネットで画像を見ているとあれもこれも欲しくなってしまいます。でも以前紹介した「ラ・レイナ」とこの個体があれば私は他のアンセプスを衝動買いしないで済みそうです。

アンセプスは米国のサンタバーバラ蘭園のページが充実していてお勧めです。

今日のアンセプス

今日も晴れ。でも昨日より寒さが緩んでいいクリスマスデーに。

Laelia anceps 'Nittany Frost' 20161225

レリア・アンセプス「ニッタニー・フロスト」の最後の蕾が開きました。NS 7.5 cm。

Laelia anceps 'Nittany Frost' 20161225-2

最初に咲いた花はほぼ展開完了。NS 8.5 cm。真ん中の花もだいぶ展開してNS 8 cmくらいです。

Laelia anceps 'Nittany Frost' 20161225-3

リップの奥の縞模様もきれいだしペタルがカトレアのそれみたいにオーバーラップしてるのはすごい。一方でレリアのお星様のような花をしてるので得した気分です。

これは昨年購入した唯一のランです。昨年も今年も畑の作物ばかり気になって鉢物を疎かにしてました。でもアンセプス2株の花を愛でられたのをきっかけに、また世話しようと思います。

プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター