実家の蘭2株

今日も朝畑で草刈り、 台風接近のためか午後強風。 そのため蘭を室内に。 話題に困ってたら幸運にも実家の蘭2株開花。

実家の胡蝶蘭20120731

昨日開花した名無しの胡蝶蘭(たぶん交配種)。

実家のNeost. Lou Sneary 'Purple Eye' 20120801

こちらは今朝開花したネオスティリス・ルースネアリー「パープルアイ」。 風蘭系交配種でトロピカルの雰囲気がたっぷりあって暑さ寒さに強くて育てやすいので、 私のお気に入りかつお勧めの1つ。 母によると香りがきついほどだそうです。

海沿いは朝から猛暑

小さい畑にだいぶ雑草がはびこってきたので、 朝草刈り。 つばの広い麦わら帽子を被ってちゃんとこまめに水分を取ったのに、 頭が痛くなってきたので1時間半ほどで退散。

ツルムラサキ20120802

ツルムラサキは枝分かれし始める。 まともに収穫する最初の作物になったかな。

甲州とうもろこしと白糯とうもろこし20120802

甲州とうもろこし(手前)と白糯とうもろこしは株が成熟。 無事実りますように。 株の下の雑草は日が当たらないのか元気が無い。

オクラ花20120802

草刈りするうちにオクラが開花。 株は私の脚の高さくらいしかない。 最近の品種は小柄なのか?

オクラ実20120802

若い実が1つ成ってた。 小指の節2つくらいの長さしかない。 無事収穫できれば嬉しい。

エビヅル挿木に蝶20120802

夕方家のエビヅル挿木に蝶が休んでた。

暫く草刈りだけの日々が続きます

雨が降るまでは畑ではほとんど草刈りしかできない。 今朝は大きい畑でビジュノワール栽培予定区画に背高く茂ってるセイタカアワダチソウや笹などを、 まだ一部だけだけど、 根元から鋸鎌でばっさり切断。 日蔭を選んだので体力をそこそこキープできる。 青々茂った雑草は見てうんざりするけど、 根っ子に養分が少ない今は除草の好機。

日差しが強くなって暑くなる11時までに退散、 シャワーを浴びてゆっくりブランチを取って薄くエアコンを効かせた部屋で休みながら読書したりネットでチェスのパズルを解いたりするのは楽しみ。 昨日から夜は南アフリカとイングランドのクリケットの試合をBBCのネットラジオ中継で聞いている。

粉砕緑茶20120803 粉砕緑茶201208032

先日購入したミルで挽いた煎茶を毎日よく飲んでる。 栄養満点なので夏を乗り切れそう。

夏野菜収穫

今日も大きい畑で地味に草刈り。 相変わらず暑いけど、 日蔭に入るとそこそこしのげた。 その後小さい畑でささやかな収穫。

小さい畑のクロタラリア20120804

一昨日からクロタラリアが可愛らしくもなくなった。 何だかちょっと花を終えて育ち始めたミズバショウを連想させる。

小さい畑での収穫20120804

ツルムラサキ(ジプロック入り)と空芯菜を収穫。 初めて摘んだ空芯菜は茎が太くなって固かった。 でも考えてみれば不耕起栽培で初めて背が高くならず、 蔓にもならない作物なのでめでたい。

今日はお休み

予報では明日から曇の日がしばらく続くらしいこともあって、 今日は無理して畑へは行かず。 代わりに次蒔く緑肥を決めたり部屋の整理でもしたりしようと思ったら、 最近再開したチェスのパズルを解くのにほぼ終日はまってしまったorz 連日ほぼ晴天だけど、 幸運にも夕立で3ミリほど降雨。

今日はこれといった話題が無いので水事情でも書きますか。 うちは安い井戸水を利用してるので湯水のように水を使うこともできるけど、 水事情の悪い長崎市やその周辺や地中海性気候の乾きやすい土地で過ごしたので、 節水すると落ち着くのです。

具体的には生活廃水をフル活用している。 シャワーを浴びるとき始めに出る温かくない水は大きい洗面器に貯めて、 これは洗濯や蘭の水やりに使う。 石鹸やシャンプーを使わないときは方形のたらいに乗ってシャワーで浴び、 溜まった湯はさまして主に苗に水やり。 その他炊事等で出る、洗剤分の少ない生活排水も生ごみ用の大きいポリバケツに溜めて、 トレニア等の庭に撒く。 植物への水やりに、わざわざ水道の蛇口をひねって出た水を使うことはほとんど無く、 連日晴れた夏でも週に10リットルもあるかないかと思う。

私は大体月に水6立米を使うから年に72立米。 年降水量を2000ミリ、つまり平米あたり2立米とすると、 36平米の土地があって溜めた水を腐らせなければ上水は要らなくなる。 36平米は大体11畳くらいだから、 一戸建てに住んでたら2、3人分賄えることになる。 日本は水に恵まれてるんだな…

またやられた

昨日家に籠ってたので、 今朝は早く畑に行ったら…

緑肥とうもろこし食害20120806

緑肥とうもろこし十数本が食害。 どうも軟かい髄が狙われたみたい。 そのくせ食べ残しが多くて腹が立つ。 とうもろこしはどんどん株が固くなるので食害は減りそうだけど油断できない。 境に枯木等を置いてバリケードにして、 クズなどの雑草を障害物にするためわざと刈らずに残す。

緑肥とうもろこし20120806

緑肥とうもろこしの何株かには雄花の穂が出現。 朝日に透けて株が美しい。

セスバニア20120806

緑肥とうもろこしの近くにはセスバニアが芽生えて大きくなってきた。 背高く繁りますように。

立秋ですね

立秋は秋の始まり。 秋は収穫の時。 雑草も同様、 今日以降刈ればもうほとんど再び生えないと期待。 大きい畑で今日も草刈り。

エビスグサ20120807

葡萄区画に蒔いたエビスグサが開花。 蒔き方を変えて二度種蒔き(のべ300 gくらい)したのに多くて20株しか生えず。

オクラ20120807

帰り小さい畑に寄ったら3日前5センチくらいの長さだったオクラが18センチくらいまで育ち過ぎていた。 撮影後試食、確かに固かったけど市販の断面が5角形のオクラより筋張ってはいず、 何とかおいしく頂けた。

午後の畑いじり

昨夜飲み過ぎたし、 今日は曇だし午前中荷物が届くかもしれなかったので、 今日は午後大きい畑へ。 鋸鎌であちこち草刈りしたら、 2時間以内で汗で全身びしょ濡れ。 やはり午前中が良かったのね。 防虫スプレー吹いてもアブがまとわり付いて困った。

家の周りは曇だったが畑はにわか雨が降って少し表土が湿ってた。 ソルゴーの種も持って来れば良かった。

ミニバラ20120808

確か梅雨前に苦土石灰と骨粉をやってからミニバラがずっと開花中でありがたい。

収穫は突然に

今日は朝から小雨。 気象庁のウェブサイトによると島原では0〜3.5 mmくらい降ったそうだけど、 軽トラックのシートに溜まった雨水から推測すると昨日から最低6ミリは降ったんじゃないかな。

小雨は午後3時前上がり、 そんな時に限って昼寝。 4時過ぎに小さい畑へ行って、 連日の晴天のためずっとポリポットのままだった空芯菜と四角豆の苗を植え付け。 ふと辺りを見回すと、 甲州とうもろこしの株が黄色み始めたような…と思ったら皮が黄色い実があるので、 急遽収穫。

甲州とうもろこし初収穫20120809 甲州とうもろこし初収穫201208092

甲州とうもろこしは今日8房収穫。 日本古来の品種で実の固いフリントコーン。 実のオレンジがかった黄色を見ると元気が出そう。

小さい畑のナナフシ20120809

ナナフシが軽トラックに留まってた。

シンテッポウユリ蕾20120809

終日雨だった場合に備えて撮った画像その1。
家の周りに勝手に生えたシンテッポウユリが蕾を膨らませてる。

カレー20120809

終日雨だった場合に備えて撮った画像その2。
冷蔵庫の中の野菜(マイタケ、キャベツ、茄子と玉葱)の処分を兼ねて久しぶりにカレーを作る。 肉の代わりにあごだしパックでだしを取った。 カレールーはエスビーゴールデンカレー「ばり辛(夏期限定)」。 米は贅沢品のバスマティでカレーにばっちり合う。 カレールーがサラサラしてたら最高だけど、 おいしくて2合炊いた米が消える。

小雨は雑草に

予報では終日曇だったのに、 実際は昼を過ぎても晴れ。 ただし今日はちょっと過ごしやすく、 エアコンを点けなくて何とか過ごせた。

今日は結局3時に大きい畑へ。 昨日まで降っただろう雨は葡萄畑の雑草に吸われていた。 明日雨がまた降るかもしれないので、 三尺ソルゴーの列の空いている箇所に追加の種蒔きを済ませ、 ガネブやビジュノワール株の根元を一部除草。 立秋を過ぎたのにまだ雑草に勢いがあるのでちょっと参ってしまう。 でも作物が無事だったのでありがたい。 緑肥とうもろこしは遠くからでも雄花の穂が見渡せ、 近くに寄ると雌花が開花してた。

虎豆鞘20120810

昨日小さい畑で収穫したのは甲州とうもろこしだけではなかった。 オクラ2本とこの虎豆の鞘全部。 どうもちゃんと実った鞘もあるような… 十分乾いた後この日記の話題に困ったら中身を出そうかな。

充実感は得たけど…

今日は曇一時雨後晴と予報が困難な天気だった。 昼前家から3キロほど離れた小さい畑で甲州とうもろこしとオクラ1本をゲットして来たのだが、 家を出るとき遠雷、 畑に着いて雨脚が激しくなったので収穫後すぐ脱出したら、 数百メートル離れた所では雨が降ってなかった…

蒸し暑くて体力を削がれて昼寝してから大きい畑へ。 最近の小雨を吸って伸びた雑草を刈って野性葡萄を植え付ける準備をして来る。 蒸し暑くて何度Tシャツを絞っただろう?

シンテッポウユリ20120811 庭に勝手に生えたシンテッポウユリ5輪が開花。 萼の後ろが褐色なのは片親のタカサゴユリ--名前から台湾産と分かるね--譲り。 でもきれい。 南アフリカでは雑草扱い。

食害三度

昨日の3時間近くの草刈りは体に負担がかかったのか、 今朝は8時前と遅く起床。 飲み過ぎた翌日でも6時前に起きるのに(昨夜も結構飲んだ)… 今日は午前中小雨の予報だったこともあり、 昼過ぎまで家で十分休む。 雨も完全に上がったので大きい畑に行ったら…

緑肥とうもろこし食害20120812

緑肥とうもろこし15株ほどが食害で倒されてた。 のべ45株くらい…小さい畑のとうもろこしだったら全滅する数字。

甲州三尺食害20120812

葡萄の区画では甲州三尺が丸裸に。 隣の葡萄はやられてないのに…

とうもろこしは腰の高さで食いちぎられてた。 甲州三尺は野兎のような食べ方だけど野兎は成長した葉は食べなかったし、 切り口がもっと鋭利。 …鹿?

落ち込んで酒を飲む気にもならず(久しぶりの休肝日になって良かった)。 でも作物の被害にはだいぶ慣れた。

甲州三尺は畑の隅ではなくかなり中に植えてある。 そばの小路跡(除草中)を越えるとガネブが植えてあるが、 こちらには今までコガネムシ以外ほとんど食害が無い。 ビジュノワール等の醸造用品種の株をあと150本注文しようかと考えてるが、 食害を考慮すると野生葡萄の株を増やした方が賢明かな…

とうもろこしの方は障害物として置いた太い枯れ枝が少しは役立ったみたい。 食われた株もわざと障害物として残して、 畑の他の箇所で刈ったクズも敷いてる。 次回播種するときは、 倒れにくく、 まだ食害が認められないソルゴーで囲おうかとも思ってる。

そうだ、食害に関して興味深いことがある。 それはハーブ(香りのある植物)は食害に遭ったことも掘られたり抜かれたりしたこともないこと。 そしてどうも葡萄の株も根元にヨモギやハマスゲ?が茂ってる所は明らかな被害は思い出さない。 少なくとも今年は雑草管理や除草が大変だけど、 雑草のコントロールができてにおいのする草を作物のそばに生やせるようになれれば、 柵や障害物が無くても結構食害を免れるかもしれない。

無事が一番

今日は雨が降ったり止んだり青空が見えて薄日が差したりとひねもす天気不安定。 荷物の受け取りを済ませて午後大きい畑へ行ったら雨に降られ、 作物の無事を確認して気が抜けながら退散。 山を降りると雨が止んだので、小さい畑へ。 甲州とうもろこし1本を収穫して、 気が付いたら2時間ほど雑草を刈ってた。

庭のクロタラリア20120813

庭のクロタラリアが昨今の雨でまた成長、 雑草のメヒシバを被って制圧。

庭の白クローバー初開花20120813

庭の白クローバーが初開花。 半年前は剥き出しだった粘土質の土しか無かったことを思い出すと、 こんなみすぼらしい花も咲いてほんとにありがたい。

雨漏り、朝寝、昼寝後畑いじり

立秋を過ぎて少しは過ごしやすくなったけど、 相変わらず蒸し暑い。 うちのお隣2件が初盆で親戚の方々が集まって少し賑やか。

昨日はまたよく飲んでしまい、 未明に目覚め、 朝雨漏りの音で目覚め、家の中を見回って疲れて朝寝と昼寝。 終日家に籠りたかったけど、 やはり作物が心配で午後4時過ぎ大きい畑へ。 幸い無事。 体調がいまいちだったこともあり、 今日はゆっくりナイロンコードで葡萄の区画を一部草刈り。 匂いがするためかどうも獣の食害を防ぐ効果があるようなヨモギやハマスゲ?はリッピアやエビスグサ(だらだら発芽、成長中)同様残すようにしている。

小雨がぱらついて来たので退散、 帰りに小さい畑に寄って甲州とうもろこしとオクラを収穫。

オクラ20120814

オクラは臍以上胸未満の高さまで茂る。

バジル20120814

甲州とうもろこしの隙間に植えたバジルも十分茂り、 オクラ同様耕起畑に生えてる株と遜色無い。 バジリコは掘った穴に骨粉(土壌中を移動しにくい燐酸の供給源)を薄くふりかけてから苗を植え付け、 どちらも雨の日の前日消石灰や骨粉を株の根元に薄くふりかけただけ。 不耕起栽培はうまく行くと徐々に実感中。

盆が来たとて

日が日々短くなってるためか、 最近起床時刻が遅くなってる。

今日は曇後晴の予報だったのに終日晴。 外は昼なかなか暑くなったので、 夕方近くになってやっと大きい畑へ。 草刈り機では刈りにくい野性葡萄の周りの雑草を鋸鎌で丁寧に刈ったら2時間経ってた。

昨日同様盆で畑への道、 特に農道に駐車や他所から来たような車が多かった。 町の祭がある明日まで運転には気を付けよう。

シンテッポウユリ20120815

家の周りでおばけシンテッポウユリが咲き始める。 画像は昨日撮影したもので、 今日は全体の1/3ほどの蕾が開く。

四度目の食害は勝手が違う

今日は終日なかなか暑かった。 午前中小さい畑で甲州とうもろこし2本、 オクラ5本(最高記録)とツルムラサキを収穫。 一応菜っ葉として食べられる雑草(ベニバナボロギク、イヌビユ、シロザ)も残してはいるけど、 夏野菜は暫く不自由しないで済みそう。

昨夜あまり良く寝付けなかったのだけど、 深酒もしなかったのに、 体調がいまいちで昼過ぎまで結構寝て過ごす。 過去の粗末な経験からこれは自分が世話してるものに何か異状があったとき起きるのだが…

夕方前大きい畑に行って果たして、 緑肥とうもろこし20株以上が食害。 今度は株を丸ごと引き抜かれて若い実が食べられてた。 株が成長して茎が固くなったし実り出したので、 茎の髄には興味なくなったのだろう。 フェイスブックで友達になって頂いてる、 あるワイナリーの方とちょっと雑談して、 どうも鹿の害ではと確信。 だめ元でとりあえず被害の箇所に犬猫用忌避剤を散布。

畑全体を柵で囲う必要が出て来たかと一度は覚悟したけど、 私は年取った(45歳以上)日本人なので新規就農の給付金が貰えないのと、 柵は一度立てたらあまり融通が効かないため、 まずは代りの対策を考えることに。 枯れ枝や雑草の蔓などを敷いて障害物にする他、 香りやにおいのする植物を作物の境に敷く手を思い付く。 ハーブの栽培にはまだ成功してないので、 今使えるのはヨモギ、ハマスゲ?、セイタカアワダチソウ(テレピン油のような精油のにおいがする)やヒノキ(小屋のそばに植林)。 これらを利用してみよう。

とうもろこしの被害が大きいけど、 良いことも2つあった。

八列とうもろこし20120816

大きい畑の隅に植えてあった、 瀕死の八列とうもろこしを初めて収穫。 フリントコーンでロングフェローと呼ばれる米国の品種と同一らしい。 世界的に稀少な品種なので、 今回は食べるより種を採るのを優先。

サンカクヅル水源地産20120816

サンカクヅル区画を今日は丁寧に除草したのだが、 長崎市のある水源地近くで採集した蔓を切断、 8本挿木して初めて芽生えを確認。

雑草のコントロールもまだまだの畑で野生葡萄が急に育ち始めた。 醸造用葡萄苗の成長が芳しくなく、 ちゃんと育てるために柵等の資材のコストが発生するかもしれないので、 あと150本の購入を考えてる欧州葡萄株の代りに被害の少ない野生葡萄を植えようか迷ってる。

猪来ました

軽トラックの6ヶ月点検を受けに島原市内へ行く途中大きい畑を見回ったら…

緑肥とうもろこし被害20120817

緑肥とうもろこしの区画に通路が。 猪にやられた。

クレーター20120817

ビジュノワール区画には4つか5つ爆撃したかのような掘った跡が。 葡萄の木には被害は無かったものの、 ショックは大きい。

車の点検の後家でちょっと昼寝して休んでから、 穴を埋めたり畑の隅のイノシシが通った跡を草刈りしたり、 猫用だけど忌避剤を撒いたり。 全身びしょ濡れでTシャツを絞ったら本当に地面に水溜まりが。 飲料水1リットルは2時間足らずで消費。 このままだと気分が悪くなりそうだったので、 まだ明るかったけど大人しく退散。

夏場は雑草を刈るのに良い時期だけど、 また生えにくいように鋸鎌で丁寧に刈ったのは良かったけど、 草刈りが遅れてしまい、 獣の隠れ場を作ってしまった。 おまけにどんなに休憩と水分補給を取っても野良仕事は3時間が限度。 明日からは暫く、昼間一度家で休んでも日に二度草刈り、 造林鎌や三角ホーで雑だけどばっさり草刈りします。 その一方でワイヤーメッシュや柵の設置を検討します。

車の点検を待ってる間、 メーカーの50年特集の古いムックを店で眺めた。 この車のメーカーの創業者は戦前からすごいことをやってて、 例えば戦時中手作業で1個1週間かかって作ってた飛行機のプロペラを1時間に2個作る機械を発明し、 政府(軍だったかな?)に表彰されたそうだ。 大企業の創立者はやはり偉大だった。 もし本田宗一郎が就農してたら一体どんな偉業を成し遂げてただろうか…

デイジーカッター

獣対策として畑の茂った雑草を急いで刈り払うため、 暫くは日に二度畑いじりをする予定。 ガス代かかるけど背に腹は代えられない。

昨日応急の対策(主に猪の侵入経路の草刈り)が功を奏したか、 今日は作物は無事。

被害の多い緑肥とうもろこしと畑の隅の間の薮からまず刈り払う。 カラスウリやクズの蔓が造林鎌に絡み付いて困った。 そしてある大事なことに気付いた。 蔓の茂った所は私は敬遠していたのだ。 一番大きい理由は草刈り機を使うと蔓がロータの隙間に入って止まってしまい、 何度もストラップを外して蔓を除かねばならず、 作業にならないから。

そこでまず蔓を寸断したり引き抜いたりすることに決めた。 造林鎌の刃を地面に向けて地面に線を引くようにして蔓を引き裂く。 気が済むまでやったら放っておいて、 蔓や雑草が枯れてきたら (今のような暑い時期は半日でも萎びる) 除いてさらに草刈り。

今日は畑の隅、 作物と畑の境にある林の間の薮を大雑把に刈り払う。 薮をいじると猪は用心して暫く侵入をためらうはず。 刈った草や笹や蔓は軽く固めてとうもろこしの境に置いて障害物に。 効果は分からぬが、 やらないよりはましかな。

今日は午前午後のべ二回畑を往復。 作業時間は各2時間半くらい。 各1リットルずつ水を消費。 体調を損なわないよう無理は避ける。

curry20120818

汗で全身びしょ濡れのため無理に畑の画像を撮る代りに昼ごはんを撮影。 また冷凍冷蔵庫の残り物でカレー作り。 材料は玉葱、茄子、トマト、椎茸、鶏胸肉(煮込んでだしを取ってルーを入れる前取り出す)。 エスビーゴールデンカレーの夏期限定品「バリ辛」をまた使用、 おいしい。 米はバスマティ。

デイジーカッター2日目

今日も大きい畑を2往復して造林鎌で藪などを草刈り。 蔓が被った箇所を造林鎌でくしけずるようにしただけで、 結構雑草が萎びてしまうのが面白くはある。 薮を刈り払ったり雑草を痛めつけてるのが功を奏してるのか、 ここ2日間作物の被害はほとんど無い。

刈った雑草を集める熊手を買いにホームセンターへ。 爪がまばらに付いてて使いやすそうな浙江省産を買ったけど、 作りが雑で298円と高い。 ストばかり起きて賃金上がってしょうが無いし、 もうあの国から日本企業は引き揚げた方が良いんじゃ (民事訴訟法231条で出国できなかったりして)。

草刈りに重宝する造林鎌は父からの借り物だが、 これは刃がまるで鈎のようになってる「昇り型」とか「九州型」と呼ばれてるもの。 樹の枝を見上げながら刈るのには都合が良いのだろうけど、 平地で草刈りするには普通の鎌の刃に形が似た「ナギ型」の方が使いやすいはず。 おまけに手持ちの造林鎌は片刃だが、 個人的には左右とも振り回せる両刃の方が好み。 ホームセンターに金象印(高品質で使い良いブランド)があったけど、 柄の長さが90センチと短過ぎたので、 今日ネットショップで使いやすそうな製品を探して注文。 草刈りが楽になったらいいな。

seeds20120819

そばとライ小麦(緑肥用)の種をタキイのネットショップで入手。 穀物収穫できればいいな。 そばは今月末小さい畑に蒔きたいけど、 あちらも草刈りせねば。

「信州大そば」は4倍体の選抜種で丈夫で収穫も多いそうだ。 袋裏にある栽培方法が丁寧かつ詳細で、 そばを作ってみたい方にお勧めと思う。

昨日今日の表題「デイジーカッター」は「雑草を刈るもの(人や物)」の意味。 今はどうも破壊力の凄まじい爆弾の名前のようだけど、 野球やクリケットではゴロや低くバウンドする球の意味。

一休み欲しいな

3日連続日に二度畑へ。 さすがに疲れたので一休み欲しいな。 朝大きい畑へ行ったら日が照ってなかなか暑かったので、 主に木蔭の草刈り。 夕方大きい畑へ出かけようと思ったら雲行きが怪しかったので、 暫く待ったら夕立も無く天気が回復。 時間があまり無くなったので代りに小さい畑で草刈り。 そば蒔けますように。

weed20120820

若いセイタカアワダチソウが行儀良く茂ってる平坦な箇所ばかりなら、 造林鎌で地面すれすれでゆっくり円を描けば画像のようにきれいにきれいに刈れるのに。 この昇り型(九州型)の造林鎌だと刃先数センチしか草刈りには使わないけど、 かえって刃に力を入れられてナギ型よりうまく行ってたりして。

一区切

猪に畑を荒らされてすぐ畑の周辺の薮を刈り払い始めて4日経ったけど、 獣害がぴたりと止んでる。 猪も鹿もこちらを観察中?

手持ちの野生葡萄実生株を植えるスペースの草刈りをやっと今日大雑把だけど完了。 そんなこともあって今日は久しぶりにワインを開けて楽しむ。 種類はポルトガル酸の「緑ワイン(ヴィーニョ・ヴェルデ)」。 アルコール低めで微発泡の白ワインで、 安いけどバランスが取れた良いワインで蒸し暑い今楽しむには最高。

cicada20120821

夕方小さい畑で草刈りしてたらイヌビユの大きい株(食用にわざと残してる)にクマゼミが事切れて止まってた (眼が濁って脚が宙を掴んでるのに注目)。 こんな往生もあるのね。

宅急便2点

暴飲暴食してないのに、 今日は体調がいまいち。 そのうえ昼間着の宅配便と月に一度のちり紙交換車を待つ --資源ごみを家の前に置いて外出しても良いのだけど、 回収者のトラブルやストレスを避けるためやはり手渡ししたいのだ--ため、 畑いじりが遅れる。 雑用が済んだらにわか雨の中買物に。 その後睡魔に襲われて昼寝、 結局大きい畑へ行ったのは雨が上がった夕方。 でも作物の無事が確認できて良かった。

宅急便で届いた品物は何かというと、

造林鎌兼用20120822

注文した造林鎌が届いたと思ったら、 これはナギ型と昇り型の中間の兼用ではないか! 早速ネットショップに電話、 商品の交換を申し込む。 草刈りが2日遅れてしまった。 「兼用」というと便利に聞こえるけど、 枝打ちではなく地面の草を刈るのには刃が重過ぎる。 ちなみに刃の重さはこの兼用造林鎌では450グラムというからほぼ1ポンド、 注文したナギ型では375グラムつまり100匁なのが興味深い。

L. briegeri 'Maria Christina' x self 20120822

ネットオークションで落札できたレリア・ブリゲリ「マリア・クリスチーナ」のセルフ実生寄せ植え苗。 人気と思ったら入札は私だけだったのでラッキー。 ブリゲリは30年くらい前から関心があったので、 手に入れられて嬉しい。 それにしてもこの株バンダ系に見えるんですけど。

今日の小さな出来事

clover and weed 20120823

庭に種を蒔いた白クローバーが立派に青々と成長。 画像右に見えるのは雑草のメヒシバでクローバーの進出を抑えてる。 アレロパシーを持ってるのはセイタカアワダチソウだけじゃないとよく分かる。

白糯とうもろこし20120823

今日小さい畑で育ててる甲州とうもろこしの収穫を終え、 白糯とうもろこしを初収穫。 種を取ろうか煮て食べようか迷ってる。

件の造林鎌は再配送中また品物を間違えて再々配送となったので、呆れた。

1週間ぶり

二度目の猪来襲。

maize20120824

デントコーンに通りができてしまった。 この区画いつまでもつか… 若い実が食われてるので実が熟したら被害が減るかも… 中に結構スペースができてしまった。 外からとうもろこしの株で中が見えないので、 たぶん内側から猪は食い荒らしていくのでは。 忌避剤を撒いたけどすぐにおいが消えてしまうので効き目は弱い。 ハーブが大量に生やせればいいのに (獣はハーブを避けるようだ)。

幸い葡萄には被害無し。 それに侵入経路が少なくなったみたい。

sorghum20120824

前回同様畑と小路の境にある三尺ソルゴーが倒れてた (画像中央、私が一度立てたけどまた倒れた)。 猪はここを通過したようなのだが、 近くに障害物の無い箇所(畑を通る小路跡)があるのに不思議。 もっと不思議なのはここから畑に入るとガネブが植えてあるのに、 いじられた跡が全く無いのだ。 ソルゴーの周りは少し草刈りしてたが、 改めて刈る。

ソルゴーの後ろには笹薮があって、 屈んで見ると獣道のようなものが。 今日はこの薮を主に刈る。 この笹は以前造林鎌で中途半端に刈ってしまったのだが、 根元に太い笹の切り株があって鎌で切りにくいうえ、 以前刈った笹が枯れて埋もれているので刈りにくい。 最初きちんと根元から剪定鋏で刈るべきだった。

農文協の獣害対策の書籍3冊(うち2冊は最近購入)を興味深く読んでるが、 獣の生態(種類によって違う)や予防策を知ることの大事さを再確認中。

バックアタック

予想していたが三度目の猪アタック。

maize20120825

今回の食害が今までで一番酷く、 緑肥とうもろこしの区画のべ数分の1くらいが被害。

もうとうもろこしの若い実の味を知ったので、 柵やネットを立てても(気休めにネットは一部張ったが) 猪の被害は避けられまい。 そうなると猪の侵入路を邪魔して畑に近寄れなくする他は無い。 という訳で畑の境から隣--ここはちゃんと管理されてない分譲住宅予定の跡地-- までメスを振るうことに。

bush20120825

まずは畑の境にある笹藪を鋸鎌で刈ってしまう。

hoghole20120825

どう見ても猪の掘った新しい穴を発見。 腐った木の根を持ち上げてたぶん虫かミミズを探したので分かりやすい。 初めて畑以外で猪の痕跡を見つけたので嬉しい (迷わず猪対策ができるので)。 とりあえず刈った笹や草で埋める。

ebiduruinthebush20120825

猪の掘った穴のそばに何とエビヅルを発見。 この畑にはガネブを植えるべきとの天のお告げかも。

scythe20120825

昼一度帰宅。 注文してたナギ型の造林鎌がやっと届く。

新しい造林鎌を持って早速畑隣へ。 笹藪に隠れるように獣道が縦横に走ってるのを発見。 これではやはり畑がやられる。 すぐに造林鎌を振るって薮を半分ほど刈ってしまう。 やはり上等なナギ型はメーカー不明の九州型とは大違いで3倍以上の早さで草が刈れる。 予定通り3日前に届いてたら猪による被害は軽微だったかもなので悔しい。

でも幸運にもマムシやスズメバチの巣は畑とその周りにいないし、 昨日からちょっと涼しくなって3時間以上畑で作業が可能に。 明日の被害はどのくらいかな?

連続3日の来襲

3日連続で猪に畑のとうもろこしを荒らされた。 昨日刈った「笹の広場」の隣からこの猪は畑に侵入したようで、 来年ビジュノワールを植える予定の区画の、 膝くらいまで伸びた雑草が薙ぎ倒されて所々掘られてた。

獣道が縦横に走る畑の隣の藪を今刈り払ってるから向こうは抵抗してるのかも。 しばらく我慢比べになるのか。 ただ日に日に涼しくなって作業時間が伸びてるのがありがたい。

台風15号のせいか今日は強風。 台風の東側はやはり風が強い。 進路附近の方気を付けて。

今日は画像の代りに書籍の紹介。 それは「これならできる獣害対策(井上雅央著、農文協、2008年)」。 獣害対策で真っ先に読むべき良い本。 獣害対策のエッセンスが詰まってるだけでなく、 野良仕事が楽しくなり田畑が何十年も荒れない方法まで書かれてる。 農家から役所、行政の方々全てに読んでほしい。 実家にも送りました。

さあ、いつ止まるか

今日もイノシシに緑肥とうもろこしをやられました。 中に入って見えない所で荒らすのがいやらしい。 読者が食事中だったらごめん…

hogshit20120827

とうもろこしの中で糞までされた。 こちらを舐めてるのではなく、 むしろ失禁気味かも(理由は後述)。

侵入経路を調べたら、 何と目立つ国道沿い。 一応防風のため植えた(しかしまばらに生えた)三尺ソルゴーが所々倒されてた。 ソルゴーに姿を少しでも隠しながら通ったみたい。 そこまでびくびくしながらデントコーンの若い実を食べたい? 今日株も実も黄ばみ始めたよ。 どこまで我慢できるかな?

さて、今日も国道と反対側の、畑に接した住宅分譲跡地の藪を刈りまくる。 獣道に見えるものを相変わらず次々目にする。

beasttrail20120827 beasttrail201208272

笹のトンネルになってるような… そばを見ると…

hogslide20120827

ちょっと土手になってるところにイノシシが滑り降りたかもしれない箇所が。 これら獣道らしき所は撮影後刈り払いました。

笹藪を一昨日から刈って最初は迷路みたいだったけど、 段々空き地らしくなってきた。

畑の中央附近のセイタカアワダチソウも刈る。 今日は台風15号接近のためか曇って涼しく、 ナギ型の造林鎌で草刈りが捗る。 夏の終わりの草刈りは大変だけど、 雑草や笹の根に養分が少ないので草刈りには絶好のチャンスのはず。 空気が冷えてきて空が高くなり始めたら、 独りが好きな私もさすがに一瞬人恋しくなった。

一休みか撤退か

今日は予報では終日雨だったけど、 午前中は曇で3時間ほど畑とその周辺で連日のように草刈りできた。 今日は葡萄の区画に猪に穴を掘られた(株は無事)だけで、 とうもろこしの新たな被害は認められず。 久しぶりにほっとする。

koshusanjaku20120827

先日鹿に葉を全部むしられた甲州三尺が復活。 小さな元気を貰う。 この画像は昨日撮影、 今日ももちろん無事。

結局雨のため畑いじりは休み

今日はほとんど何も頭の中に浮かばなくて畑へ行くのが億劫だった。 予報では午後一時雨だったのだが、 もっと長く降ったらいいのにと思ってしまった。 そしたら二三度出かけようかと思ったら雨が降り、 結局大きい畑へは行かず。 オクラと白糯とうもろこしの収穫のため小さい畑へ行ったら雨脚が強くなったので収穫後すぐ退散、 買物に寄ってから帰路に就いたら一瞬土砂降り。 猪も雨で有明海まで流されたらいいのに。

crotalaria20120829

庭のクロタラリアが伸びてる。 梨の樹に掛けてる蘭が埋もれ始める。

戦いはまだ終わらない

猪が休んだのはやはり一夜だけで、 今朝大きい畑へ行ったらデントコーンがまた損害。 風通し良くなるなぁ… 今度はサンカクヅル区画まで掘り出して(葡萄は無事)、 畑の中の雑草を茂らせた区画にまで糞をされた。 住宅分譲予定地跡とともにその区画も草刈り。 緑肥とうもろこしが全滅するのが先か、 それとも獣の潜む藪が無くなるのが先か?

今日も曇時々一時雨。 午前中は大きい畑でショックを受けながら草刈り。 午後雨が止んだので…今度は小さい畑へ行って、 そばの播種開始。 暫く忙しくなりそう。

ebisuandokra20120830

そばの種を蒔き始めた小さい畑。 他人には草藪にしか見えなくてもオクラ(奥)やとうもろこしやツルムラサキを収穫した、 立派な畑。 手前に見えるのはエビスグサ。 地中深く張る根が私の代りに立派に土を耕しますように。

プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター