秋到来

日中エアコン要らずで部屋で過ごせるようになってありがたい。 天気予報によるとここ1週間最高気温は30℃前後の一方、 最低気温は25℃を切るそうでラッキー。

午前中あまり畑へ行く気にならず、 11時やっと大きい畑へ行ってみたら、 猪の被害は無かった。 やはり昨日伐採した背高の雑草がとうもろこし畑を隠してたのだな… 明日はまた被害があるかもしれないけど、 やはりほっとする。

今日は国道沿いの低木に絡まった蔓(カラスウリやノブドウ等)を造林鎌で除いたりもしたのだが、 この低木の根元の間に雑草が茂って3ヶ月経ったうちに、 たぶん猪が隠れ家と獣道を作ってたのでちょっと驚いた。 畑とその周辺にはやはり藪を作ってはいけないのだ。

今日は久しぶりに真夏日ではなかったのだが、 やはり昼間日に照らされながらの野良仕事は体力を消耗して良くなかった。 今日は1時間半で切り上げる。

weed20120901 weed201209012

昨日伐採したのと同じ種類の雑草。 これは背丈2メートルくらいだが、 昨日切り倒したのは4メートルを越えてた。 撮影後根元から切り倒す。

午後は小さい畑でそばの種蒔き。 午後3時を過ぎると竹林の隣にあるこの畑は日蔭になって作業が楽。 神社の祭に使う竹を採りに来たという、 古稀くらいの爺さんと雑談。 農業に関して話が合った。 どうも私の不耕起栽培に理解があるようだった。

残暑

今日は大きい畑で新たな作物の被害は認められなかった (緑肥とうもろこし数株が倒されたかもしれないが)。 日当たりの良い場所のとうもろこしはほとんど壊滅。 猪はグルメなのね。

今日も午前中大きい畑で草刈りしたが、 斜めから胴体に当たる日差しが意外と強くて体力消耗、 2時間半作業して切り上げる。

雑草にまた被われたからか葡萄の苗(若い野生葡萄を含む)が葉を落とし元気が無い。 セイタカアワダチソウに限らず雑草のアレロパシー (特別な化学物質を分泌して他の植物の成長を邪魔すること)はなかなか強力みたい。 除草剤の利用も検討しなければならないかな。 でも除草剤も色んな種類があるし用法も法律も守らねばならんので決して楽して使えないのだ。

農地を借りたとき覚悟こそしてたが、 雑草のコントロールがこれほど大変とは思わなんだ。 葡萄の区画は草刈り機で刈っても梅雨までは10日くらいでまた茂ってほとんど元通り。 なので作物を植えてない区画までなかなか手が回らず、 獣の通り道や隠れ場を作らせてしまった。 でも今が正念場なのかも。

一度帰宅、 昼十分休んでから今度は小さい畑へ。 2時間かかって無事信州大そばの種蒔き終了。

grasshopper20120902

雑草のみならず作物にも画像のようにバッタの幼虫が結構いるのだが、 意外と作物は元気に育ってる。 この畑にはカマキリやツチガエル(ヌマガエルかも)もいて、 こいつらを食べてくれてるからかも。

今日は曇って蒸し暑い

獣害は2日連続無し。 造林鎌が切れにくくなったので150番のダイヤモンドヤスリで刃を撫でたら切れ味復活。 でも今日は曇って蒸し暑くて作業がいまいち捗らず。

shinshuuoosoba20120903

信州大そばが種蒔き3日後に発芽してびっくり。 雨降ってないのに。

見直し

畑では毎日何か新しいことが起きるので、 読者がどう思うかは別としてこのブログを毎日書くのは不自由しないのだけど、 獣害と雑草に悩まされてると流石に畑に毎日行く気が削げる。

とはいえ小さい畑では、獣害がほとんど無く(猪がまだ来てない)、 竹林を整地していただいたうえ、 すぐにヘアリーベッチを蒔いて育てたため雑草のコントロールが楽にできてるため、 次は何の作物を育てようか楽しみにしてる。 良いことだ。

問題は大きい畑。 雑草をもっとコントロールできるようにするため、 除草剤をどう利用しようか検討せねばならない気がしてる。 具体的にはリッピアのようなグラウンドカバーの植物を確実に増やすため、 植付け前非選択性かつ効き目の短い除草剤を撒く手もありではと思ってる。 土壌保全のため耕起せずセイタカアワダチソウのようなしぶとい宿根草を確実にコントロールできる有効な除草剤の利用法は無いものか。

maize20120904

猪にやられた緑肥とうもろこし。 被害は3日連続で絶えてるので、 やっと撮影する気になった。 雑草を抑えながら確実に育つ貴重な作物なので来年も種蒔きします。 猪が隠れないように畑の周りに防風目的も兼ねて3列くらいで (1、2列だと受粉困難) 栽培する方法もあるかも。

バーミックスゲット

bamix20120905

ネットショップに注文したバーミックス届きました。 高いけど料理の質がぐんとあがるし食材を潰す時間を節約できるしメンテが楽なので思い切って購入、 使い倒します。

basil20120905

お隣さんに頂いたバジルを洗って冷凍してあったので、 これでバジルペーストのプロトタイプを作ることに。 茎を除いた量は約100グラム。

basilpaste20120905

エクストラヴァージンオリーブ油の代わりに香りや味わいに乏しいキャノーラ油 (でも油の組成は実はオリーブ油そっくりなのだ)、 パルメザンチーズの代りにシュテッペン(ドイツモザレラ)チーズ、 松の実の代りに素炒りのミックスナッツを使用。

basilpaste201209052

バーミックスで混ぜたら何だかほうれん草の白和えのお化けみたいに。 ナッツが弾けて油が霧のようにちょっと舞ってちょっと困った。 しかもバジルに筋が多い。

basilpasta20120905

それでも強引にバジルソーススパゲッティを作る。 塩気が足りないのでフィッシュソースを添加。 レシピに準じて作ったらとにかく油っぽい。 油分の節約が次回以降の課題。

今日は午前中雨だったうえ、 昼間は荷物の受け取りのため家から出られず。 昼寝して結局夕方畑へ。 作物は無事。 今日バーミックスと一緒に届いた太枝切り鋏で笹を切りまくる。 小さい畑では茶豆2株が枝豆として食べられるまで育って、 オクラを一度に7本収穫できてラッキー。

枝豆初収穫

brownsoybean20120906

夜明けの5時半軽トラックで小さい畑へ行って、 葉が黄ばみ始めた茶豆1株とオクラを収穫。 日が昇ると枝豆の味が落ちるそうで、 プロは未明に収穫するという。

brownsoybean201209062

鞘をちぎって塩でもんで沸騰した湯に入れて3分茹でる。

brownsoybean201209063

茶豆なので実がくすんで見える。 ちなみに品種は早生の「涼風」。 独特の香りとフレーバー強くて濃い味。 夜ビールと楽しもうと思ったらおいしくて先に完食。

石灰撒きました

雑草対策についてネットで情報を漁ってたら、 スギナ対策のウェブページを発見。 そこでは除草剤で根こそぎ退治してた。 うちはスギナの生えてる箇所に雨の降る前日消石灰を振りかけてたらいつの間にか消滅してるのにな…と思ったら、 雑草で困った箇所に石灰を振ってないのに気づいた。 明日の天気予報は雨なので今日は撒くチャンス。

昼島原市街へ。 安い時間帯に散髪して通常980円のところ690円に値引きしていただいてありがたい。 その後ホームセンターで消石灰80キロと苦土石灰60キロを買って、 スーパーでお肉を買って(近くのスーパーでは安い赤身がなかなか無い)一度帰宅。

石灰とともに大きい畑に行ったら猪に残り少ないとうもろこしをまた食べられてた。 穴も目立った足跡も見なかったので少しは用心してるのだろうな。 薮をコツコツ刈り払って来年どのくらい被害を喰らうか楽しみだ。

小雨が降って時間も無くなったので、 今日は消石灰だけ撒いた。 場所はクズ、ワラビ、ススキやササの茂った所。 量はおよそ70キロ。

その後小さい畑で枯れたとうもろこしに苦土石灰約5キロを、 しつこい雑草に消石灰20キロを撒く。 日が暮れた。

明日予報通り雨が降って石灰が表土に浸みますように。

昨日実家で咲いた蘭。

Milt. spectabilis var. s/a 20120906

ミルトニア・スペクタビリス・セミアルバ(山採りらしいのでfma.じゃなくてvar.)。

Lc. Mini Purple 'Sato' 20120906

レリオカトレア・ミニパープル「サトー」オリジナル分け株。

C. Chris McHenry 20120906

ジュメさんから頂いたカトレア・クリスマクヘンリー。 無事咲いたようです。 ジュメさんありがとうございます。

予報外れる

予報ではしとしと雨が降るので、 仕方無く家でのんびり過ごす予定だったのに、 晴れたり曇ったりで落ち着けず。

午後、家から10キロほど離れた最寄りのホームセンターに畑に撒く石灰を買いに行く。 連日石灰100キロ以上買ってる。

一度帰宅してから野菜が切れたので収穫を兼ねて小さい畑へ。 オクラ、空心菜、白糯とうもろこしの他、 竹藪の蔭で意外と葉を茂らせてたオカワカメを初収穫。 茶豆数株が黄ばみ始めてるのを見て4株収穫…あ"ー夕方収穫してどうする… 帰宅後すぐ鞘を塩もみして茹でたけど、 普通の枝豆と変わらぬくらいフレーバーが抜けてた…orz 収穫を住ませてから気が向いて畑の空いてる箇所に大根を播種。 ちなみに品種はタキイ交配の「三太郎」。 サカタの「おこのみ大根」みたいにいろんな作り方や食べ方ができそうだったので選んだ。

日も短くなってることもあって結局大きい畑へは行かず。 昨日撒いた石灰が獣を遠ざけてますように。

Lc. Cariad's Mini-Quinee seedling 20120908

実家でLc.カリアズミニクィニー実生株が二度目の開花。 エンジェルキスも咲いたらいいな。

灰だらけ

明日朝雨の予報だったので、 今日午後大きい畑で消石灰90 kgと苦土石灰50 kgを撒いてくる。 疲れて帰宅すると明日の予報が晴れに。 ふざけるな。

sorghum20120909

緑肥とうもろこし(デントコーン)1反がほぼ全滅し、 三尺ソルゴーも穂は出すものの実ってない、 今年は大きい畑で穀物の収穫は無いのか…と思いながら畑の隅をふと見たら、 三尺ソルゴーのオレンジの穂が。 下の葉が枯れ始めたら収穫できるという。 鳥獣害に遭うか、 それとも無事収穫できるか?

ソルゴーはもろこしとかこうりゃんとかソルガムとかたかきびとかいろんな名前で呼ばれているが、 世界的に重要な穀物の1つ。 6系統あるそうで、 穀物を得るための系統は子実型と呼ばれ、 粒が大きく背が低い(1.5 m以下)のが特徴。 だから三尺ソルゴーはこの系統だろう。 日本では緑肥として利用されているけど、 穀物として利用できないかな。 背の低い緑肥用ソルゴーはあと「メートルソルゴー」なるものがあって、 これは実にタンニンを含むため、 鳥の害に遭いにくいそうだ。 来年は大きい畑でソルゴーを積極的に育てようかと計画している。

ほっ

昨夜は飲み過ぎたのか、 それとも石灰のせいか昼過ぎまで体調がいまいち。 昼前小さい畑を見回ってオクラを収穫、 最寄りのスーパー(3 km離れてる)で特売の食料をたくさん買って来る。

今日の予報で雨が復活。 果たして午後小雨が降ったが家の周りは1ミリ未満。 夕方大きい畑へ行ったら1、2ミリ降っていて、 昨日撒いた石灰が少し土や雑草に浸み込んでほっとする。

葡萄等の作物を植えてる箇所には苦土石灰を撒いた。 マグネシウムとカルシウムを補給して土を作るのが目的。 成分は卵の殻と胃薬に似てるので、 作物にかかっても安全。

笹やススキやクズなどの厄介な雑草が生えてる箇所や、 作物を植えない畑の隅には消石灰を撒いた。 土壌の酸性を和らげてカルシウムを補給して、 上以外の雑草も生えやすくして元から生えてる雑草の勢いを弱めるのが目的。 実際にスギナは減って、 笹は細くなってる。 不耕起栽培では雨の降る前の日に作物の根元にうっすら撒いて雨で浸み込ませる方法がある。 土壌が良くなってきたら好ましい雑草やリッピアなどのグラウンドカバーを植え付けたいと思ってる。 ある程度消石灰を撒いたら安くてより良い土作りを期待できる苦土石灰に切り替えるかも。 畔や法面にまで石灰を撒く人は少なかったりして。

畑で茂ったセイタカアワダチソウやオオマツヨイグサに花芽を発見、 急いで造林鎌で刈ったら、 私の背丈くらいあった雑草をほぼ全部刈ってしまって畑の見通しが開ける。 草刈りは峠を越えたように思えてほっとする。

昨日から葉が黄ばみ始めた草木を見て、 日に日に秋が深まってるのに気付く。 そろそろ野生葡萄の実生苗を植え付けたい。

shinshuuoosoba20120910

小さい畑に蒔いた信州大そばは本葉2枚目が出て来た。 コンデジの焦点が合わないですまない。

なかなかうまくいかない

日の出に小さい畑へ行って枝豆(茶豆)3株採ってすぐ塩もみして茹でたけど、 「初物」と全く違ってフレーバーは弱いし、 おいしくなかった。 カメムシにたかられて汁を吸われたから? でもちゃんと収穫できるだけラッキーと思わねば。

shiroza20120911

大きい畑の葡萄苗のそばに生えてたシロザをわざわざポリポットに植え替え、 食用の目的でまた畑に戻して成長したのはいいが、 葉が円っぽくなく尖ってしまった。 土地が痩せてるとこうなる傾向が。 どうやって土作りをやっていこうか…

石灰追加購入

daikon20120912

小さい畑に蒔いた大根が発芽。 オクラは秋勝りで今日11本収穫。

lpraestanskokusai20120912

実家でレリア・プレスタンス「コクサイ」が開花。 向うは華やかになっていく。

種蒔き2種

オンラインの読書に昨日今日ちょっと夢中になって、 今日は大きい畑へ行くのを止めてしまう。 代りに小さい畑にお隣さんから頂いてたワケギの球根を植え、 家ではプラグトレイにリーフレタスを播種。 種のパッケージには25℃以上だと発芽率が低下すると書かれてる一方、 種蒔きの時期は暖地で9月上中旬とも書いてる。 今日まで最低気温25℃なんですけど。 そこで種は1週間後にまた蒔くことにした。 ちなみに品種は「ダンシング」。

shinshuuoosoba20120913

信州大そばは日のあまり当らない箇所から先に種蒔きしたのに、 後で蒔いた、日当りの良い箇所の方がより早く成長中。 約10センチ四方に芽が出てて、 要領の悪い私にしては意外とうまく種を蒔けたと我ながら少し感心。

toramame20120913

夏ばてしてた虎豆のうち2株がまた開花結実中。 少しでも収穫できれば嬉しい。

石灰撒き撒き

今日は早朝小さい畑で枝豆とオクラを収穫。 枝豆は粒の大きい株が少なくなってきた。

明け方と午前中にわか雨で、 予報では明日以降も雨が時々降るので、 午後は大きい畑で石灰を撒きまくる。 午前中ドラッグストアで買って来たガーゼマスクが使い良いので、 作業が捗って嬉しい。

緑肥とうもろこしはきれいに猪に食べられて、 まともに実の付いた株は全滅。 更地になってしまった。 一方ソルガムは実りつつある穂も出始めたのだけど、 被害無し。 来年数品種とうもろこしの代りに植えようと思う。 実の皮に鳥獣の苦手なタンニンを含む品種があればいいな。 流石に脱穀はされないだろう。

野生葡萄の区画では積んで枯れた草を動かした跡が。 猪が虫を探したのかも。 随分ささやかなことをする。 他には初めて野兎の糞を発見。 葡萄には被害無し。 コツコツ薮を払っていくのがやはり獣害の予防策になるのかな。

morningglory20120914

庭に自然に咲いたアサガオ。 NS約10センチ。 実際は濃い紫色。

嵐の前の嵐

lettuce20120915

リーフレタス・ダンシングが発芽開始。

夕方小雨の中大きい畑へ行って、草刈り。 またとうもろこしが減ったなと思いながら、 ふと国道沿いを見たら、 猪がツユクサ等を退けながら広く浅く地面を掘ってた。 意外ときれいに掘ってるのでちょっと感心したが、 うちは不耕起だしもうすぐ台風が来るので困る。 作物にはほとんど被害が無かったのが不幸中の幸い。 ソルゴーは一部通り道になって倒されたが、 穂には興味無い様子なのでちょっとほっとする。

国道沿いは最近カラスウリなどの雑草が高く茂って、 足場が少し悪いので刈るのを後回しにしていたのだが、 潜み場にさせてしまった。 油断できない。 地道に雑草をコントロールして土地を豊かにしながら獣の隠れ場を無くさねばならぬのね。 獣害を何度も見なきゃならんので気が乗らないけど。 とうもろこしをお肉で償ってもらえばありがたいのだが。

台風前のバジルペースト

basil20120916

台風接近前に自家製バジルペーストを作ろうと思った。 バジル4株は茂って木になってた。 朝の雨で洗われたはずの葉は乾いてた。 全体の3割くらいを収穫。

basil201209162

むしった葉っぱは500グラム。 埃を取るため (水で洗うと香りが抜ける) 手でつかんで何度か軽くパラパラと新聞紙に落としたら小さなクツワムシが飛び出す。 虫入りペーストを作らなくて良かった。

basil201209163

オリーブ油を減らしたくて最初ニンニクとバジルだけバーミックスで潰そうとしたら、 葉が酸化して茶色に。 酸化防止とミックスしやすいように徐々にオリーブ油をたらしながら1時間以上かかってペーストを作る。 使った油はわずか72グラム(レシピでは500 ml!)。 袋入りの塩を誤って大量投下したので塩辛い。 だけど袋の重量から推測するにどうも20グラム前後しか入れてないようだ。 油分が少ないから塩気が目立つのか。 しかも株が茂って繊維質たっぷり。 ヘルシーで良いことだ。

basil201209164

さっそくスパゲッティに利用。 他人様には出せない素朴な味わい。 1皿にバジルペースト25グラム使うとおよそ23皿分。 あえるパスタソースは2皿分で150円前後だから1700円以上の価値があるのでありがたい。

台風16号は明日朝最接近。 予報では最大風速10 m/秒のうえ 大雨は降らないのでたぶん大丈夫でしょう。 雨戸を閉めて庭の鉢や苗を室内に取り込んで夜を過ごします。

台風通過

朝台風が最接近して夕方まで強風だったけど、 風は風速10 m/秒くらいだったうえ土砂降りも無かったので助かった。

風がだいぶ収まったので、 夕方雨の降る中--軽トラで移動中降り始めた--小さい畑へ行ってみたら、 オクラ(丈2 mくらい) 5株中2株、 エビスグサ(30株以上?) の一番高い(2 m近く) 1株、 大豆(20株くらい?) 1株が傾いていただけで、 作物はほとんど無事だった。 一方近くの牧草地は台風でスーダングラス?がほとんど薙ぎ倒されてた。 不耕起栽培すごかったりして。

crotalaria20120917

庭のクロタラリアは小さい株が2、3折れてしまったが、 残りは傾いただけで済んだ。 小さい畑のはほとんど無傷。

葡萄畑爆撃

台風通過中猪に葡萄畑を掘られた。 ほんと畑が爆撃に遭ったみたいでショック。 不思議なことに葡萄や棗の苗木は避けてて、 ソルゴー10株前後(台風で倒れたと思われるものもかなりある)倒されただけなので、 作物の実害はあまり無かったのだが。 明日以降の野良仕事どうやっていこうか…

hoghole20120918

見たくもない猪の掘った穴。 長さ5メートルはある。 こんな穴が数ヶ所葡萄畑に。

sorghum20120918 sorghum201209182

三尺ソルゴーは倒されただけで実は無傷。 ただ台風でもう実が一部発芽。 来年とうもろこしの代りにたくさん育てる予定は変りないけど、 収穫は大変。

gennoshouko20120918

畑の角にゲンノショウコの鮮やかな花が乱舞。 こんな雑草だけ畑に生えれば良いのに。

今日は猪の掘った穴を三角鍬で埋め、 そのまま続けて葡萄畑の除草をする。 エビスグサが雑草に紛れて生えたので、 間違って刈らないようにと暫く放っていたのが猪に掘られた原因かも。

雑草の生えてる畑に緑肥を育てるのは大変。 緑肥が雑草に紛れるので除草が困難。 そうなると、 今のままではとうもろこしみたいに発芽、 成長が早くて背が伸びるものしか緑肥に使えない。 来月辺りナギナタガヤとヘアリーベッチの種を蒔く予定だけど、 播種前に効き目が短い非選択性の除草剤(グリホサート系)を利用するかも。

今朝の小さい畑

台風通過後明け方冷え込んで、 そろそろ籘のマットから布団に戻って寝る時期が来ました。

オクラと枝豆(茶豆)収穫のついでに小さい畑で1時間半ほど作業。 主に草刈り。 雨の前日石灰を散布して雨で土壌に浸み込ませ、 植生が変わってきた (スギナをほとんど見なくなった) ところに造林鎌で草刈りして、 背高の雑草がだいぶ消える。 背の低い雑草がはびこってる箇所にどうやって作物を植え付けて栽培するかが今後の課題の1つ。

shinshuuoosoba20120919

台風の被害が皆無だった信州大そばに蕾が (そばは1ヶ月くらい?だらだら開花する)。

okra20120919

畑の隣に生えた笹を刈り取って、 台風で傾いたオクラ2本の支柱に。

ebisugusa20120919

同じく台風で傾いたエビスグサ1株にも笹の支柱を立てる。 こんなことするのは私だけ?

crotalaria20120919

台風の被害をほとんど受けなかったクロタラリアに最初の花芽が。

葡萄を植えてる大きい畑の面積が農地を借りる最低面積の50アールにわずかに足りなかったので、 約700平米のこの小さい畑も借りた。 畑が1つだったら管理が楽なのに、 と初めは思っていた。 日々獣害と雑草と戦ってる大きい畑と違って、 獣が邪魔せず雑草対策も比較的楽(竹藪を整地してすぐヘアリーベッチが蒔けたのが理由)なこの畑をありがたく思うとは。

午後大きい畑へ行きます。 野性葡萄の苗をそろそろ植え付けたいのだけど、 草刈り笹刈りがなかなか一区切付かない。

たぶん転換点へ

今日は午前午後大きい畑で3時間ずつのべ6時間野良仕事。 ひねもす曇って作業しやすくてラッキーだった。

イノシシは作物を植えてない箇所を派手に掘ったのでちょっと安心。 昨日葡萄苗に撒いた犬猫用忌避剤が効いたかな。 イノシシの姿を隠せそうなところをばっさり刈るチャンス。

一昨日イノシシに派手に畑を掘られたのを機に、 野良仕事の内容を変えた。 具体的には作業を1時間単位で行うこと。 1時間のうち集中力のある(頭が「フェーズ3」の状態) 40〜50分作業し、 残り20分から10分ちゃんと休憩する。 これが効果あり。

午前中は林になってる畑の東側の境の枝打ち (イノシシは開けた所を嫌がる)、 ビジュノワール栽培予定地の草刈りとガネブ苗の周りの除草。 午後は2時間かけて国道沿いの法面(上が藪になってイノシシが姿を隠せる)の草刈り。 刈った草を初めて猫車を使って畑の隅にマルチとして敷いて雑草をコントロール。 残り1時間はガネブ栽培予定地の草刈り。 これで私の肩の高さくらいの雑草はほとんど畑から消滅、 畑全体を見渡せるようになる。

獣害はしばらく続きそうだけど、 大きい畑の作業は転換点に来た予感。 5反弱の畑全体を管理できるイメージがやっと頭に湧いた。

早く野性葡萄の実生苗を植え付けたいが、 朝畑に露が降りるのを確認。 慌てないで良さそう。

boot20120920

5月中旬購入したジョルディック長靴に破れが出て寿命に。 明日新しい長靴を買わねばならぬ。

lccariadsminiquineecoerulea20120920

実家でたぶんLc.カリアズミニクィニー・セルレアが開花。 ガストルキスさんからの頂き物です。 咲きました、感謝。

今日はイノシシの害は無し

今日はまずブーツを買いに最寄りのホームセンターへ。 使いやすい園芸用手袋が特価だったのでゲット。 グリホサート系除草剤(以上ホームセンターのオリジナル商品)とそれの散布用にトタン製じょうろと農薬散布用の穴の少ない蓮の実(じょうろの先)、 薬剤稀釈のための水タンク(23リットル)も購入。 帰り道食料も買い込む。

今日は午後4時間大きい畑で作業。 昼から曇ってありがたい。 畑の境で笹藪を刈ったり枝打ちしたり、 背の高い雑草を根元から切ったり、 イノシシの「耕した」所にクローバーの種を振りかけたり (発芽、増殖したらラッキー)、 雑草に埋もれた野生葡萄の株を除草したり。

boot20120921

購入したショートブーツはホームセンターオリジナル。 寿命になったジョルディック(福山ゴム社製)の6割ほどの値段。 ゴムが厚いのかちょっと重い感触でちょっと蒸れる気が。 ジョルディックが4ヶ月もったので、 費用対効果から2ヶ月半もったら良しとしよう。

kikuba20120921

畑いじりの休憩中、 国道で発見。 キクバかな…エビヅルとの中間種かも。 ガネブを見るとほっとする。 初心忘るべからず。

雨の予報だったので

今朝の天気予報で午後雨2ミリ降ると知って、 急遽2つの畑に石灰を撒いて土に浸み込ませられたのは良かった… けど、予報より早く雨が降り始めたのでイノシシの掘ったでかい穴を埋められず (泥遊び場にされそう)。 おまけに穂2本収穫できたソルゴー(こうりゃん)の実もイノシシに喰われ始めた… 畑の周りの藪を払ったりして獣害の予防策は続けるけど、 夜もしとしと雨の降る中、 柵の検討を始めます。

大きい畑の物置そば、 全滅したとうもろこしの区画で栗の実を拾った。 持ち帰って画像を撮って載せたかったけど、 園芸用手袋でいがは持てず、 おまけに雨が降り始めたので物置に置いて畑から退散。 明日画像を載せる予定。 栗もイノシシの好物だから、 実は落ちたままにはできないなぁ。

除草剤と電気柵

口之津開港450周年のイベントに参加した両親が大きい畑を訪問、 雑草とイノシシの「爆撃」と葡萄(ビジュノワール)の苗の貧弱さにショックを受ける。 だから栽培種の追加の代りに野生葡萄を植えたいと言ったのに。 雨の多い九州で欧州葡萄をまともに作れる保証など無いのに (あくまでも実験的)。

イノシシがしつこくビジュノワール区画を何度も掘るのと、 最近猪垣(ししがき)を知ったこともあり、 昨日から柵についてネットで情報を集め、 今晩電気柵をあるネットショップに発注。

今回選んだのは安くて高性能の小型の電気柵2セット。 1セットでビジュノワールの区画を囲み、 もう1組で野生葡萄の区画を囲む。 一見面倒で電気を余計に食いそうだけど、 設置が楽で、 使い勝手をしばらく見てから、 他の種類の柵やネットと組み合わせながら囲み直したり、 装置を改良したりしやすいと思ったのだ。 期待通りに使えればいいのだが。

小さい畑では朝両親へのプレゼントにオクラと枝豆を収穫。 午後生れて初めて除草剤を使用。 使ったのはグリホサート系で「マルガリーダ(丸刈り〜だ)」という変な名前の商品。 軽トラックの駐車スペースとその周りの雑草にじょうろで稀釈液を振り掛ける。 農薬散布専用の、穴が3列しかない蓮の実を使ったのだが、 意外と液がたくさん出る。 誤って枯らさないよう作物に触らずに退散するのにはちょっと抵抗があった。 無事雑草が枯れ始めたら、 1週間後あたりにレタスを植え付けて、 緑肥の種を蒔く予定。

私は極力耕すのを避ける不耕起栽培をやるから、 畑いじりの始めから除草剤を使い始めるべきだったかなとちょっと反省。 小型電気柵をずっと前に知ってたら、 ビジュノワールの苗が何物かに抜かれた時や、 緑肥とうもろこしに被害が出始めた時に気軽に使っていたかもしれない。 電気柵もワイヤーメッシュ等の物理柵同様畑全体を囲む大掛かりなものしか無いと思い込んでいたのは残念。

chestnut20120923

昨日拾って物置に入れておいた栗はいがが開いてラッキー。 売物になりそうなくらいきれい。

sesbania20120923

雑草ともみ合いながら唯一伸びた緑肥のセスバニア。 高さ1.4〜1.5メートル。 来年は上手に除草剤を利用して育てよう。

穴埋めと植え付け

夜一度寝てしまったので、 簡単に更新。

今日は午前中葡萄畑でイノシシの掘った穴を埋める。 土壌改良とイノシシ避け(ちょっと驚かせるくらい)に消石灰を軽く振り掛ける。

午後は梅雨以来久しぶりに野生葡萄(キクバエビヅル)実生苗を畑に植え付ける。 燐酸補給のため骨粉とイノシシ避けに犬猫用忌避剤を土に混ぜておく。

shinshuuoosoba20120924

小さい畑に蒔いた信州大そばは膝の高さ近くまで成長。 日々冷えてオクラの実の成長がゆっくりに。 除草剤はまだ効いてない。

カトレア系3種

Pot. Memorial Gold 'Canary' 20120924

実家でポチナラ・メモリアルゴールド「キャナリー」が昨日開花。 植え替えたい…

Blc. Haw Yuan Beauty 20120925

実家では今日Blc.ホーヤンビューティーも開花。 長崎市のある園芸店で処分品として購入。 杉皮植えのままで健気に何度も咲いてくれてありがたい。 これも植え替えたい…

Dial. Snowflake 'Frosty' 20120925

幸運にもネットオークションで落札できたダイアレリア・スノーフレーク「フロスティー」が届く。 ダイアレリアは30年ほど前園芸雑誌や書籍で見て欲しかった蘭。 株の姿が片親のレリア・アルビダにそっくりで当時このレリアを育てたことを懐かしく思い出した。 清楚で美しいけど、 確か花が長持ちしないのが欠点。 昨今はこれを交配親としたミゾグチやヴィレッジチーフ・パルファム(栽培中)が人気みたい。

初めての電気柵

electric fence 20120926

大きい畑のビジュノワール区画を生れて初めて電気柵で囲った。

午前中3時間かかって目印綱と杭でフェンスの杭と絶縁ポールを立てる箇所を決めて除草。 昼間宅配便で電気柵セットが無事到着。 午後4時間かかって電気柵を立てる。 テスターが無いので本当に柵が通電してるか分からない (ワイヤを握って確かめるのはちょっと)。 例え電気柵が正常に動作しても、 隣の野生葡萄(こちらも近日電気柵で囲う予定)をイノシシが荒らし兼ねないので落ち着けない。

今回利用したのはニュージーランドのガラガー社の製品。 電源ユニットや資材の作りが精巧ではなくて、 使い慣れなくて組み立てでちょっと苦労。 日本製品の優秀さを改めて痛感。

慣れない作業をひねもすやってすっかり疲れた。 明日の畑は如何に?

悩ましい

昨日から電気柵で囲ったビジュノワール区画は被害が無かったけど、 先日植え付けたガネブ実生苗1株が根ごと掘られてお星様に。 あと、昨日はソルゴーの熟した穂もまた食われた。

今日から野生葡萄を電気柵で囲む準備開始。

午前中2時間かかって畑の北を通る小路手前の土手を除草。 午後この土手に電気柵のガラス繊維ポールを立てようとしたら、 どこも10センチくらいしか刺さらず。 どうもこの土手はコンクリート製で、 長年経つうちに土が積もったらしい。

電気柵を土手と畑の境に立てると、 獣が(鼻で)電線に触れても土手に電流が逃げにくいので不可。 なので野生葡萄の近くにポールを立てることにしたのだが、 獣が土手から滑って柵を越え兼ねないので、 土手と電気柵の間をイノシシの体長である2メートルくらい開けねばならない。 土手に一番近い野生葡萄を柵の外に出さねばならなくなった…

野生葡萄の区画は畑の中を通る小路跡から斜面を2メートルほど下ったところにある。 下り斜面に電気柵を立てると獣が突進してしびれながらも柵から侵入するおそれがあるので、 電気柵は小路跡の端に通すことにした。 小路跡の反対側はビジュノワール用の電気柵が走ってて、 電気柵2組を立てたら小路跡に1メートルくらいの通行スペースが残ることに。 柵の効率悪いし、草刈も大変なんですけど、 それにまだ小路跡にポールが十分深く刺せるか未確認 (小路跡が舗装されてませんように)。

とにかく無事に野生葡萄を電気柵で囲めますように。

okra20120927

今朝採ったオクラ。 真ん中の実の全長は13センチ。

ラビアタ・ルブラ2種

C. labiata fma. rubra 'Schuller' x 'Ching Hua' 20120928

実家でカトレア・ラビアタ・ルブラ「シュラー」x「チンホァ(清華)」が三度目の開花。 花びらが細くてどこか野趣がある。 この実生株を2年前都内のある蘭園で買ったのがラビアタ系カトレアにはまるきっかけに…

C. labiata fma. rubra 'Schuller' 20120928

ネットオークションで破格の値段で落札した「シュラー」、 つまり実家の株の片親が今日届く。 メリクロン(私はオリジナル株分けと区別しないけど)で、 開花後鉢からはみ出た部分を切り取って植え替えしたそうなので、 うまく育たないおそれがあるとしても、 入札したのが私だけなのは正直納得が行かない。 ともかくうまく育ちますように。 ちなみに背丈約20センチ、NS 8.5センチ(半開き)、 葉付きバルブ4本、葉無しバルブ3本。

今日は午前中用事と農業資材の購入のため軽トラックでドライブに。 午後から大きい畑で野生葡萄を電気柵200メートルで囲む準備をしたのだけど、 柵を立てたい箇所が矩形でないし、除草してないしで、 柵で囲うのに丸2日はかかる。 こんな時に台風が接近中。 前回の台風以来イノシシが葡萄畑をまるで爆撃したかのように荒らし始めたので、 畑が気になってしょうがない。

前回の台風最接近時は新月のため大潮、 今回のは満月のためまた大潮のため、 海沿いにお住まいの方々は気をつけてください。

今朝の小さい畑と電気柵仮設

台風接近に伴い雨が本降りになる前にオクラを摘みたくて、 朝小さい畑へ。

Crotalaria 20120929

クロタラリア(ネマクリーン)が咲き始める。 大きい畑では昨日開花。

shinshuuoosoba20120929

信州大そばは順調に成長、開花中。

オクラにたかった青虫が大きくなって葉をどんどん丸めて食べてた。 このままだと葉に光が当りにくくなるので、 葉を手で開き、溜まった虫の糞を払いながら青虫を地面に落とす。 またオクラの株に登ってくるか、 それとも地面でカマキリや蛙の餌になるか。

10時に大きい畑へ行ったら、 ガネブの区画をまたイノシシが派手に掘ってた。 野生葡萄が掘られてやられるのに耐えられず、 狭く電気柵で囲むことに決めたのだけど、 11時に雨がひどくなったので退散。

今朝の天気予報では午後4、5ミリ雨が降るはずだったのに、 午後3時過ぎ雨がほとんど止んでしまった。 そこで急遽再び大きい畑へ。 野生葡萄をとりあえず電気柵で囲む。

後々は周囲200メートルを地表から20センチと40センチの電線で囲みたいのだけど、 今回仮設した電気柵は周囲100メートル未満で、 電線は地表から40センチの1段だけ。 派手に穴を掘る大人のイノシシの鼻に当るので効果は多少はあるはず。 電線を張る碍子やクリップの数が半分のうえ、 電線下の雑草を多少残して除けるので、 短時間で電気柵を張れたのだ。

先に電気柵できちんと囲った欧州系葡萄の区画は今のところ被害は見られないけど、 代りに隣の野生葡萄の区画をイノシシが掘り出した。 これはつまり獣害対策は畑を柵で囲っても解決からは遠いということ。 天気が回復したら、 再び畑の周りの藪や笹を刈って、 低木を伐採したり枝打ちしたりして、 獣の潜み場を無くさねばならぬ。 一方で早く野生葡萄の実生苗を植え付けたいし、 ナギナタガヤやヘアリーベッチの緑肥の種蒔きもしたいし、 野外で野生葡萄も探したい。 ああ時間がもっと欲しい。

こちら島原は台風の西側で風雨は弱いようだけど、 台風の進路に当る所、 取り分け海沿いにお住まいの方々、 気をつけて良い週末を。

台風一過、電気柵2組

台風通過中畑を見回ったが、 どちらも無事。 大きい畑ではイノシシの害は無し。 普通雨の後は被害が酷いので、 やはり電気柵が効いてるのだろう。

electricfence20120930.jpg

昨日野生葡萄を囲った応急の電気柵。 ワイヤの高さは地表から40 cm (大人のイノシシの鼻の高さ)。

今日は野生葡萄を囲った電気柵のワイヤを地表から20、40センチのダブルにする。 今後は手元にある野生葡萄実生苗全てを植えられるよう囲みを拡げる予定。

ビジュノワール区画の電気柵の電源部の通電がいまいち。 いじって直すのに半時間ほどかかってしまった。 電池は入れたら外れやすいし、 蓋は全天候型にしてはスナップで嵌めるやり方で簡素過ぎるしで、 ニュージーランド製は粗雑でやだなぁ。 かといって日本製の電源部は学校の理科実験の備品みたいで洗練されてない。 ワイヤ下の雑草コントロール同様、 電気柵の通電もこまめにチェックせねばならない。

昼は最寄りのホームセンターで除草剤5リットル(畑50アールをカバー)や、 稀釈用の水タンク23リットル4個と電気柵用の単1電池1ダースを買って来る。 明日天気が良ければ畑に除草剤を撒いて緑肥の播種に備えます。

あと夕方エキナセアをプラグトレイに播種。 苗ができればいいが。

プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター