帰省してました

昨日一昨日は実家に帰省してた。
実家では年賀状作成の手伝いをすることに。今年は外注の予定だったけど、父のデザインした原稿をスキャン、私が自分のノートパソコンで画像ファイルを(Linux/Gimpで)加工、母のパソコンの年賀状作成ソフト(「筆まめ」、ウィンドウズが苦手なのに)で仕上げてしまう。外注費用はたぶん私の小遣いに。嬉しかったけど、実家で咲いてる蘭の画像を撮るのを忘れたのが残念。Pot.メモリアルゴールド「リトルジャイアント(Pot. Memorial Gold 'Little Giante')」とSlc.リムファイア(Slc. Rimfire)が開花中だった。

Daikon 'Santarou' 20151201

小さい畑で間引きした大根(品種: 三太郎)。葉は実家で豆腐と味噌汁においしく化けた。

Book 20151203

実家から回収した本(崎戸秀樹「長崎の路面電車」、長崎出版文化協会、1987年)。今は貴重な本かも。長崎の路面電車は子供の時から大好きなのです。

大雪ですね

暦では寒さが増したのに、今日は久しぶりに晴れて寒さが緩んだ。畑でダウンジャケットを脱いだのは久しぶりかも。

7年くらい独りで普段使いしていた占い(九星方位)表示プログラムをまともな形にしてウェブで公開したので独りご機嫌なのです。Python3 (パイソン3)がインストールされたパソコンなら動くはずです。

連日畑ではナイロンコードで草刈り。刈れる箇所が減って、手で雑草の(硬い)残骸を抜いたり、作物や苗回りの除草を手でやったりすべき時に来てる。

Ganebu 20151207

師走なのに野生葡萄の植え替えをしてたりする。今日は空き時間に16株済ませた。ジュメさんからありがたく頂いた種から育てた苗。来年畑に植え付けますね。

Musa yunnanensis 20151207

小さい畑の雲南バナナはまた新しい葉を展開中。冬越し出来るのか?

Farm 20151207

このバナナのそばでは昨年植えた水仙が成長/一部開花中。モグラやジネズミの包囲網は徐々に広がってるみたい。数年後が楽しみ。

陸稲の収穫開始

Blue Bonnet upland rice 20151209

小さい畑でブルーボネット陸稲の収穫開始。

Blue Bonnet upland rice 20151209-2

実が取れやすいので、刈って天日干しする予定を変更、穂をしごく。

Blue Bonnet upland rice 20151209-3

そのため周りの田んぼでは見かけない光景が出現。

Blue Bonnet upland rice 20151209-4

今日は5キロ弱収穫。脱穀が容易なのはありがたいけど、うまく籾摺りできるだろうか。

Saku 20151209

今日の朔。もうすぐうちに来て3年(今の暦で13日。旧暦では今年は11日)。旧暦11月朔日(ついたち)に来たのが名前の由来。

LED化

家の中の蛍光灯が古くなってきたし、私はこまめに明かりを点けたり消したりするので蛍光灯は向いてないし、最近LED照明が結構安くなったし等の理由で部屋の照明をLEDにさらに替え始めた。

Light 20151209

今朝届いた照明部品。画像左上は引掛けシーリングに付けるE26(口径、普通の電球の口径)ソケット。これに右上のE26とE12の親子ソケットを繋ぎ、(LED)電球を付ける。
画像下のLED電球は常夜灯に利用。

Light 20151209-2

前の画像上の部品を組むとこうなる。LED電球は元々うちにあったもの。殺風景? でもLED電球に向いたペンダント等の照明器具は意外と無いし、あっても高過ぎる。

Light 20151209-3

2つ前の画像下の電球(画像で小さい方の電球)を別の照明器具に取り付けたところ。E26口径の暗い電球の方が、E26/E12変換アダプタとE12口径のナツメ球(常夜灯)より安上がり。

Light 20151209-4

午後届いた変換ソケット。白いのはE26をE12 (一般的な常夜灯/ナツメ球の口径)に変換するソケットアダプタ、黒いのはE12の延長ソケット。

Light 20151209-5

丸形蛍光灯のペンダントの常夜灯のソケットにE12延長ソケット、E12/E26ソケットアダプタを繋げてE26 LED電球を取り付けたところ。延長ソケットが無いとE12/E26アダプタが照明器具に繋げない。あまり使わない部屋の照明はこれで十分。


今日紹介した商品(アフィリエイト)
(2017/3/9)エルパ(ELPA)の縦引き親子ソケットはA-86HからA-86NHに変わりました。

ELPA 親子プルソケット E26 E12 F21A 250V A-86NH

新品価格
¥860から
(2017/3/9 11:53時点)


(後のE12-E26アダプタはアマゾンプライム商品)

続・LED化

LED 20151210

今朝届いたLED。3年前買った900ルーメンの電球を明るいと思ったが、1500ルーメンはまぶしくて6畳間で使えない場合もありそう。その900ルーメンの電球より安いし軽いし発熱しない。技術の進歩はやはり素晴らしい。
LED蛍光灯は初めて購入。直管も丸形も明るすぎるほど。そして軽くて容易に割れそうにないしLEDの「粒」が見えず均一に光る。どちらの形も口金が回らないし片面しか光らない商品だけど、うちの古い照明器具に利用できたので安心した。


今日紹介した商品(アフィリエイト)

不耕起の理由と籾すり機発見

今日は昨日の予報が外れて終日雨。そのため畑は見回りだけ。でも暖かくて、雨が弱まった間二度の犬の散歩を済ませられた。

Errosion 20151210
Errosion 20151210-2
Errosion 20151210-3

私の小さい畑の近くのたばこ畑。私が畑を耕さない理由が分かりましたか?

Rice huller and polisher 20151210 Rice huller and polisher 20151210-2

南島原市旧有家駅そばでもみすり機2台を発見。注意書きにインディカ米・長粒米は不可とは書かれてない。畑で収穫したおかぼが籾摺り・精白して食べられるかも。嬉しい。いい仕事してますね山本製作所

祝三周年

今日は曇で朝雨で時々強風。予報では明日明後日天気が回復するそうなので、畑いじりは今日は主に見回り。代りに隣の市へ昼食と買物に行って来る。

Rice 20151211

畑で採れたブルーボネット陸稲玄米(画像左、右はバスマティ米)。長さは7〜8 mm、幅は3粒で8 mm。サタケの技術情報誌によると長粒米は長さ6.6 mm以上、長さ/幅の比3.0以下というから中粒に近い。
長粒種は「腹」が細いからゴムロールでもみ摺りすると砕けやすいという。私の米はちょっとおデブなので日本米の籾摺機が利用できるかも。
資料を発行したサタケは世界の米を知り尽くしたすごい企業なのでびっくり。

Saku 20151211

今日は犬の朔がうちに来て旧暦で3年。旧2012年11月朔日に来たのが名前の由来。今の暦だと2012年12月13日なので、明後日またお祝いしようかと考えてる。

晴れた

予報通り今日は終日晴れた。午後すぐ小さい畑へ。

Blue Bonnet upland rice 20151212

強風だったので体感温度は低かったし畑いじりはちょっとしにくかったけど、陸稲の穂は乾いてた。米の品種は違えども、収穫の喜びは内地米のそれと変わらない(はず)。

Blue Bonnet upland rice 20151212-2

今日はグロスで2.2キロ収穫。前採れた籾より青いものが多い。どれだけ食べられるのか。

Sunflower 20151212

小さい畑ではひまわりも初収穫。種の殻を容易に除ければナッツの自給がかなりできてありがたいのだが。

Sunset 20151212

小さい畑からは買物して一度帰宅。収穫した作物と食料を家に置いて犬の散歩、葡萄畑へ行って来る。日暮れが過ぎたのに西の空がまだ明るかったのでパチリ。

続々LED化

昨日は晴後曇、夜から小雨。午後葡萄畑へ行く途中、平成新山の麓で虹を見た。暖かかったので畑ではダウンジャケットを脱いだ。

LED 20151214

昨日朝ネットで注文したLED蛍光灯が届いた。明るさは同様だけど、今度の直管(20 w)は前回のそれより軽く、丸形は重い。

LED 20151214-2

直管20 w型は怪しげな表示。でもちゃんと使える。

LED 20151215-3

丸形LED蛍光灯はまだ高いけど、浴室の明かりをこまめに点滅させたかったので購入。

LED 20151215-2

直管10 w型は出入口に付ける。ここもこまめに点けたり消したりしたかったのでLEDに交換。明かりの向きを微調整したかったので口金が回転できる商品を選んだ。

LED 20151215

最初に購入した丸形LED蛍光灯は玄関に。こまめに点滅できるのでやはりすごく便利。

LED 20151215-4

表示が怪しげな直管20 wは2階のあまり使わない部屋に。ちょっと用事で出入りするとき寿命を気にせず明かりを短時間点けられるので嬉しい。

これで洗面所以外の部屋と通路は全てLEDに換えた。洗面所では鏡付きの洗面台にLED電球があって、それを使えば普段の生活には困らない。

電気料金を大雑把に試算。
明かり交換前は2部屋と玄関で蛍光灯をそれぞれ30 w、台所で40 w使ってたので計130 w。一日3時間使うと年間142.35 kwh。kwhあたりの電気料金を25円とすると3558円75銭。
LED交換後は一部屋で15 w、もう一部屋と玄関で20 w、台所10 w使ってるので計45 w。交換前と同時間使うと年間49.275 kwhで1231.875円。差し引き2326.875円節約できる。3、4年で元が取れそう。 LEDは割れにくいのもありがたい。

家のLED化はこれで一応おしまい。後はLEDの常夜灯を2つばかり買うかも。


今日紹介した商品(アフィリエイト)
(2017/3/9更新)

主に畑いじりの近況

今日は晴れて風が結構強く、段々寒くなった。本格的な冬が到来。

Blue Bonnet upland rice 20151214

小さい畑でのブルーボネット陸稲の収穫は3日前一応終了。明日辺りもみ摺りするかも。

Farm 20151215

一昨日小さい畑の隅でイノシシに荒らされた跡を発見。こちらのイノシシは小さいようだが、やはり電気柵があって安心。

Bitchuu Daruma cowpea 20151216

家の裏庭そばの廊下に放ってた備中ダルマササゲ(葡萄畑で収穫)を昨日から鞘取り中。莢一つずつ割って種を採るのは面倒なので足で踏んで莢を崩す。

Orchid 20151217

ササゲの種採りを一応今日までに済ませ、空いたスペースに蘭を裏庭から取り込む。今日から3日間冷え込む予報なので。

おかぼの初籾摺りと初精白

今日も晴れて冷えた。未明に1℃くらいになったので所々霜が降りたかも。

Blue Bonnet upland rice 20151218

今月9日小さい畑で収穫したブルーボネット陸稲2.5 kgの異物を除き、もみ摺り、精白。

Rice huller and polisher 20151210

午前中家の近くのコイン精米所へ。場所は長崎県南島原市、島原鉄道旧有家駅の近く、ダイレックス(ディスカウントストア)向い。籾摺りもできる精米所は少ないので場所を記す。画像は今月10日の日記のものを再掲。

Blue Bonnet upland rice 20151218-2

籾を精米機に投入。

Blue Bonnet upland rice 20151218-3

精米機の表示パネル。「もみ」を指定してコインを入れたところ。お代は籾7 kgまで税込100円。

Blue Bonnet upland rice 20151218-4

もみ摺り、精白されたお米。感激よりも精米機の中に米が少し残ったのが気になった。次回最初に出て来る米を除けば良いのだけど、日本ではインディカ米はマイナーなのでやはり次のお客さんにすまない。

Blue Bonnet upland rice 20151218-5

もみ摺り、精白後。粒の破損を抑えるため七部搗きにした。2.5 kgの籾から1.9 kg精白米が取れた。くず米もあるけどジャポニカ米用の精米機が利用できてラッキー。長粒米は細くてデリケートなので米粒が欠けやすい。

Blue Bonnet upland rice 20151218-6

自家産おかぼを早速昼ごはんに。正直おいしい。水加減は内地米の標準同様。新米なのを考慮しても粒が軟かい。フレーバーが抜けないよう洗わないで炊いたけど、例えばポップコーンのような個性的なにおいは無い。粘り気はやはり少ないけど、どこかもちっとした食感があるような。暑い地域の米はふすまが傷みやすいので普通精白米で頂くから、自家産長粒米の新鮮な分搗き米はプライスレス。
撮影後レトルトカレーと頂いたけどもったいない。素材の良さを引き出すような薄味のピラフ、パエリャなどの炊き込みご飯が最高かも。

昼食後インディカ種の(/や)陸稲を日本で作るのには大いに意義があると思った。

ジャガイモでは食感の互いに異なるメークインと男爵のどちらも日本で人気なのを思い出すと、どんな食感にも美味しい品種があると考えるべきだろう。
インディカ米の原産地は主に熱帯。そこではふすまが暑さで傷みやすい。なので基本的に現地の米は精白、それでも変質しがちなのでさらに精白して輸出される。
これに対し日本では米の収穫後寒くなるのでふすまを新鮮に保ちやすい。日本のインディカ米はふすま由来の味わいやフレーバーを楽しめるので、外米と差別化でき、日本の食材に合った高級米ができる可能性が高い。食べた印象では私の収穫した米には日本の薬味、ネギやワケギやミョウガと相性が良さそう。
脱穀が容易(手で穂をしごいてもできる)なのも魅力。台風の季節の後に実るなら、実が穂にしっかり付く必要が無い。

陸稲は水田でも畑で作れるので、斜面でも作れるし、将来農作物の輸入がより自由化された場合は、食料の自給や安全保障に大きく寄与する。この理由で日本人の好む水稲うるち種同様の食感とうまさの陸稲を作出すべきである。しかも陸稲は苗の時は貧弱だけど、一度繁り始めたら雑草にも病虫害にも強いので、栽培が容易。

冬至ですね

今日は大体晴れて暖かく、日暮れが長かった。良い日だった。

Pumpkin 20151221

昨日葡萄畑で割れるまで熟成させた南瓜(たぶん地場物)を収穫。大きい方(どっちだったかな)が2.6 kg、小さい方が2.2 kg。

Pumpkin 20151222

今日冬至においしく頂く。完熟の日本カボチャはねっとり、緻密で甘みが強くて最高。大根(自家産)、厚揚げの煮物を楽しむ。

雨の天長節は脱穀日和

今日は終日雨で段々寒くなった。

Flag 20151223

祝天長節。3年前のこの日から旗日には小さいけど旗を揚げるようにした。

Hulling tools 20151223

脱穀の道具。シートに穂を載せて瓶で叩くのは効率が悪い。代りに禾(のぎ)が付いたり刺さったりしない、天然ゴム製の手袋で穂を揉んで脱穀し始める。

Hulling 20151223

「ぼっち」なので両手で穂を揉んで脱穀する画像が撮れない…

Hulling 20151223-2

独り身なので扇風機で籾殻や禾を飛ばす画像が撮れない…(うちの)犬はカメラが持てないし。

ダイシモチ頂きました

Daishimochi hulless barley 20151223

脱穀の効率が上がったので、小さい畑で採れたダイシモチ(モチ性大麦)を炊いてみました。

Daishimochi hulless barley 20151223-3

玄米ならぬ「玄麦」を炊くところ。最近のIH炊飯器は(精白しない穀物である)玄米も炊けるのでありがたい。

Daishimochi hulless barley 20151223-3

畑で採れたもち麦(ダイシモチ)を初めて炊いた。ぷちぷちしてまるで大きなとんぶりみたい。あごが疲れるけど美味しい。穀物は収穫で終りではなく、脱穀、もみ摺り(殻取り)、(精白、)調理と消費(実際に頂く)まで行って初めて終了。なのでやっと今日うちの畑の二毛作が始まりました。

イチバンボシ初消費

今日は曇で朝一時晴。また暖かくなった。

ichibanbochi 20151224

初夏収穫した裸麦・イチバンボシがやっと効率よく脱穀できるようになったので、

ichibanbochi 20151224-2

午前中玄米のように炊いて初めて頂く。うるち種なので粒がポロポロしてる。粒が大きいし水溶性繊維質が少ないからか、ダイシモチより美味しい。

冷蔵庫に入れてたダイシモチは十分軟らかく、そのままでも食べられた。五分搗きくらいでもいいから精白できれば、炊きやすいし食べやすいのでありがたいのだが。家庭用精米機が利用できないか調査中。

ササニシキゲット

自家用の米を食べ始めたのがきっかけで、内地米についても少し関心が出て来た。そこで…

Sasanishiki rice 20151226
Sasanishiki rice 20151226-2

ネットでササニシキを購入。

内地米を自分で買ったのは94年の米騒動以来かも。粘り気が少なくてインディカ米が好きな私も食べられる。口の中で米粒がほぐれて行くのがたまらない。(自分で作った)煮物とおいしく頂いた。

子供の時初めて頂いた「おいしいお米」はササニシキだった。でも栽培が難しく、農薬を多く使うという否定的なイメージが広まった上、米騒動の前の年の不作ですっかり市場から消えてしまった。昨今の人気のジャポニカ米はほとんどがコシヒカリ系だけど、西日本は元々粘り気の少ない米が食べられてたので、粘る米だと毎日「晴れ」の日みたいで、自分の米の好みを別にしても、やはり抵抗があるのです。

ササニシキと食べておいしい料理を作れるようになって、将来「おもてなし」の幅を広げたい。


今日紹介した商品(アフィリエイト)
(2017/3/9)値段が安くて美味しく頂きました。お店は注文から1ヶ月まで取り置きできるそうです。

>☆28年産ササニシキの故郷【宮城県】 ササニシキ 10kg(5kg×2)

価格:4,280円
(2017/3/9 14:05時点)
感想(199件)

冬の花と

Kanzakiayame iris 20151226

小さい畑で寒咲きアヤメが開花。ネットオークションで落札した株か、ジュメさんから頂いた株か分からない…

Saku 20151226

今日の朔。いつも一緒に居てくれてありがとう。

ペット用の櫛で稲の脱穀

Comb for pets 20151224

アマゾンに注文してたペット用の櫛がクリスマスイブに届いた。

Comb for pets 20151224-2
Nourin 24 upland rice 20151224

早速使ってみた。一昨年収穫したけど、脱穀がうまくできず藁ごと放ってた陸稲(農林24号)の籾がうまく取れる。携帯千歯こき。畑でも使うかも。

歯の密に付いている方が稲の脱穀に使える。脱穀機や千歯こきが手に入らなくても、この櫛さえあれば稲の籾採りが簡単にできる。しいなは歯の間をすり抜けるので、実の詰まった籾だけ取れて便利。全ステンレス製なので丈夫で手入れも簡単。もちろん脱穀機よりもずっと安いし音も静かで携帯できるので、どこでも脱穀できて便利。平米単位で稲を栽培している方に特にお勧め。脱穀を終えたら本来の目的でうちの犬で試してみる。

在庫があるうちに2本追加購入。でもこの形のペット用の櫛は色んなブランドがあるみたい。


今日紹介した商品(アフィリエイト)
(2017/3/9)少し錆びるけど陸稲の脱穀で活躍しました。

麦まきの準備

今日は晴れて冷えた。昼裏庭の蘭を家に取り込んでから畑へ。以下は小さい畑の画像。

Benibanaborogiku 20151218

10日前のプチ寒波でベニバナボロギクは枯れる。画像は18日撮影。

Musa yunnanensis 20151218

雲南バナナも同時に葉が枯れる。画像は18日撮影。

Soybean 20151227

ポップコーンの列の間に蒔いた大豆(クロダマルとキヨミドリ)はほとんど実らず。来年からは陸稲の単作を予定。画像は昨日撮影。

Farm 20151228

今日は高黍と南風(はいぶし)インゲンの種を収穫してからベニバナボロギクとともに造林鎌で根元から刈り、枯れたヒマワリ、大豆やポップコーンを抜き、麦蒔きに備える。もっと早く蒔くべきだけど。

続・麦まきの準備

今日も晴れて冷えた。午前中は家で麦の脱穀等する。日に2 kg以上脱穀できるようになって、物置にしてる部屋がちょっと空いて来た。午後小さい畑へ。

Farm 20151229

収穫の終ったブルーボネット陸稲を造林鎌で根元から刈る。

Farm 20151229-2

陸稲を刈って作物や雑草の残渣を竹熊手で除いたところ。草刈り前にもう地面が見えてる。不耕起栽培を続けると雑草が減るのを改めて実感。

Farm 20151229-3

特に陸稲周りは雑草がほとんど生えず。ブルーボネットは背丈1.5 m以上に繁ったからか。茎葉と同量の根が張ったはずなので、地面も根でかなり耕されたはず。
ともあれ精米と藁の片付けを済ませて、陸稲の栽培を完了できたので気持ちいい。

Saku 20151229

犬の朔は上手に日向ぼっこしたみたい。

麦蒔き開始とか

今日も晴れて冷えた。島原は都会から帰省した家族たちで賑やか。巷は年末だけど、畑に休みはないし、私にはまだ11月。

Farm 20151230

小さい畑で麦蒔き開始(場所は地面の黒っぽい筋4本)。蒔いたのは弥富モチ。三角ホーとかで土削りせず、初めてナイロンコードで無草化。画像の菜っ葉は小松菜やカツオ菜や大根、みんなこぼれ種から生えた。

Farm 20151230-2

他には種を蒔いて育ててる三太郎大根やホーム玉葱とか。画像右角はジャカランダ・クスピディフォリア。

Breakfast 20151230

今日の朝食。大豆肉以外の食材であるダイシモチ麦、南瓜、大根、カツオ菜は私の畑から採れたもの。

Breakfast 20151230-2

ササニシキでおかわり。近海物の野菜昆布も頂く。
白醤油(日東醸造・しろたまり)を使ってみたら照りが出たような。白醤油は金山寺味噌や島原の納豆味噌から昆布や生姜を抜いたものの上澄みのような風味。

今日紹介した商品(アフィリエイト)

プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター