蘭2株

Den. bigibbum var. compactum album 20121101

デンドロビウム・ビギバム・コンパクタム・アルバムが3日前から1輪開花。 NS 3.5センチでちゃんと展開したら4センチくらいになる。 エスメポールトンに戻し交配して寒さに強いデンファレ作りたいな。

Lc. Mini Blue Star 20121101

先月16日届いたLc.ミニブルースター (個体名無し、既開花株だけど花未確認)が蕾を膨らませてる。 ネットオークション出品時は花芽無しだったのに、 配送時花芽が。 蕾の長さは今5センチで背丈は約20センチ。 今朝の予報では昼風が強いそうなので、 室内の日の当る廊下に移動させた。 どんな花が咲くか楽しみ。

畑でやることはいっぱいあるのに

明け方の廊下の気温が10℃を割った(9.5℃)ので、 もう気分は冬。 それでも日中は暖かく穏やかで、 野良仕事の代りに何かしたくなる。 午前中用事を作ったり、 午後昼寝し過ぎたり等で畑へ行ったのは午後3時過ぎ。 やるべきことはいっぱいあるのに。 でも体調がどこか思わしくなかったので無理はしない。 ただ明後日と明々後日雨の予報なので、 上手に天気を利用して農作業しなければ。

Komatsuna spinach 20121102

小さい畑の小松菜に本葉が。 種蒔き前に(グリホサート系)除草剤を上手に使って除草したけど、 スギナ等がちらほら。 将来雑草対策に悩まされないように。

Shikakumame 20121102

四角豆1本が中指くらいの長さにまで成長。

Ebisugusa 20121102

2つの畑でエビスグサの鞘(種)を収穫する時間が無視できなくなってきた。 煎ってお茶にはせず、 大事な緑肥として来年夏また蒔きます。

風邪に用心

文化の日(明治節)は晴れる日が多いね。

今日は朝少し悪寒がして微熱ぽかった(体温計買っておくべきか)ので、 昼過ぎまで家で過ごす。 昨日ネット回線の解約のため行って来た携帯電話の店でもマスク姿のスタッフを見たので、 風邪が流行り始めてるのかも。 朝昼自家製大根の葉のべ2株を平らげて体調回復。

大小の畑でエビスグサの実を採集。 小さい畑では寒さのためオクラがそろそろ終り、 かつお菜が一部発芽。 大きい畑では野生葡萄の柵の拡張の準備。 杭やFRP棒に碍子やクリップを取り付ける。 将来電線の下になる箇所の枯れた雑草を三角鍬で除こうとしたけど、 根まで枯れて土が脆くなってるので中断、 雨の後除いて白クローバーの種を蒔くことにした。

大きい畑をゆっくり見渡せば、 去年はびこってたセイタカアワダチソウはほとんど全滅。 一応整然と地面に刺さっているダンポールのちょっと派手なシアン色をぼんやり見てると、 来年はうまく行く予感がしてきた。 雑草対策がうまく行けば電気柵もメンテしやすくなって、 薮も減って獣害対策も進む。 肥料が雑草に取られないで作物が育つ。 来年は新しい野生葡萄の種も蒔ける… 私の畑がやっとおとなしくなってきた。

Daikon 'Santarou' 20121103

小さい畑であまり育ってない大根を抜く。 貴重な菜っ葉。

Crotalaria 20121103

大きい畑で今年一番まともに育ったのはこのクロタラリアかな。 穴を掘らなくても種が蒔け、 雑草にも強く、 土地もそんなに選ばないので、 畑の1年目で夏蒔く緑肥の一番のお勧めかも。

除草剤と電気柵

今日は午後から雨の予報だったので、 午前中大きい畑へ。 葡萄区画(電気柵の中)の雑草の繁ってる箇所にザクサ200倍釈を撒いてくる。 2時間後に雨が降り始める。 この除草剤は散布後1時間降雨が無ければ効果は薄れないそうだが、 実際はどうか楽しみ。

ビジュノワール等の葡萄を囲ってる電気柵の電池が今日突然寿命になったので交換。 やはり畑は毎日見回るべき。 今利用しているアルカリ乾電池は長期的には維持費がかかるので、 別の電源を検討している。 車用のバッテリーは充電器も含めて結構高価だし、 取扱いや廃棄が大変そう。 電灯線は最も維持が楽だけど、 暫く電気柵を何度か張り直しそうだし、 電源部を野外に置く予定なので、 電源コードの扱いが面倒かも。 太陽電池は高価だし、何年持つか、 別の電気製品にも使えるか不明 (ある電気柵専用なら使いにくい)。 そこでもう1つのオプションを選択、 今日製品が届く。 そのうち紹介します。

C. bowringiana fma. coerulea 'Blue Sky' 20121104

カトレア・ボーリンギアナ・セルレア「ブルースカイ」の花が終ったのだが、 薄いピンクになってしまった(画像では藤色に写ってるけど)。 最初の個体名無しのセルレアの花が届いた時からピンクぽかったけど、 花が古かったからかも。 来年の開花が楽しみ。

土用だった

今日は朝まで雨の後穏やかに回復。 暖かくて過ごしやすかった。

FRP elastic poles 20121105

午前中最寄りのホームセンターで受け取り予定だったダンポール3メートル100本を回収。 支柱にも柵にも使える優れもの。 紐で「鳥居」に結びつけるときはただ紐を巻き付けるのではなく、 8の字結びを半端にやったようなひねりを加えるとしっかり物を固定できる。

Electric fence 20121105

昨日書いた電気柵の電源オプションはこれ。 無事動作を確認。 動作確認中電極にうっかり触れる。 ゴム長靴履いててもちょっと感電した。 暫くアルカリ乾電池と併用して様子を見る。

Electric fence 201211052

もうすぐ張る予定の電気柵の電線下を三角鍬で掻いて地面を出して、 白クローバーの種を蒔く。 ちゃんと生えて雑草コントロールができればいいな。

冷えてきてますね

今日は晴れたけど雲が多くて朝一時小雨でちょっと肌寒かった。 夕方大きい畑で野生葡萄の電気柵の電線を張り直そうとしたら、 一度リールに巻き取ったワイヤが絡まってトラブルに。 日が暮れる前に一応40センチ高さのみ張り終えて通電。 最近獣の入った形跡が無いし、 今日張り損ねた20センチ高さのワイヤが止める瓜坊もいない時期と思うけど、 やはり畑が気になるので明日は早く野良仕事するだろう。

V. coerulea 'Heavenly Blue' 20121106

交配するかもしれないので花粉塊を採集したバンダ・セルレア「ヘブンリーブルー」2輪が、 昨日の晩突然脱色してびっくり。

Wild strawberry 20121106

種からたくさん芽生えて植え替えが面倒で放置してたワイルドストロベリーが開花。 畑や庭の苺は雑草に埋もれたり病気で腐れたり等々でほとんどが消息不明。 唯一庭でランナーを出して生き残ってるのはシロバナノヘビイチゴ。

Herbicide Zaxa 20121106

今月1日に小さい畑に散布したザクサ除草剤(200倍釈)が効いてきた(画像右側)。

野苺は残った

今日は午前中曇。 衛星画像では薄雲がかかってるし、 天気図を見ると九州の西に高気圧が来てるので、 天気は回復すると分かったのだけど、 やはり午後天気が回復するまで出かける気になれず。 今日立冬だからかも。

午後2時大きい畑へ。 作物はやはり無事で安心。 野生葡萄の柵の電線を2段にして張り終えて安心。

昨日廊下に放置してあるワイルドストロベリー(Fragaria vesca)を撮影してから、 大きい畑に植えた苺を探してみた。 笹などの厄介な雑草がはびこったため、 除草剤を撒いてしまったので全滅と思ったら…

Wild strawberry 20121107

ワイルドストロベリーが生きてた(名札で確認)! ランナー由来のもう1株も発見。

Fragaria moupinensis 20121107

たぶんF. moupinensis (貴州省産)も2株は生存。

Fragaria nipponica 20121107

シロバナノヘビイチゴ(F. nipponica)まで生存!

どうも雑草の蔭になって除草剤を被らなかったらしい。 それにしても野苺はたくましい。 とりわけシロバナノヘビイチゴは寒地原産なのに島原でも立派に夏を越したので驚いた。 一方残念ながら栽培種(F. x ananassa)は見つからず。

野苺も再びちゃんと育てようと決意。 将来交配もできたらいいな。

何となく一区切り

今日は散髪や買物等に時間を費やす。 農作業は大きい畑の見回りと、 生き残ってた野苺に薄い肥料と活性剤の葉面散布をして来た (雨の降る前日改めて薄い肥料を株元に撒く予定)くらい。

Pot. Gordon Siu 'Red Radiance' 20121108

庭で蘭を寒さに慣らしてるうち、 数株が赤くなってきた。 一番赤いこの株はポティナラ・ゴードンシュー「レッドラディアンス」。

Slc. Dixie Jewels 'Suzuki' 20121108

ネットオークションで幸運にも落札できたSlc.ディクシージュエルズ「スズキ」が午前中無事届く。 真っ赤なカトレアはこれ1株で十分なくらいずっと欲しかった。 これが手に入れた今年最後の蘭になりました。 寒さに慣れず枯らすおそれが高いので、 少なくとも春までは新しい蘭はもうゲットできないし、 これからは手持ちの蘭をしっかり育てて次々咲かせます。

Lc.ミニブルースター開花

Lc. Mini Blue Star 20121109

先月中旬ネットオークションで落札したLc.ミニブルースターが今日開花。 NS 10 cmでペタルとセパルがほんのり青紫を帯びてる。 リップの白い縁取りがたまらない。

オークションのウェブページでは花芽無しだったが、 出品中花芽が付いたらしい。

ラビアタ系ブルーカトレアを用いた類似の交配種がいくつかあるのだけど、 この種類に独特の優美さがあってずっと欲しいと思ってた。 でも昨今はネットショップでもほとんど売られていない。 先月ネットオークションに2株出品され、 幸運にもどちらも落札。 もう1株は花びらに青紫の筋が入るそうで、 バック吹きで新芽と新根が元気良く出てる。 両株とも無事冬越ししてほしい。

今日の小さい畑

Komatsuna spinach 20121109

小松菜は順調に生育中。 筋蒔き下手くそ。

Shirobana Saitou 20121109

種2袋蒔いて3株しか発芽しなかったし、 夏に花を付けなかったので収穫を諦めた蔓無し白インゲンに実が付いてた! 霜が降りる前に収穫できれば良いのだが。

Maize (Koshu) 20121109

甲州とうもろこしの残骸が支柱に使えないか調べたけど、 根まで枯れて脆くなってたので三角鍬で根元からぶった切って除いて整地。 後には豌豆を蒔く予定。

雨がなかなか降らなかった

昨日の予報では今日は曇で明日雨だったのに、 今朝の予報では午前中から雨…のはずが、 結局夕方から小雨に。

Lc. Mini Blue Star 20121110

昨日開いたLc.ミニブルースターがさらに展開し、 今日夕方のNSは12.5 cmに。 これは午後2時の画像でNS 12 cm、 撮影後上のセパルが張ってきてさらに美しくなっている。

Onion Momiji 3 20121110

午後2時過ぎ家に近い小さい畑で玉葱苗50本以上を植え付ける。 しおれかけたように見えたので撮影しなかったが、 苗は20センチ強の長さでスーパーで見られる葱やニラのようにプラスチックのテープで束ねられて根が剥き出しのままホームセンターで売られていた。 品種はもみじ3号、 収穫は遅いけど固くて保存しやすい立派な玉ができるそうだ。 この後苦土石灰を薄く振りかけて土壌を中和。 地面の温度を上げるため後で炭でも撒きたい。

Tea Benifuuki 20121110

石灰を振って小松菜の周りの雑草の双葉を三角鍬で掻き終えたところで丁度小雨が降り始めたので帰宅したら、 茶の木の苗が届く。 品種は紅富貴。 植え付ける場所は決めていて、 それはちょっと恥ずかしい所。 後日紹介します。

今日のカトレア

Lc. Mini Blue Star 20121111

午後1時半頃のLc.ミニブルースター。 NSが13.5 cmまで伸びた。 花の大きさが開花当初(NS 10 cm)の約1.8倍まで増加。 背丈20 cmくらいなのですごい大輪。 背景が汚いけど、 肉眼で見た感じに一番近かったので画像を掲載。

Lc. Mini Blue Star 20121111-2

今朝横から見たところ。 花が横にきれいに展開してるのが分かる。

C. luteola 20121111

カトレア・ルテオラも咲き始めた。

昼過ぎても雨がなかなか止みません。

エビヅル採種

Vitis ficifolia var. lobata from Shimabara 20121111

先月25日島原のある城跡そばで採って来た実から種を採った。 490粒採れて、 発芽率22.7% (7月8日の日記を参照)とすると実生苗111株前後出来そう。 ちなみに種の長さは約4 mm。

Vitis ficifolia var. lobata from Tottori 20121111

hiroroさんから頂いたエビヅルの実は賞味後毎日水を取り替えながら10日間ほど揉んでた。 果肉がほとんど落ちて種と皮ばかりになったので、 今日水洗いして一度陰干し。 乾いたら風で皮を飛ばして残った種をもう一度水洗いして陰干し後保存する予定。 実は島原で採集した種とこちらの種は形がちょっと違うのだが、 それについては後日改めて紹介する予定。

野苺と茶の木

Chrysanthemum 20121112

家の小さい庭に引越し前から生えてた菊が今日開花。

Fragaria iinumae 20121112

ネットオークションで落札したノウゴウイチゴ5株が届く。 これも日本原産の野苺。 これとワイルドストロベリーとシロバナノヘビイチゴを栽培、交配して醸造用の苺ができないかな…とまた考え始めた。 ちなみにこれらは全て2倍体。 「貴州苺(Fragaria moupinensis、日本名は無し?)」は4倍体で交配しにくいので残念。

Tea, wild and Benifuuki 20121112

大きい畑に茶の木3株を植える。 右2株は一昨日届いた紅富貴。 左は物置の裏の林の中に生えてた野生化種。 見かけが全く違うけど、 「六甲山系電子植生図鑑 (国交省近畿地方整備局ウェブサイト下)」によると、 やはり茶の木。

茶の木はエビヅル苗とサンカクヅル苗の間に植えた。 畑の東側からエビヅルを、 西側からサンカクヅルを植えていったら、 出会った2列が平行ではなく、ハの字になってしまった (広い方の幅が4メートル、狭い方の幅が2メートル)… ハの字の真ん中の恥ずかしいスペースに茶の木を植栽。 葡萄の木が茂ったら防風林になって茶の木もよく育つだろう。

終日家

今日は晴れ間が差したかと思ったら断続的に雨が降ったので畑へ行かず、 終日家に籠る。

Amado window covers 20121113

9月か10月風雨でブリキが剥がれ落ちた雨戸の修理をしようとしたら、 ラワン材の枠--うちは築50年なので木製で杉板張りのまである--が傷んだり朽ちたりで木ねじや戸車が固定できない箇所が結構あるのが判明。 杉板も朽ちながら反ったりしていて寿命、 トタンかベニヤを張り直す必要があったりして、 修理(自作かも)は長期戦になりそう。

V. coerulea 20121113

バンダ・セルレアの花茎からやっと蕾1つが分化。

今日はゆっくり色々

昨夜から家の床が冷えて靴下が欲しくなった。 もう冬と実感。

今日は晴れて何をしようか分からなくなりそうだったので、 とりあえず家から3キロ離れた小さい畑へ。

Komatsuna spinach 20121114

小松菜の成長が著しい。 もうすぐ間引きしなきゃ。 でも大根も間引き中なので、 連日アブラナ科野菜で食傷気味。

Clover 20121114

軽トラックの通り道と停めるスペースに種を蒔いてた白クローバーがわらわらと発芽中。 冬の間に上手に育って雑草を抑制してくれればいいな。

一度帰宅して、 最寄りのホームセンターまでドライブ。 今日は雨戸の補修や自作の材料探し。 木材ではSPF材やホワイトウッドが安くて使いやすそう。 大きなラティスが意外と安いので、 これに戸車を付けて雨戸代りにできないかとか、 波状のカラートタンやポリカーボネート板を木材の枠にネジで固定して --釘よりもしっかり固定できるので--安いけどしっかりガラス窓を守れる雨戸にできないか等と馬鹿なことを考えてたら、 2時間経ってしまった。

帰りに食料等の買物をして、 夕方近くなってやっと大きい畑へ。 電気柵と葡萄の見回りのみ。 土が所々盛り上がってる。 イノシシが去ってモグラが来たか。

Sorghum 20121114

三尺ソルゴーが所々実ってるので収穫。 所々鳥についばまれてる。

まとまった作業をする予定も時間も無かったので、 帰り道野生葡萄を探すことにした。 暗くなり始めた空の下、 家から2キロ弱離れた田んぼのそばで木に絡まったガネブを発見。 ジャンプして蔓を掴んで実を1粒つまんだら甘かったので、 2つしか無かった小さい房を夢中で採集。 熟した粒は1ダースほどで、 そのうち5粒の糖度を測ったら平均20.5度、 ワインが作れるほどの甘さだった。 これだけで今日の残りがハッピーに。 私はやはり野生葡萄を育てるべきなのだ。 種がいくつ取れるかな…

続・エビヅル採種

Vitis ficifolia var. lobata from Tottori 20121115

hiroroさんから頂いて賞味したエビヅルを10日間毎日水洗して果肉を落とした後陰干しして、 すっかり乾いたので皮を除くことに。

Vitis ficifolia var. lobata from Tottori 20121115-2

薄いビニール袋に入れて両手で拝むように優しく何度も擦り合わせて種と皮を分離。

Vitis ficifolia var. lobata from Tottori 20121115-3

スーパーの生鮮食品のトレイに中身を移し、 大きなビニール袋にすっぽり入れて優しく息を吹くと種が9割5分ほど残った。 残ったカスはピンセットで除く。

Vitis ficifolia var. lobata from Tottori 20121115-4

大きいビニール袋に溜まったカス。 ほとんどが皮と未熟の種。 また小さいビニール袋に戻して二、三度同様の作業を繰り返したけど、 熟した実は10個前後だったかな。

Vitis ficifolia var. lobata from Tottori 20121115-5

分離した種。 この後念のため軽く水洗いして大きな茶漉しで水を切り、 紙タオルを載せたトレイに移して陰干し。

全体の作業は半時間ほどだったが、 慣れたら10分以下でできそう。

書籍やウェブページでは果肉を除いて採種と1行ほどで書いてるけど、 数百以上の単位だと要領良くやらないと大変。

実家はまた蘭だらけ

母から次々添付画像付きのメールが届く。

Lc. Mini Purple fma. coerulea 'Hitomi' 20121116

今年7月と10月咲いたLc.ミニパープル・セルレア「ヒトミ」がまた開花。 実家と相性がとても良いみたい。

Pot. Sweet Sugar 'Happy Field' 20121116

ポティナラ・スウィートシュガー「ハッピーフィールド」。 寒さに強くて育てやすいけど、 年1度しか咲かないのが残念。 ちなみにネットオークションで1円で落札した株。

Blc. 'Nana' 20121116

Blc.「ナナ」もまた開花。

Pot. Memorial Gold 'Sato' 20121116

ポティナラ・メモリアルゴールド「サトー」も開花。 実家には他に「キャナリー」と「リトルジャイアント」があって、 母がラベルに個体名が書かれてないと言ったけど、 NS 11 cmになるのはサトーだけ。

Slc. Rimfire 20121116

Slc.リムファイヤーも開花。 個体名は無いけど「ワルダー」に似てる。

今日は他にも話題があるけど、 衆院解散等もあって興奮して慌しくしてるので、 この辺で。

昨日夜から昼過ぎまで雨

昨日夜から今日の昼過ぎまで雨、 夕方用事があったので、 今日は畑にちょっと寄っただけ。

Pink rosemary 20121117

庭のピンクローズマリーに花が。 隣のクロタラリアに隠れて株がいつの間にか成長してた。 クロタラリアいつ枯れるのだろう? 早くチューリップの球根でも植えたいな。

三角ホーとガネブ探し

今日は良く晴れて風も穏やかで気持ち良い一日だった。

Triangle hoe 20121118

昨日届いた片手三角ホー。

Triangle hoe 20121118-2

早速畑の除草。 金象印(浅香工業)の土工農具は丈夫で使いやすいのでお勧め。 私は他に長い柄の三角ホーと円匙(えんぴ)も愛用している。

Omonashi Bridge 20121118

野良仕事を早めに切り上げて、3つ隣の町へドライブ。 これは日本で唯一になってしまった、 (切り出し石ではない)自然石でできたアーチ式の石橋。 幕末建造で崩れないのはすごい。 上は普通に車が通れる。

Vitis ficifolia var. sinuata 20121118

石橋の近くでキクバエビヅルの実を採集。 まだまだ完熟しないので今月末にでもまた来る予定。 これはキクバエビヅルの葉で、 付け根の葉脈が露出してて(欧州葡萄の)カベルネ・ソーヴィニヨン(ボルドー原産の有名な赤ワイン用品種)にそっくり。

Ampelopsis 20121118

キクバエビヅルの近くにノブドウが。 何故かエビヅルやサンカクヅルのそばに生えるノブドウは葉を似せるので、 葡萄を採集する身にはいやらしい。

種採り

今日は両親来宅。 朝小さい畑で抜いて来た大根を土産に持たせました。 私は連日自家製大根頂いて食傷気味。

Vitis ficifolia var. lobata and sinuata 20121119

左は南島原産キクバエビヅルの種。 右はhiroroさんから頂いた鳥取産エビヅルの種。 右が小さくてほっそりしてる。 画像では良く分からないけど、 左の種は緑がかってる(つまり完熟ではないかも)ものが結構多い。 鳥取産エビヅルの種を数えたら1114粒もあったので、 発芽率23%として250株くらい実生苗が得られそう。 hiroroさんありがとうございます。

Ebisugusa 20121119

午後気が向いて、 エビスグサの種取り。 大きいビニール袋に乾いた鞘を入れて両手で掴んでねじって種を取る。 黙っててもそのうち鞘が弾けそうだけど。 種1キロは取れそう。 来年も緑肥として上手に蒔いて繁らせます。

日だまりのあるうちに

外は晴れるけど肌寒く、 昼間の廊下が心地好い日だまりになってるので、 家に籠りがち。 でも作物は待ってくれないので、 夕方近くになって小さい畑でエビスグサの収穫。 その後繁ってる大根の周りの除草にはまって1時間畑にいた。

Crotalaria 20121120

3日前から家の小さい庭のクロタラリア根元の土が何箇所も盛り上がってる。 根が耕してるのか? モグラが掘ったようには見えないし。

Komatsuna and katsuona spinach 20121120

小さい畑の小松菜(画像左)の成長が半端で無い。 明日辺り間引きしようかな。 画像右のかつお菜も成長が加速して来た。

電池切れ

午後大きい畑へ行ったら電気柵の電源ユニットが2個とも電池切れ。 今月いっぱい持ちそうだったのに。 急いで100円ショップで単1電池6個を買って、 家にあった予備の単1電池6個も持って畑に戻って交換、 2個とも無事動作。 機械の故障でなくて良かった。 昨日切れたのか?今日切れたのか? 今の時期急いでやる作業は無いけど、 やはり畑は毎日見回るべきだった。

それにしても両方の電気柵が突然電池切れになった理由が見当付かない。 電気柵には異状は無く、 雑草や枯れ枝は電線に付いたり絡まったりしてないし、 獣が何度も侵入を試みた跡も無い。 色々あらぬことを考えてしまう。 畑隣の林が枝打ちされていたけど、 まさか作業員が漏電のいたずらをするはずもないし、 漏電を引き起こすような特殊な機器を使うはずもないし、 昨日今日異常気象も無かったし… 偶然2個とも電力が尽きたのかな。 昨日片方、今日もう片方が電池寿命だったのかもしれないが。 不安なので明日早めに畑を見回るか。

Komatsuna spinach 20121121

小さい畑で小松菜が混み始めたので初間引き。 大根葉も繁ってるし、 当分菜っ葉は食べ放題。 ワケギも昨日初収穫、 今日刻んでおいしく頂く。

今夜は暖かい

今日の予報では夜雨だったのに、 実際の天気は晴。

大きい畑の電気柵は正常動作中で安心した。 今日は大小どちらの畑でも片手三角ホーで菜っ葉周りの除草をする。 作物の周りに大小問わず雑草が少なくて、 ちゃんと肥料をやる(うちは不耕起なので施肥するなら雨の日の前日) とうまく育つようだ。 緑肥や作物が雑草と一緒に育つと除草が困難なので、 緑肥や作物の種蒔きをどうしようか思案中。 今のところ半径数10センチほどきれいに除草して真ん中に作物を播種 (または数10センチ幅で除草して筋蒔き)、 作物の周りを確実に除草しながら繁茂させる方法が最良かもと考えてる。

C. luteola 20121122

カトレア・ルテオラが2輪開花中。 NSは左の花が4.5 cmで右が4 cm。 枯れそうだったので実家から持って来たのだが、 意外と丈夫そう。

ルテオラは昔から好きな蘭の1つ。 30年ほど前九州のある蘭園でそんなに高くない値段(4000円以下だったかな)で開花株が売られていたのだが、 当時は(今も?)高温を好むと園芸雑誌で紹介されていたので購入を諦めたことがある。 株も花も小さくて決して派手ではないのに、 両親にも目立つ何か魅力がある。 リップの形や色に少し個体差があるので、 ちゃんと育てられる見込みが付いたら来年暖かくなってからもう1、2株欲しいな。

大根干し

大根が予想外の収穫なので、 保存を検討し始めた。

まずはすぐに食べきれない葉から。 冷凍保存だとフリーザーが一杯になるだろうから、 干そうと考えた。 ネットで干し大根葉について調べたら、 干す前に軽く茹でるという。 何故?と思ったら茹でないと水気がなかなか抜けないから。 でも、茹でる湯をいちいち沸かすのはガスがもったいない。 水気が抜けるようにすればいいのか。 それなら…

Daikon 'Santarou' 20121123-3

冷凍庫で凍らせて細胞や組織を壊す手があるな。

Daikon 'Santarou' 20121123

家の前に紐でぶら下げる。 融けて水気が滴るので部屋では干したくない。 ちなみに1枚目の画像とは別の株。

Daikon 'Santarou' 20121123-2

寄って見ると、 そのまま干してないことが分かる。

大根から水気を抜きやすくするには、 他にも物理的に叩いたり塩もみしたりする手が考えられるけど、 次は電子レンジで軽く調理して干してみようかなと思ってる。

冬越し準備

今日は小さい畑で間引いたばかりの小松菜(後述)をお隣にプレゼント、 ジャガイモ、里芋と掘り立ての生姜を頂く。 生姜はネットで情報を漁りながら甘酢漬けに。

Daikon 'Santarou' 20121124

冷凍してから昨日干した大根はどんどん萎びていく。 真空にはしないけど文字通りフリーズドライ中。

Komatsuna spinach 20121124

小松菜は成長が早い。 もうすぐ間引き菜食べ放題かも。

Komatsuna and katsuona spinach 20121124

画像左手前のかつお菜も成長が勢い付いてきたみたい。 正月の雑煮の具にもなったらいいな。

今日も無事に済んだ

午後大きい畑の法面のススキに除草剤(ザクサ)を散布。 夜雨になったけど、効くはず。 冷え込まなくなったのでかえってありがたい。

V. coerulea 20121125

バンダ・セルレアの2花茎から3個目の蕾が分離。

Fragaria nipponica 20121125

見辛い画像だけど、 シロバナノヘビイチゴのポットにいつの間にか菊が生えてる。 植え替えなきゃ。

畑いじりはほとんどお休み

雨が降ると分かってたら昨日畑に肥料や石灰も撒いたのに。

Strawberries 20121126

近所の犬を連日散歩させて(昼間吠えずに静かにさせるため)たら、 御主人(苺農家)から大粒の苺を頂いてしまいました。 いつの間に促成栽培を!?

Slc. Dancing Daffodil 'Shitoro' 20121126

実家でSlc.ダンシング・ダッフォディル「シトロ」が開花。 花は小さいけど絶妙なタイミング(花の少ない時期、中大輪の花が咲き乱れて可憐な花も見たくなった時等)で咲くのでありがたい品種。

日だまりの誘惑

今日は気持ち良く晴れて視界も利いたけど、 寒くて風も少しある。 こんな日は廊下やその隣の部屋に籠りがち。

Vitis ficifolia var. lobata from Tsugaru 20121127

ネットオークションで手に入れた津軽産エビヅルの種241粒を保存。 実の大きさが最大13 mmにもなる貴重な株の種。 先が尖ってイチジクの実のような形で、 まるで栽培品種の葡萄の種みたい。

Toramame pole beans 20121127

気が向いて収穫してた虎豆の鞘を剥く。

Toramame pole beans 20121127-2

比較的きれいな種が123個採れた。 確か35粒前後蒔いたので不作ながら4倍近くに増えたことに。 食べようか、 それとも来年蒔こうか。 他に傷んではいるもののもしかしたら発芽しそうな種59粒も採取。

インゲンは肥料が要ると聞いたが、 実際に育てた経験からはそれほどとは思わない。 暑い夏に実るのを避けるように種を蒔く時期を間違いなく選べば結構収穫できるのではないかと思う。 来年も育てよう。

おまけの画像2つ。

Gon the dog 20121127

連日散歩させてる近所の犬ゴンちゃん(雑種♂1歳)。 撮影後アメリカセンダングサの種は除いてやる。

Curry and rice 20121127

昼御飯のカレーライス。 米は普通のタイ米。 何ヶ月も経って炊いても固くなったので、 冷御飯を炒飯にして楽しんでる。 塩昆布を使ってシンプルに調理するのがお気に入り。

明日雨ってほんとかな

今日は午前中晴れて、 廊下と隣の部屋の日だまりにトラップ。 午後曇になってようやく活動開始。

Amado window covers 20121128

戸袋に残ってた歪んだ(画像左上に注目)古い雨戸を金槌で叩いたりして全部取り出す。 こうしないと修理した雨戸を収納できない。 いつ自作するのか…

Komatsuna and katsuona spinach 20121128

明日雨の予報なので、 大小の畑に消石灰を撒いて来る。

有機石灰と違って消石灰や苦土石灰は種蒔きや植え付けの1〜2週間前に鋤き込んでおくんじゃと思う方もおられるだろうが、 少なくとも不耕起栽培では大丈夫(トマトが実るときに消石灰をやるらしい)。 苦土石灰は成分が卵の殻と胃薬と同じなので、 作物に掛けても無害と思うのだが…

今回消石灰を選んだのは、土壌の酸性を早く和らげたかったから。 画像の畑には酸性土を好むスギナがまだ生えて、 玉葱がいまいち元気無かったので。

プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター