いろいろ

大きい畑では電気柵2組が正常動作。 今日は柵の内外ともにイノシシが畑を掘った跡が認められず。 緑肥の種蒔きの準備で初めて(グリホサート系)除草剤を使用。 計算違いで原液の量を予定の半分しか持参せず、 余った時間で久しぶりに畑周りの笹を太枝切鋏で刈って気持ち良い。

今朝は家にケーブルを引いて、 インターネットを利用開始。 ケーブルテレビは使わないし、 そもそもうちにはテレビなど無い。 携帯電話の回線(今月契約が満期で来月無料解約予定)と違って、 インターネットラジオで地元のFM局(何と今日開局30周年)が受信できて嬉しい。 通信速度も安定。 一番安いプラン(月1890円)を選んだのだが、 512 bpsでもラジオは普通に聞けるし、 3分くらいの動画なら数分待って見られるので私には問題無い。

今日は晴れて涼しかったしで良い日だった。

C. bowringiana fma. coerulea 20121001

初めてのカトレア・ボーリンギアナが届く(ネットオークションで落札)。 セルレアなのだが、 結構ピンクっぽい。 NS 5 cm弱。

lee curry level 20 and basmati rice 20121001

ネットでカツカレーが流行ってるし、 冷凍冷蔵庫の残り物の処分も兼ねて、 久しぶりにカレーを作っておいしく頂く。 近所の頂き物の茄子と苦瓜と玉葱を具に、 鶏ささ身の茹で汁をだしに利用。 ルーはグリコ・リー辛さ20倍、 米はバスマティ、 ぱらりと炊けて嬉しい。

ひねもす除草剤散布

今日は大きい畑に除草剤を撒く。 稀釈用の水を入れるタンクのべ6個150 kg弱を運んで疲れた。 葡萄苗を植栽予定の区画とクロタラリアの区画に除草剤を散布。 あと元とうもろこしの区画に撒けば一区切り。

modem 20121002

最近は日が落ちるのが早いので撮影し損なうことが多い。 これは昨日設置したケーブルインターネットのモデム。 シャッター速度1/2秒でこれだけクリアな画像が撮れるニコンのコンデジ(Coolpix L23ワインカラー)はすごい。

最強の「獣害」

今日は穏やかに書けません…

午前中まず大きい畑へ行き、 とうもろこしのあった区画にグリホサート系除草剤を散布。 1〜2週間後雑草が枯れて薬剤が分解してからヘアリーベッチ(緑肥)の種を蒔く予定。

オクラを摘むため小さい畑に寄ったとき事件は発覚。 何と貸主の父君が畑の隅に除草剤を噴霧してた。 軽トラックから飛び出し「何なさってるんですか!」と怒鳴って止める。 一昨日雨上がりなのに畑の隅で育ててるバジル、空芯菜や虎豆に元気が無いと不思議に思ってたら、 そこにも除草剤を撒いたと判明。 私そこの空芯菜を一昨日摘んで昨日と今朝食べた…道理で体調がいまいち(今朝腹を下す)? さらに畑の周りに半年効く別の除草剤を撒かれてた。 畑の隣に非農業用の除草剤を撒くのは危ないし、 もうそこの雑草を根元から刈って畑にマルチとして敷けないし、 大体事前の連絡も無く勝手に除草剤を撒くのが間違ってる。 もし私が除草剤を使わない農法をやってたら、 理性が効いたかは不明です… 私のやってるのは不耕起草生栽培で、 他人が見れば雑草が茂って手入れされてないように見える。 土壌保全のために除草剤の使用も辞さないので、 除草剤の管理や散布の計画もせねばならない。 この点からも勝手に除草剤を撒かれたら大変困る。

今日はこの今までで最大の被害のため終日すっかり参ってしまった。 この被害はイノシシによる被害の比ではとてもない。 世の中で一番恐ろしい動物はヒトだ。 貸主のお父様は全くのご好意でなさったこととは十二分承知してますが… 以前畑そばの溝掃除に気付いたとき、 すぐ参ってお礼を申し上げていれば、 こんなことは避けられたのかもしれないが…

自給用の青菜のほとんどは日の良く当る畑の隅に植えたのでもう食べられない。 少し内側に後から植えた空芯菜が無事なら良いのだが…

Around home 20121003

夏からずっと気になってるのだが、 家の周りで草が急に枯れてしまった箇所があって気持ち悪い。 そこだけ水気が抜けやすいのかもしれないが、 今回の事件で、 これも何者かが除草剤を撒いたのかと疑わずにはいられない。

Crotalaria at home 20121003

二度の台風で痛めつけられたものの、 庭のクロタラリアが今日開花。

一休み

昨日の除草剤「テロ」で今日は畑いじりをする気が湧かず。 結局大小の畑を見回ってから、 島原市街へ買物と久しぶりの外食に出かけたり、 蘭を植え替えたりして過ごす。 今日も風が強いけど晴れて過ごしやすい良い一日だった。

Smaller farm 20121004

私がグリホサート系除草剤を撒いた跡。 そばに絶対除草剤がかからないように、そばの隣30センチくらいの雑草にはじょうろの蓮の実をぎりぎりまで下げながら無理に除草剤を垂らさなかったら、 果たしてそばと附近の雑草は無事。 グリホサートはイネ科雑草に特に良く効いた(画像中央)。 土中で分解されてるので、 もう種蒔きと植え付けができる。

Toramame pole beans 20121004

夏を越して実った虎豆が除草剤を被ったらしく、 枯れるのは時間の問題と思われる。 悔しい。

Basil 20121004

バジル4株中2株はだめそう。

今日は近所に空いた農地について尋ねたり、 農業委員会に農地の貸借について問い合わせしたりもする。 近くのドラッグストアで店員に断ってから畑の周りに撒かれた粒状除草剤のラベルを見て成分をメモ。 成分はカルブチレート(karbutilate、M-(3,3-dimethylureido)phenyl-tert-butyl carbamate)。 このタイプの除草剤は農地では使えないし、 土壌に長く残留するため、 農地のそばでも使うべきでない薬剤と判明。 貸主に新しい農地を探すとネットで連絡。

小さい畑は周りの藪をいじらないようにして様子を見て、 今育ててる作物が無事なら今年中に全て収穫、 収穫が年を越す作物の種蒔きや植え付けは見合わせることにした。

ガネブ探し

留守中畑に除草剤を撒かれたショックで今日も気分が晴れないので、 畑いじりを少しした代りにドライブがてら野生葡萄探しに。 去年訪ねたある城跡そばではもう実が熟してた。 ススキが茂った所なので、 明日造林鎌か刈込鋏を持参して収穫することに。 途中農業委員会にも寄って質問や相談。 昨年畑を借りるときお世話になった委員に再会。 私を名前まで覚えていてくださって、 私を応援してると言われてやはり嬉しかった。

ドライブ中は穏やかな陽射しと大気で景色も澄んで心地好かった。 時間が余ったので再び大きい畑に寄ったら曇に。 おまけに除草剤を散布した雑草が生気を失い始めていて景色が一転。 黙々と笹薮を刈りながら、 何事を成すにも地味な作業があることを改めて認識。

Vitis ficifolia var. sinuata 20121005

私の留守中除草剤を浴びた小さい畑と竹藪との間にいつの間にかキクバエビヅルが。 これもやがて枯れると思うと悔しい。 ちなみに実がなってないので多分雄。

L. briegeri 'Maria Christina' x self 20121005

昨日3号鉢から6号平鉢に植え替えたレリア・ブリゲリ「マリア・クリスチーナ」xセルフ実生苗。 育つかどうかは不明だけど、 植え替えないよりずっとまし。 どの株も根が白くてきれい。 アルファオーキッドの苗は違う?

回復中

今日は大きい畑を見回っただけで畑いじりはせず。 除草剤事件のショックを時で癒し中。 小さい畑をいじる気が湧きますように。

Vitis ficifolia var. sinuata 20121006

午前中また件の城跡そばへ。 一部色付いたキクバエビヅルの実を採集したけど、 糖度が低く種を進んで採取する気にならず。 他の木の実はまだ緑。 キクバエビヅルの収穫は来月ピークになるかも。

SB Golden Curry 'Barikara' and japonica rice 20121006

久しぶりに内地米(実家から貰った)を炊いてカレーを楽しむ。 米は中道農園産。 カレールーはエスビー・ゴールデンカレー「バリ辛(夏季限定)」。 このルーはとろみが絶妙で、 長粒米より(普通の)ジャポニカ米と相性が良い。 具は近所の頂き物の玉葱、苦瓜 (種抜き、スライス後冷凍保存。苦味がカレーと相性がいい)と茄子、 鶏胸肉(カレールーを入れる前に取り出す)と椎茸。

嵐の前の強風

画像が一部隠れず全部見られるようスタイルシートをいじり始めました。 テンプレートが乱れたけど、 どうか気になさらないで。

今日も晴れて夕方あたりからまた風が強くなった。 連日の晴れで土が乾いてるので種蒔きやイノシシの掘った穴埋めは今日もお預け。 野生葡萄の植え付けは除草剤が十分分解する9日(散布後1週間後)以降。 除草に好都合な日と重なるので、 10日前後は忙しくなるおそれが。

午前中小さい畑でオクラを摘んで、 雑草に埋もれかけたダイコンを救出、 除草剤の被害を調査。 最後に除草剤が撒かれた所の雑草から生気が失せ始めたので、 無事な作物がもう数日以内で分かるだろう。 今のところオクラ、ソバ、クロタラリア、ダイコン、大豆、畑の内側に植えた空芯菜は異状無し。 青菜はこの空芯菜と根で耕させるため残してたイヌビユとシロザで自給できそう。 次の雨の前日あたり、 私が除草剤を撒いた箇所(もう薬剤は残留してない)に黄カラシナと小松菜を播種予定。

収穫まであと2ヶ月かかる予定の信州大そばが臍下近くの高さまで育って満開。 風にそよぐそばの花をぼうっと眺めてると、 つまらないことなど忘れてしまう。

C. bowringiana fma. coerulea 'Blue Sky' 20121007

最近ネットオークションで落札した、 蕾付きだったカトレア・ボーリンギアナ・セルレア「ブルースカイ」が4輪開花。 NSは5〜5.5 cmで完全に花が開いたら6センチは余裕で越える。

ボーリンギアナ・セルレアはちょっと人気だったので、 ちょっと高い値段で入札したら、 2株落札orz 入札中はちょうど電気柵を苦労しながら張ってた時。 花が欲しかったんだなと言い訳。 ボーリンギアナは初めて世話するので嬉しい。 配送時小さかった蕾がしけなかったので、 育てやすいかも。

明日からまた忙しくなります

不耕起栽培のある本によると、 除草に一番良い時期が今月10日前後というから。

string20121008

昨日届いた「苗植え目印綱」。 今使ってるのより目印がしっかり固定されてて頼り甲斐がある。

Crotalaria 20121008

庭も2つの畑もクロタラリアの花が多くなってきた。

ダンポール

昨日ワイン--イタリア産のバッグインボックス--を飲み過ぎたせいだけではないと思うが、 今日は時間を上手に使えず。

午前中農地銀行に気になる小さな畑2つについてちょっと問い合わせ。 こちらは田舎のためか、 それとも古い住所のためか、 グーグルマップでは場所が分からなかったのだ。 どちらも日当りが良さそうで、 作物を作ること自体は全く問題無さそう。 ただ、どちらも他の畑と隣り合ったり、 囲まれたりしてるので、 私の農法(不耕起草生栽培)だと畑を手入れしてないように見られて、 隣の畑の使用者からまた除草剤でも知らぬ間に撒かれそう。 他には隣の畑から農薬等が飛んでくるかも。 障壁として背高の緑肥で囲んだりして手間が掛かるかも。

その後ホームセンターを回って農業資材を見て回る。 今使ってるグリホサート系とは別の種類の除草剤を探したけど見つからず。 代りにダンール(弾性ポール、ダンールではない) 100本を購入。 今回は葡萄苗のそばに支柱かつ目印として立てて使うのだが、 詳しくは後で。

帰りに食料も買って帰宅したら1時近くに。 食事して昼寝したら寝過ぎてしまう。 3時頃小さい畑へ行ってオクラを摘んだり作物の周りの除草を軽くやったりする。 帰りにまた買物。

また帰宅して4時に大きい畑へでかけようとしたら、 近所の農家の小父さんとばったり逢う。 今から畑へと聞かれて恥ずかしい。 でも最低電気柵の見回りはせねばならない。 結局1時間半畑にいて、 サンカクヅルの周りの草取りをして今日買って来たダンポール数本を立てただけ。 でも涼しくて風も弱くて捗った。

帰りにまたまた買物。 普通は晩に蛋白質を頂くのに、 珍しく炭水化物がまた食べたくなってしっかり取る。 今日はどうかしてる。 長崎くんち最終日だったので、 お祭気分が島原まで風にでも乗って来たのだろうか? それともただ、 どこかへふらりと出かけたくなるほど、 穏やかな日だったからか。

FRP elastic poles 20121009

これが宇部日東化成の製品、 ダンポール。 FRP (ガラス繊維で強化されたプラスチック)の棒で、 軽くて弾性があって朽ちにくく、おまけに安い(直径5.5 mm、長さ1.2 m、10本で398円)。

元々はトンネル栽培の資材(アーチとして使う)だが、 色んな使い方ができるので、 個人的には最も重宝する農業用資材の1つではと確信している。 電気を通さないので電気柵の支柱に使え(電線の固定には100円ショップで安く売られてる結束バンドが使える)、 ネットを張ったりして物理柵にも使える(乗るとたわむので猿が登れない)。

これをもし(野生)葡萄の支柱に使ったら… (大きくて頑丈な)杭と違って格段に安くて腐らず、 簡単に地面に刺したり抜いたりできるので、 性質が十分分かっていない野生葡萄の仕立て方も楽に変更や修正ができる。 力が掛かるとたわんで、 力が抜けると元通りなので、 台風に遭っても柳のようにしなやかで樹が折れにくいのではないか。 そう言えば、弾性のある材料で葡萄の木を仕立てる方法は聞いたことが無い。 将来ダンポールは野生葡萄の栽培に欠かせない資材になったりして。

10月10日は草むしりの日

不耕起栽培のある本によると、 今日は除草するのに最も良い日だそうだ。

簡易水洗トイレのタンクがいっぱいになってきたので、 朝汲み取り業者に電話。 普通なら翌日訪問のはずが、 何と今日午前中OKという。 そこで朝から畑へ行く代りに家の周りの草むしり。 汲み取りのパイプの通り道もすっきり。

タンクを空にしてもらってから、 家に近い小さい畑へ行って草取り。 草ぼうぼうだけど、 春蒔いたヘアリーベッチ(雑草を抑制する緑肥)のお蔭で、 イヌホウズキやカラムシ等の刈りやすい雑草しか生えてない。

Psophocarpus tetragonolobus 20121010

シカクマメが今頃開花。 セルレア(空色)が美しい。 遅く蒔いたので実は期待できぬが、 芋くらい取れるかも。

Amazake 20121010

帰宅後地元の蔵元製甘酒で元気回復。 シャンパンのように瓶内で作ってるので、 一度に大量生産して機械で分注した商品と違って麹が潰れずあっさりして爽快。 この甘酒、そのうちブレークするのではと私は確信している。

久しぶりに汗をかくほど動いたためか、 長い昼寝をしてしまってから、 大きい畑へ。 三角鍬でサンカクヅル区画の草を全部削り、 生き残った野生葡萄の株に昨日買って来たダンポールを目印と支柱に立ててから草刈り。 イノシシに根元を掘られた株もけっこうあって弱ってるものも。 これからは除草と土壌改良してどの株も育ちますように。

赤いミニカトレア

Slc. Wendy's Redstone 'Carmela' 20121011

実家で一昨日咲いたSlc.ウェンディーズ・レッドストーン「カーメラ」が今日展開。 実家の隣町の小さい園芸店の花終りの処分品だった。 長崎ではまだ珍しい名札付きだったので、 衝動的に購入。 実物はどれくらい赤いのだろう?

昨日よく寝たし飲み過ぎでもないのに、 今日は終日眠かった。 無理しないで畑いじりは短時間。 連日晴れて涼しくて、 どこかへ出かけるには最高だけど、 雨が降らないので種まきや植え付けがしばらくお預け。 上手に休もう。

汝復活すべし

今日は午前午後大きい畑で葡萄畑の草刈り。 野生葡萄の区画は一応完了。 栽培品種の生きてる株--小さい葉しか付けてないものが多いorz-- にダンポールを支柱かつ目印に立てながら除草。 ダンポールが「墓標」にならぬよう、 1株ごとに「このポールは復活のしるし、 汝復活すべし」と呪文みたいに唱えながらポールを立てる。 ポール足りないので明日また買いに行きます。

Vineyard 20121012

画像右側が除草剤(グリホサート系)を撒いた箇所。 だいぶ雑草が枯れてる。 もう除草剤は土壌では分解されてるので種蒔きや植え付けが可能。 ここにはヘアリーベッチを蒔く予定。

Clover 20121012

折角イノシシが掘って耕した箇所にクローバーの種を蒔いてたら発芽してた。 地面をならすかもしれないけど、 何もしないよりはずっとまし。

初ボランティア

朝起きてネットを見たら、 今日市の浜辺で清掃活動があると知り、 急遽参加。 参加者の和気あいあいに感激。 自治体関係のボランティア活動は初めて。 畑をお借りできた市に少しでもお礼になったかな?

浜辺に近いホームセンターでダンポールを買って帰宅。 昼食後疲れたのか食べ過ぎたのか「爆睡」。

夕方畑へ。 大きい畑で葡萄苗にダンポールの支柱を立てて、 小さい畑でオクラの収穫。 除草剤は全くかからなかったようで株は皆元気。 不耕起栽培のためか育ちが「秋勝り」で、 秋深まる中2.5メートルくらいまで高くなり、 まだまだ実る。

Den. Esme Poulton 20121013

ガストルキスさんから頂いたデンドロビウム・エスメポールトンが開花。

Little farm 20121013

小さい畑はクロタラリア(黄色)と信州大そばが花盛り。 画像には写らなかったけど、 夕方のクロタラリアは何だか幽玄さを感じる。

Daikon 20121013

小さい畑の雑草の間に蒔いた大根「三太郎」の根が太り始めて感激。 どこまで大きくなるか楽しみ。

他にエビスグサの種を初採集。
さよならクックソニエ…何でもないです。

今日は曇

今日は一日中曇って動かないと肌寒かったので、 外出する気にならず。 やっと夕方外へ出たら空は晴れてるのに気づく。 珍しく終日雲が上手に太陽を隠してたのだ。 雨が降るかもと思って除草剤散布を延期したけど、 どうも間違いだったみたい。 結局今日は大きい畑を見回ってから、 葉の一応付いてる全ての葡萄の株にダンポールの支柱(兼目印)を立てました。

Crotalaria at home 20121014 Crotalaria at home 20121014-2

庭のクロタラリアは6分咲くらい。

Tsutsuji near home 20121014

家のそばで季節外れのツツジが咲いてる。

Shinteppouyuri 20121014

家の周りでは季節外れのシンテッポウユリが咲いた。

今日はいろいろ

今日は両親が島原に用事の帰り寄るというので、 プレゼントのため、 朝主に地場産の安い食材を買いに行ったり、 畑のオクラを採りに行ったり。 最寄りのホームセンターで農業資材も買いに行ったりもする。

両親と雑談、プレゼントと土産を交換して見送ってから、 最寄りの郵便局まで歩き、 今朝止まってしまった手巻きの腕時計を購入した店に簡易書留で郵送、 修理に出す。 3気圧防水で水仕事はしないけど、 畑で使うのには無理があったかな… ちなみにドイツ・ノモス社ルードヴィヒ。 軽くて薄くて正確。

夕方大きい畑を見回り、 葡萄の苗に液肥の葉面散布。 株が元気無いのを踏まえて、 ハイポネックスとにがりを5000倍釈と薄くして、 霧吹きで葉に丁寧に吹いた。

Vitis ficifolia var. sinuata 20121015

葡萄畑のキクバエビヅルの実。 みんな熟しても今年は数個くらいだろう。 でももし良い実がなったら、 将来が明るくなって嬉しい。

明日は雨の予報なので

昨日強風を忘れるほど今日は風も穏やかで良い天気。 そのため午前のんびり家で過ごしてしまう。 結局(大きい)畑へは午後行く。 昨日ホームセンターで買って来た菜種油粕を葡萄の株の根元と痩せた土地に薄く撒いて、 腐熟促進のため石灰窒素を刈った草に振りかける。 明日の雨でどちらの肥料も地面や枯れ草に浸み込んで働くだろう。 除草剤散布の後雑草が発芽してる所があるので、 もう一度別の種類の除草剤を撒こうかと思ってる。

Kunugi acorn 20121016

畑で初めてクヌギの実を拾う。 長崎ではどんぐりはアラカシが多いので、 これを見てちょっと感激。

雨で一休み

今日はほぼ終日雨だったので大きい畑へは行かず。 小さい畑へオクラや空芯菜を採りに行ったり、 最寄りのホームセンターで農業資材を買いに行ったり、 買物したり。 今日の降水は53ミリくらい(島原57.5ミリ、口之津49.0ミリ)。 数日おきに10ミリ(つまり平米当り10リットル)ずつ降ってくれれば、 種蒔きや植え付けが頻繁にできてありがたいのに。

Den. Esme Poulton 20121017

デンドロビウム・エスメ・ポールトンが昨日展開を終える。 ここまで花びらが開くと片親のキンギアナムにはもう見えない。 実際の色は濃い紅。 もう片親のビギバム(コンパクタム・アルバムだけど)にも花茎2本に蕾がいくつか付いたので、 花が楽しみ。

Crotalaria 20121017

小さい畑のクロタラリアに実が付いてきた。 一見ずんぐりした豌豆だけど、 どうも中身はスカスカ。

Peanut 20121017

小さい畑からの帰り、 最寄りのスーパー(家から3キロ)で地場産生ピーナッツが1キロ599円と安かったのでゲット。

Peanut 201210172

割ったら中身は白かった(淡い紅が入ったのも少々あった)。

Peanut 201210173

茹でるのが面倒だったので、 代りの調理法をネットで調べた。 実を剥いて、 水気が飛ぶように大きな茶封筒に互いに重ならないように入れて、 電子レンジで数分(実75グラムに対し500ワットで2分半以上)調理。 画像は調理後。 一見簡単だけど、 生落花生の殻は剥きにくく、 実75グラムを採るのに半時間近くかかってしまった。 しかも歩留まりが約5割、 つまり実と殻がほぼ同量。 ほんとにお買い得だったのかは、謎。 殻は乾かして畑に撒いて土に戻します。

無理はしない

フェイスブックに書いたステータスを流用。

(朝9時頃)
最近風の強い日が多い。 島原はこれが普通なのか? 今日も未明から強風、 しかも台風(21号)のせいか風の向きが普通と違って、 玄関の薄いガラス窓がガタガタ鳴って寝付けず落ち着かず。 今日はゆっくり畑へ行きます。

(午後5時頃)
今日は終日強風なので無理はせず、 畑を見回っただけ。 (大きい畑の)電気柵はわずかに漏電ぽかったので電線(20センチ高)下の雑草を払って元通りに。 こんな作業しにくい日に限って、 妹に母経由でせめて生活費くらい稼げとメールで叱られる。 「農閑期」だったらいいんだけど… とりあえずもうすぐ誕生日の上の甥へのプレゼントは見合わせます。 ごめんね。

ほんと今日は未明から日没後まで今年二度あった台風接近の時よりも風が強かった。 家の前で近所の農家の方とばったり逢って、 この風では今日は野良仕事できないでしょうと聞いたら、 だめでしょうと言われたので、 素直に見回りだけやった。 帰り道町で買物したとき、 交叉点の信号機が揺れてた。

Daikon 20121018

小さい畑の大根が成長中。 大きいものは径40センチ前後にまで育つ。

無駄の多かった日

朝、目が覚めた時気分がいまいちだったので、 もう一度寝たら9:25起床。 引っ越してから一番の寝坊。 昨晩は適度に食べて少々しか飲んでないし、 夜更かしもしてないのに。

昼前小さい畑で小松菜の種を蒔く。 先月23日除草剤(グリホサート系)を撒いた箇所は雑草がほとんど枯れて、マルチ状態。 その残渣を三角ホー(三角鍬)で除いて、 将来除草しやすいことを期待しながら筋蒔き。

Smaller farm, komatsuna spinach sown 20121019

雑草の少ない箇所が小松菜の種を蒔いた所。 黄色い杭は目印で、 その手前には種を蒔いてない。

除草剤はとっくに全て分解されていて、安全。 草が生えてないのでこのまま放っておくと表土が崩れて流出のおそれもある。 その他雑草に耐性を持たせないためにも、 必要も無いのに除草剤を撒いてはならないのだ。

不耕起栽培にも色々あって、 鍬で浅く耕したりうねを作ったり整えたりするものから、 私が豪州留学中習った、 土を極力いじらず、そのためには除草剤も(注意深く)利用するゼロティル (zero till, zero tillage)まである。 私が目指してる農法はどうも後者と確信し始めた。

Awa millet 20121019 Awa millet 201210192

小さい畑からの帰り道から粟畑を見る。 こちらでは粟、稗、いなきび等の雑穀をよく見かける。 もしかしたら十六穀ごはんの素の材料になってるかも。

Knot string for planting 20121019

最近ネットで購入した苗植え目印綱。 袋から出してるうち絡まってしまったので、 昼食後解き始めたら…はまって2時間消費orz

結局大きい畑へは夕方行って、 1時間しか作業できず。 土が湿ってるうちに野生葡萄の実生苗を植え付けたいのだが、 この解いた綱の目印が表示の50センチではなく47センチ(強く引っ張れば16寸、48センチ)と判明。 どうして16寸かというと、 田植え用の綱の目印が8寸おきで、 その目印を1つおきに抜いたものがこの商品だから。 結局植え付けた苗は5本。 でも予報では明日朝冷え込むというから、 これでかえって良かったのかも。

サンカクヅル植え付け等

つい先ほどネットオークションで入札してた蘭が、 終了1秒未満で高値更新して呆然。 まあ、蘭はあまり増やせないのでこれで良かったのかな…

今朝は6時過ぎに起きたのだが、 眠気が抜けず、 結局10時過ぎ両方の畑へ。 大きい畑ではイノシシが掘った穴を埋めたり均したりする。 今後何度か雨が降るたび均していけば復旧するだろう。

午後は大きい畑でサンカクヅル実生苗を植え付け。

Vineyard 20121020

苗のそばに支柱かつ目印に立てたダンポールが林立するのを見てると、 葡萄畑の実感が改めて湧いてきてほっとする。

今日は除草剤日和

Shikakumame 20121021

小さい畑で四角豆が実った。 大きくなるかは不明。

Shinshuuoosoba 20121021

信州大そばはだらだらと結実し始める。

今日は良く晴れて風も穏やかで気持ち良い日なので、 除草剤を撒く絶好のチャンス。 大きい畑で新しい除草剤を使用。

Herbicide Zaxa 20121021

今日初めて使った除草剤「ザクサ」、 グルホシネートP系非選択性茎葉処理除草剤。 ちなみに日付は開封日でアフリカーンス語(またはドイツ語やオランダ語)。

前回使ったグリホサート系除草剤同様、 この除草剤も植物の種類を問わず効いて(非選択性)、 雑草の茎葉から吸収されて代謝をおかしくして枯らし、 土中で速やかに分解されるので安全性が高い。 だけど代謝を止める箇所が違って、 こちらは植物の体内にアンモニアを溜めさせて尿毒症みたいにして枯らすのだ。 グリホサート系と効き方が違うので、 上手に使い分けることで雑草の耐性を抑えたり、 片方で効きにくい(グリホサート系はササやツユクサ等が苦手かも)雑草を枯らしたりできるのではと期待してしまう。

効き目の一番の違いはグリホサート系が雑草を根から枯らすのに対し、 ザクサは根は残すようである。 土壌が脆くなって流出するおそれは少なくなる一方、 不耕起栽培では雑草の生きた根が作物の成長を抑えるのではないかとちょっと不安。

除草剤を上手に活用して、 作物を無事に育てて豊かな収穫がありますように。

ブーツ3代目

Boot Beising 20121022 Boot Beising 201210222

先月21日の日記で紹介した2代目ブーツが何と昨日寿命に。 初代ブーツと同様右足土踏まずの爪先側が疲労破壊。 2ヶ月半もてばよいと書いたけど… 安物買いの銭失い。 ちなみにホームセンター、コメリオリジナルの"Beising"ブランドのショートブーツ。

Boot Midori Anzen 20121022

こんなこともあろうかと、 3代目として既にミドリ安全オンラインショップで「軽半長靴(型番5002)」を特価(処分価格かも)で入手してたのだ。 履き心地は2代目よりややむれるけど、 土埃が中に入りにくくて結構良い感じ。 長持ちすれば良いのだが。

Boot Midori Anzen 201210222

長靴に小さな穴がもう開いてるけど…気にしない。

今日は予報では昼前から雨だったけど、 結局日没まで晴。 雑用があって畑へは午後3時にやっと行った。 野生葡萄8株を植え付ける。 昨日撒いたザクサ除草剤は効果が早いようで、 雑草につやが無く、一部黄ばみ始めた草もあった。

明日は午前中雨なので、 ゆっくり家で雑用を片付けようっと。

バンダ開花

V. coerulea 'Heavenly Blue' 20121023

実家の母がバンダ(セルレア「ヘブンリーブルー」)を咲かせました。 温室はありません。 古稀を過ぎても母は偉大です。

昨日は霜降だった

大気も地面も冷えてきて、 外が晴れてても出るのがちょっと億劫になってきた。

Sesbania 20121024

大きい畑に1本だけ育ったセスバニアに蕾が付いた。 熱帯原産なので寒そう。 来年は除草剤も上手に使いながら種蒔きするね。

畑いじりの代りに

今日は曇だったので家に籠りたい気分だったし、 明後日雨の予報なので、明日野良仕事をやった方が好都合だしだったので、 畑はほとんど見回りのみ。

Komatsuna spinach 20121025

6日前蒔いた小松菜の種が大分発芽。 やはりグリホサート系除草剤は分解されて影響無し。

Sesbania 20121025

大きい畑では1本だけ育ったセスバニアが開花。 種採れればいいな。

Vitis ficifolia 20121025

今日はある城跡そばでガネブ(葉はエビヅルとキクバエビヅルの中間)採り (今月6日の日記で紹介した株から)。 この株の実は甘くないので嬉しくないのだけど、 育種のため実を採集して熟したもの10個の糖度を測ったら、 何と平均17.8度(Brix)、 20度近くのものも3粒あった。 普通の果物の糖度が12度前後だからすごく甘いのでびっくり。 ワイン作れそうなので元気が出る。

午前中雨

昨日の予報が外れて午前中しとしと雨。 午後天気が回復したので、 小さい畑でお隣さんから貰って残してたワケギを植え付けたり、 乾いた生ごみを土が剥き出しになってる箇所に撒いて、 腐熟促進のため石灰窒素少々を振りかけたりする。 大きい畑では、

Mustard 20121026

からし菜の種蒔き。 蒔いたところに目印としてダンポールを立てる。 アーチにしたのはトンネル栽培のためではなく、 ポールを節約したかっただけ。

Lc. Mini Purple fma. coerulea 'Hitomi' 20121026

実家で7月14日咲いたLc.ミニパープル・セルレア「ヒトミ」が今日また開花。 株は乱れたけど、 美しい花をよく咲かせる個体はありがたい。

畑いじりは休み

今日は午前と午後しとしと雨降り。 止んだ時間も何時間かあったけど、 雨の合間にやる作業が思い付かなかったので、 無理に畑へは行かず。 除草剤は撒けないし、 野生葡萄苗の植え付けは雨で苗が浮き上がったり土が崩れたりするおそれがあるし、 野菜の種蒔きは種が細かいので雨で流れるおそれがあるし等々。

Boot Zactas 20121026

4代目を予定してる長靴が昨日届く。 商品名は弘進(こうしん)ゴム社製ザクタスZ-01。 耐久性があってネットで評判が良いので購入。 他に興味ある長靴はアキレス・ワークマスターや J・K・Cアグロの「かるながくん」シリーズ。

Katsuona spinach 20121027

ディスカウントショップでかつお菜の種を購入。 九州特産の菜っ葉で、 例えば長崎の雑煮にも欠かせない。 鰹に似た味がするらしいのが名前の由来。 味噌汁の具にしてもおいしいよ。 雨が上がったら畑に蒔きます。

まだ暖かいうちに

先月今月ネットオークションで好きな蘭を何株も落札してしまったけど、 これからは寒さに慣らす時間が無くなるため、 入札は今週でおしまい。 そうすると、 週明けてからもっと欲しかった蘭が出品されるのだけど(マーフィーの法則?)。

Den. bigibbum var. album 20121028

去年か一昨年購入したデンドロビウム・ビギバム・コンパクタム・アルバムの蕾が開き始める。 来月はもう2、3株花を愛でられるかも。

暖かいうちに

昼までにネットオークションで落札した蘭2株と出品者のご好意でおまけ1株を受け取る。 その後畑へ。 今日はサンカクヅル実生苗14株を植え付け。 紅葉し始めた苗を植えるのは初めてかも。

Clover under the electric fence 20121029

電気柵の下に蒔いた白クローバーの種が一部発芽。 雑草を抑えてくれれば良いのだが。 双葉から離れてしまって、 この画像では中段にぼんやり流れる緑のうっすらした帯にしか見えない。 電線も一緒に撮るのにはやはり無理があった。

L. pumila select x sib. 20121029 L. pumila select x sib. 20121029-2

届いたとき開きかけと思ったレリア・プミラは残念ながらしぼみ始めた。 でも花が一応確認できたのはラッキー。 これはネットオークションでではなく、 ある蘭園の通販特売で入手したもの。 ウェブページでは優秀花のセルフ株と記されてるが、 ラベルにはシブリングの表記。 今はプミラが色々選べるが、 この株はバルブが10以上とたくさんなので、 増えやすいのを期待して購入。

30年以上前雑誌「趣味の園芸」のミニ洋蘭の特集記事で、 レリア・プミラを見たのがミニカトレアとレリアにはまったきっかけ。 セルレアを親からプレゼントされて嬉しかったが、 花を咲かせられぬまま大学で上京して行方不明に。 今度は咲かせるぞ。

3年前園芸を再開してから元プミラのプレスタンス「コクサイ」とダイアナ・セルレア「チョージャマル」を手に入れたけど、 やはりプミラが欲しかった。

ちなみにそのセルレアは個体名無しの開花見込み株で高価だった。 バルブが翡翠のような美しい濃い緑の玉のようだったのをまだ覚えてる。 こんなバルブの形から、 その株はダイアナ・セルレアだったのではと疑ってる (カトレア全書(樹石社、1982年)にはプミラ・セルレアとして花の写真が載っている)が、 残念ながら今になっては確かめる術はない。

実家は蘭だらけ

Cattleyas 20121030

実家で開花中のカトレア(右側が隠れてるかも。クリックで全部見えるはず)。 中央上の青紫の花は先日紹介したLc.ミニパープル・セルレア「ヒトミ」、 中央下の赤い花はSlc.ウェンディーズ・レッドストーン「カーメラ」、 右に見える黄色の花びらに赤リップの花はPot.スウィートシュガー「ハッピーフィールド」。 残りは…

C. labiata fma. amesiana 'Marcia Regina' (OG) 20121030

カトレア・ラビアタ・アメシアナ「マルシァ・レジーナ」が初開花。 有名な個体でオリジナル分け株。

C. labiata fma. s/a 20121030

ラビアタ・セミアルバ。

Lc. Mini Purple 'Sato' 20121030

Lc.ミニパープル「サトー」。 植え替えせねば… ちなみにオリジナル分け株。

C. labiata fma. rubra 'Schuller' x 'Ching Hua' 20121008

これはラビアタ・ルブラ「シューラー」x「チンホァ(清華)」、 今月8日撮影。

Pot. Memorial Gold 'Canary' 20121021

Pot.メモリアルゴールド「キャナリー」、 今月21日撮影。

V. coerulea 'Heavenly Blue' 20121030

今日両親は来宅、 愛でる蘭が多過ぎるので、 先日母が咲かせたバンダ・セルレア「ヘブンリーブルー」を渡し、 父は蘭の棚をこしらえて行きました。 明日画像載せます。

プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター