画像の登録・管理どうしよう


昨日「楽天フォト」サービスが廃止されたおかげで、
このブログに載せる画像の管理のし方が十分分からないうえ、
楽天レビューに動画を(パソコンから)アップロードするすべが見つからない。



Sc. Fairyland 'Sara' 20120201


Sc.フェアリーランド「セーラ」3輪展開中。


苺酵母増殖中15日目 20120201


苺酵母増殖中15日目。
昨日辺りから「イースト」のにおいが。




島原は昼過ぎまで比較的暖かく、
その後風が強くなって冷え込む。


初雪と氷点下


島原は初雪。
午後少し積もり氷点下(こちらでは極めて稀)。
夕方廊下の気温が3.5℃になって慌てて蘭をエアコンのある部屋へ。



ガーデンシクラメン20120202


ガーデンシクラメンも雪まみれ。




一時は未明の予想気温が-4℃だったが、
今予報を見たら-2℃に更新。
夜泥縄で廊下全てにカーテンを付ける
(プリンタの設定にはまってやるのを忘れてた)。


凍結と破裂


島原は今朝も氷点下でした。
風呂場の濡れたタオルが凍って給湯用の水道管も凍結。
復活したのもつかの間、
共同の井戸(下水のみならず上水も無いと言ったら驚く人がいるかも)の水道管が破裂したので(ポンプを止めて)修理すると大家さんから電話があった。
結局午前中シャワーが浴びられず。



今日も曇であまり暖かくなかったけど、
昼間蘭を置く廊下は7℃くらいまで上がったのでラッキーだった。


初試食


今日は寒さが少し緩みました。
昼間廊下は20℃越の暖かさ。
でも日々や日中の気温の差がひどいので(おまけに冷える日は夜弱いエアコンを入れる)蘭の株も弱り気味。
実家に残すべきだったかな…



昨日出かけなかった反動で今朝は3キロは歩いて買物に。



オオツヅラフジ20120204


途中干からびたオオツヅラフジを発見。
この前の日曜「薬草博士」の話を聞いていたので早速2粒ほど試食したのですが…

イザナギノミコトがエビヅルの代りにこれを女鬼に投げていたら、
黄泉の国を脱出できなかったのは確実と思われました。




スーパーで地場もの朝採りの苺を買おうとしたら、
島原市街から豆腐屋が店を出してたので地場食品を2つばかり買った。



DSCI0077.JPG


これは「イギリス」と呼ばれる食べ物。
由来は南蛮渡来…ではなくイギスという海草が原料だからだと思う
(そもそもイギリスにおいしい食べ物は…以下略)。
イギスに米ぬか、豆腐、人参、ごぼうと調味料や胡椒を入れて固めたもの。
溶け残ったイギスのちょっとプチプチした食感がプチ魅力。


ヒロス20120204


これは「ヒロス」、豆腐入りかまぼこ。
これにも人参や昆布などの海草や野菜も入ってる。




豆類、特に大豆を食べるときは海草も食べないといけないと言われる。
豆に含まれるサポニン(これがあるため豆は主食になれない)を海草が解毒するからだそうだ。
だから外国人に大豆料理を勧めるときは昆布や海苔等も添えるべきだし、
大豆が日本の重要な食材になれたのも海草を食べる習慣があったからだと思っている。


古い民家だから


今日は寒くて雨降りのため終日家にこもったので日記の話題に困った。



木製机20120205


昨日小屋から発掘した木製の机。
何だか小学生に戻った気分。


茶箱20120205


これは押入れにあった茶箱。
炊飯器や電気ポットの台に利用している。


茶箱にあった新聞紙20120205


中に敷かれてた新聞紙。
昭和36年…私まだ生れてません。


シーリングライト・ドロップス20120203


以前紹介した新しい照明にはLED電球(右に見えるのが最新で明るい)を付けて無事愛用中。
このシーリングライト、意外と和室に合います。


ボーベルLED電球20120203


最新のLED電球(昼白色900ルーメン、9.8ワット)は廊下の隅と風呂・トイレにも付けた。
これで真夜中のトイレは恐くなくなりました。




カウツキアナに花芽発見


昨日と打って変わって今日は話題の種がいろいろ出現。
でもまずこれから。



レリア・カウツキアナ20120206


ガストルキスさんの昨日の日記を拝見、
うちのももしかして…と思って株を見てみたら…
花芽が隠れてました!
蕾はまだ1 cmあるかないか。
無事咲いたら嬉しい。




ozikoさんのウェブサイトによると、
カウツキアナや近縁種のハーポフィラは水を切らすと不機嫌になるという。
実家では根腐れ防止のため鉢を乾かしやすいのでこちらに持って来た。
私が持ってる唯一のオレンジ花を咲かせる蘭。


酵母液とパン種


昨夜は雨降りだけど暖かかったので蘭は廊下に放置。
明け方の最低気温は10℃。
いつもこうなら世話が楽なのに。
昼間は17℃くらいで夕方冷え込んだので蘭を室内に取り込む。
天気変りやすいです。



さて、最近の苺酵母。



苺酵母201202060836


昨日朝8:36。
泡がだいぶ消える。


苺酵母2012020608:47


昨日朝8:47。
火で軽くあぶって消毒したスプーンを入れて苺を潰す。


苺酵母2012020708:29


今朝8:29。
泡はほとんど立たず。
果肉の中の糖分も尽いてたみたい。


苺酵母2012020711:00


今朝11時。
熱湯消毒済のざるで濾過。


苺酵母2012020711:06


濾液(酵母液)完成。
ちょっと味見したら酸っぱくて甘味は無し。
ワインメーカーの面目は保てた。
ちなみに原材料は苺100 gと黒砂糖12 gと水88 gなので砂糖水の糖度は12度(ブリックス)だった。


苺酵母パン種2012020711:25


11:25酵母液35 g (33 mlを期待)を全粒粉80 gと混ぜてパン種作り。
多少は暖かい廊下に置く。
少しは膨らむだろうか?


苺酵母パン種2012020718:45


18:45パン種が少し膨らんでびっくり。
アルコールのにおいがします…やはりうまく行ってるのかな?




参考URL:
苺酵母の作り方
パン種の作り方


カウツキアナにまた花芽発見


花芽大丈夫だろうかとちょっと心配しながらカウツキアナを観察してたら…!



L. kautskiana20120208L. kautskiana201202082


花芽もう1つを発見。
後の画像は最初の花芽。
環境が良いとは言えないのにこんなに花芽が出て良いのだろうか?




今夜も冷え込んだので蘭をまたエアコンのある部屋に避難。
室温12℃でもかなり空気が乾くので水やりしておいた。



石油ファンヒーター使用中--うちは室温14℃以下--の部屋に蘭が置けたらいいのにと思う。
臭気や不純物の少ないヒートクリーン(旧称エコ灯油)を使っても植物には影響あるのだろうか?


初かけ継ぎ


昨日のパン種は少し膨らんだのでかけ継ぎしました。
水33 mlと昨日同様全粒粉40 gを添加、混合。



苺酵母パン種20120208


朝、かけ継ぎ直後の様子。
材料がよく混ざらないのでうまく膨らむか不安。


苺酵母パン種201202082


日没前の様子。
一応膨らんでます。


苺酵母パン種201202083


今晩撮影。
これを見るとちょっと安心。



何を植えようか


今日は物置をいじったり障子の破れた箇所を補修したり、
散歩がてら使用済の蛍光灯と乾電池を最寄りの役場の廃棄所まで持って行ったり、
ダイニングキッチンや勝手口にカーテンを付けたり等々、
気が付けばメンテナンスの日に。



カーテン等を買うため最寄りの100円ショップに行ったついでに日没前借りた畑に寄った(それで画像が鈍い色に)。



小さな畑20120209
小さな畑201202092


10年間休耕だったのがきれいに整地。
貸主さんに改めて感謝。


小さな畑201202093


伐採された竹は枝を払われて整理。




野性葡萄に限らず何を植えようかな。
貸主さんは芋や麦を植えてたそうだが。



苺酵母パン種20120209


苺酵母のパン種は今朝二度目のかけ継ぎ。
決して廊下はずっと暖かくはなかったのに、
夕方こんなに膨らんでちょっとびっくり。
明日最後のかけ継ぎやって明後日パン焼いてみます。



パン種は育つ


今朝は何故か眠くて朝寝して、
正午に公民館のBGM (ちなみにシューベルトじゃない方の「野ばら」)で起きたら
寒かったので終日外出せず。
そのくせ食欲は十二分にあるのだから困ったものだ。
それでもパン種は育つ。



苺酵母パン種2012021008:28


最後のかけ継ぎ直後のパン種(8:28撮影)。


苺酵母パン種2012021018:59


10時間半後のパン種(18:59撮影)。
3倍以上に膨らむ。




カリ石鹸でよく洗ってから熱湯消毒した菜箸を使ったら材料がよく混ざって良かった。
最初からこの方法にすればよかった。
明日予定があるけど暇を見つけてパン焼きます。
(膨らみ加減が分からないので製パン中は放っておけない)。


晴れた旗日にパンを焼く


建国記念の日は、生れて初めて天然酵母のパンを焼いた記念すべき日にもなりました。



さて、使用したホームベーカリーは象印のBB-GA15という10年は前の製品です。
一度パン焼き開始したら中断ができないので不便だけど、
途中パン型を取り出してもそのまま動くので融通が付いたのはラッキーだった。



このパン焼き器のパンの標準レシピは、
水270 ml、強力粉400 g、砂糖スプーン大3 (黒砂糖で実測23 g)、スキムミルクスプーン大1 (実測7 g)、塩スプーン小1/2 (実測3 g)、バター20 g、ドライイーストスプーン小1.5 (実測5 g)。



今回のレシピは、
水137 ml、パン種293 g (内訳は全粒粉160 gに酵母液と水計133 ml)、強力粉240 g、黒砂糖スプーン大3、スキムミルクと塩(ピンク岩塩)は標準レシピ同様、ファットスプレッド25 g (バター20 g相当)。
ドライイーストはもちろん不使用。



11時にパン焼き器を始動。
普段なら3時間半後に焼きあがるのだが…



苺酵母パン種20120211


今朝のパン種。全部使用。


廊下でくつろぐパン焼き器20120211


パン焼き器を動かしてから2時間経ってもやはりパン生地(一度目の丸めの工程を通過)が膨らまないので、
一度プラグを抜いて廊下でひなたぼっこ。


苺酵母パン避難中20120211


14:35にパン焼き器再始動(18:05焼きあがり予定)。
機械に入れておくと生地をまたこねるので、
パン生地を型ごと取り出して避難。
こねが終ってから機械に戻す。


苺酵母パン膨張中20120211


15時頃から生地が急に膨らむ。
これは丸める前の様子。


苺酵母パン焼き立て20120211


最初の通電から7時間5分後、
丸めの工程が一つおまけに入って計三度になったけど、
無事焼きあがる。
ドライイースト使用時に比べ膨らみはわずかに足りないくらい。
中身はまだ分からないけど皮はパリパリしてる。
虫除けのため今夜は電子レンジの中に避難。
明日朝頂きます。



自家製天然酵母パン初試食


自家製天然酵母パン1号断面20120212


昨日焼いたパンの断面。




朝食に来訪中の父とおいしく頂きました。
生地が細かいのが魅力的で、
ほんのりほろ苦い以外は普通のパンとあまり変りません。
天然酵母パンは何も特別なものではなかった。
残りは実家へのプレゼントになりました。



天然酵母パンはパン種(全粒粉使用)を多く使うので独特のくせがあり、
酵母液やパン種の準備に何日もかかるし、
醗酵時間も通常のパンに比べ倍以上かかる。
でも、製パンの条件に融通が利く(醗酵時間や温度が多少ずれても失敗しにくい)し、
ワイン同様炭酸ガス以外の食味に貢献する成分もほんのり醸すかもしれないので、
パン作りと生き物の世話が好きな人は是非お試しあれ。


カーライフ始まる


先週金曜夕方軽トラックを注文していた店から納車の連絡が。
マイカー通勤のとき利用していた自動車保険会社にまだ電話できる時間だったのですぐ問い合わせ、
教えられたURLにアクセスしてネットで任意保険を契約。
12日から契約開始となって車に乗れる。
ちなみに今回再び利用した保険会社は、
10年前PC-Unixのパソコンから何の問題も無く申し込めた唯一の会社だった。



昨日も気持ち良く晴れて、
午後帰路に就いた父の車に便乗、
自動車販売店で下ろしてもらい、
軽トラックを運転して帰宅。



ホンダアクティアタック。2012年2月12日納車、撮影


軽トラックを持つとは去年まで全く想像もしなかった。




人生初の軽トラック購入と運転。
初めての新車、農業用軽トラック、ミッドシップエンジンリアドライブ、
四駆(フルタイム)、ウルトラローとウルトラリバースギヤ、
デフロック、ターミネーターじゃなかったア○モを作ってるメーカー、
長崎県内を運転(国内ではそれまで茨城、福島、宮城県のみ)等々、
昨日は初めてのことでいっぱいに。



今日は雨の中朝家から3 kmくらい離れたスーパーへ初めてマイカーで行って、
切らしていた朝取り苺等を買って来る。



午後雨がほぼ止んだので急遽大きい方の畑へ。
1時間ほど草刈りして来る。



草刈り鎌。2012年2月13日撮影


父に借りた草刈り鎌。
なぎなたのように振り回す。


西洋鋸20120120


倒木を切り刻むのにこの鋸も使った。
押して切るのがやはり楽。




慣れないことをしたらすぐ疲れた。
今日は早く寝るだろう。
でも車持って畑いじりを本格的にし始めて、
やるべきことが色々出て来た。


忙しくなってきたかな


昨晩は疲れて早く寝る予定が、
軽トラック納車で畑いじりできるようになった記念に白ワイン1本を空けてしまって…飲みすぎた。



午前中は昨日の予報通り雨降りだったので朝寝。
午後も寝て過ごそうかと思ってたら2時すぎ一度雨が止んだので、
畑へ行く支度をし始めたらまた雨降り。
昼寝してたら3時すぎに雨が止んで雲に切れ目が。
急遽畑までドライブ。



今日も例の草刈り鎌を振り回す。
雑草の根元近くを狙って斜めに振ったら一番楽みたい。
作業は1時間半ほどと短かったけど、
1週間以内に草刈りは終りそうな感触。



今日は喉はそれほど乾かなかったけど、
問題は汗で眼鏡が濡れて、
ハンカチ等で拭いてもきれいにならないこと。
次回はきれいなタオルを持参しようか。
ダイヤモンドシャープナーもあった方が良いな。



夜天気予報を(ネットで)見たら明日は小雨の予報だったのが曇に。
明日は草刈りまくり?



夕方晴れても…


昨夜の予報は外れて午前中は大雨。
午後3時急に晴れだしたけど、
用事もあったので畑へは行かず。



代りに畑いじりの準備。



農業雑誌と書籍。2012年2月15日入手、撮影


アマゾンに注文していた農業雑誌と書籍が到着。
大きな畑ではイノシシ対策が要るのです。




他には緑肥(ヘアリーベッチ)の種10 kg (20~30アールをカバー)も注文。
早春にも蒔ける緑肥があって良かった。
メインの畑では雑草抑制を、
小さな畑では表土保全を狙います。



今日「畑いじり」のカテゴリを追加。


昼からまた草刈り


朝また雨だったけどすぐ上がり、
午前中野暮用のため家に居て、
昼から午後5時まで山の畑で草刈りやってへとへと。



山の畑20120216


午後4時過ぎの畑の様子。
あと丸1日あれば草刈りは一応終りそう。


けものみち20120216


畑の小路を挟んでこんな細道が。
手前に鉄の低い柵があるけど多分けものみちになってる。


けものみち201202162


けものみちらしきものが他にもいくつかある。




放っておいたらイノシシが自由に通るようになる(なってる?)ので、
畑いじりの合間にこまめに笹を刈ったり路を歩き回ったりしておこう。
今読んでるイノシシ対策の本(アマゾンへのリンク)によると、
イノシシは臆病なので通り道をいじられると暫くは寄らないみたい。
こまめに畑いじるなら柵要らなかったりして。


誕生日は実家で


買ったばかりの軽トラックで帰省、
ブルゴーニュとアルザスのワインをしっかり頂きながら誕生日をしっかり両親に祝ってもらいました。


戻りました


多分高校3年生以来実家で誕生日を過ごした翌日はぼたん雪が舞う冷えた日。
まだ慣れない車の運転
(実家で食材が足りなかったので、
昨日は帰省の他スーパー2件を回って買出しもやった。
長崎の狭い坂道と立体駐車場を堪能…)
とたっぷりのワインのため昼過ぎまで実家でゆっくり過ごす。
午後2時半過ぎ帰路に就き5時過ぎ無事帰宅。



ヘアリーベッチ種10 kg 20120218


帰宅したらヘアリーベッチ種10キロが届いた。
今月下旬に蒔きます。



今日も草刈り


実家では今月3日の寒波で植物に被害が出たのを見たり、
誕生日をしっかり祝ってもらったけどかえって将来どう過ごすべきかちょっとシリアスに考えてしまったりして、
気分がずっと沈みがち。
幸い今日は天気が悪くなかったので畑いじりに専念できた。



メインの畑は枯れたセイタカアワダチソウを全てなぎ払うのにあと半日か1日かかるところまで来た。
次はどうやって緑肥のヘアリーベッチを播種するかだ。
ヘアリーベッチの種は緑豆(もやしによく利用される)の種に大きさが似てて、
形がややいびつ。
蒔いたら浅く土を掛けて適度に踏まねばならない。
今のところセイタカアワダチソウの根を抜いて適度に土をならしてから代りにヘアリーベッチの種を蒔こうかと考えている。



畑は基本的に不耕起の予定だが、
雑草をどこまで抜くべきかまだ分からない。



畑にはいろんな雑草がはびこっているが、
枯れたセイタカアワダチソウの根元にはカラスノエンドウ、ホトケノザ、ハコベ、ヨモギ等が見える(画像撮れば良かった)。
普通の野菜を育てるには窒素分が少ないけどオオバコ等は見ないので土は問題あるほど酸性ではなさそう。
所々に枯れたエノコログサを見るが、
背丈数10センチはあるので固い地盤も無さそう。



一度この日記を書いてから畑をグーグルマップで見たら、
クリック操作を誤ってストリートビューモードに入ってしまい、
2008年11月現在の画像を見てしまう。
笹や雑草がほとんど生えてなくてすぐ作物が植えられる良い状態で平ら。
これを見ながらいろんなことを考えてしまった。
古い画像データは保存する予定だろうか?とか
例えば今は取り壊された家が写ってて中も覗けておまけにもう亡くなった親しい人まで写ってるのを見た人は感極まるに違いないとか…
いかん今日は何だか感傷的だ。


蘭展へは行けないけど


花を見てるとほっとする。



Sc. Fairyland 'Sara' 20120220


いつの間にかSc.フェアリーランド「セーラ」が5輪開花。
引越と不安定な環境のため花が赤らんで完全に展開しないけど、
この寒い時期にずっと咲いてるのはありがたい。
3日前実家でもまともに咲いてたのは「クララ」だけだった。


ミニバラ20120220


これは納車時自動車販売店で貰ったミニバラ。
午前中だけ日が当たる小さな庭に植えようか迷ってる。
日照が足りなくなるかもしれないので。




あと今朝ネットオークションで落札したセロジネ・クリスタータ「スワダ」が届いた。
宅配便の手違いで1日遅れの配送になったけど、
株は全く元気。
4バルブで12輪開花、蕾4つ付き。
人気種だからすぐ高値を付けられるだろうと思っていたら、
何と最低価格で落札。
セロジネは実は初めて手に入れた。
実物はやはり画像より美しく、
日を浴びるとスパイスと野生動物の肉みたいな香りがしてまるでボルドーの熟成した赤ワインのにおいのようなので、
もっと早く世話すれば良かったと思ってる。



Coel. cristata 'Suwada' 20120220到着、撮影


セロジネ・クリスタータ「スワダ」。
NSは7センチ以上なのでけっこう映えます。
花の白さに露出を合わせたので暗く写ってしまいました…



草なぎ完了


今日は晴。
午前中雑用をやって午後から展望台近くの大きい方の畑へ。
枯れたセイタカアワダチソウを一応全部なぎ倒す。



展望台そばの畑20120220


だいぶすっきりした。


展望台そばの畑201202202


しかし地面に寄ると雑草の残骸がびっしり。
本当に不耕起するつもり?と思わず自問。


展望台そばの畑201202203


セイタカアワダチソウは植物の成長阻害物質を分泌するとよく言われてるが、
地面には小さいけどカラスノエンドウ、ホトケノザ等の雑草がけっこう生えてるので、
作物や緑肥もそのままで育つのではと思ってしまう。


展望台そばの畑201202204


他方でセイタカアワダチソウと思われる小さな雑草も生えてるのでやはり油断できない。




こんな画像ばかり見ると私は楽したいため耕起しないのではと思われるだろうけど、
私が不耕起にこだわる理由は別にいくつかある。
一番の理由は表土保全のため。
別の理由の1つは大学で耕すのはあまり良くないと教わったから。



畑をいじり始めて初めて一区切り付けられたので、
自分への褒美としてスーパーでトルコライスの惣菜を買って帰る。


土産と種まき


今日は仕事のついでに父が家に寄るので、
色々土産を持たせようと思った。



朝初めてバターを使ってパンを焼いてる間に9時前外出、
開いたばかりのスーパーで朝取りの地場苺や野菜を買って来る。



用事を済ませた父は午後来訪。
入口前に小さな庭を作ってもらった。
焼いたパン、野菜や果物、昨日届いたセロジネを土産に持たせる。



その後鋤を軽トラックに載せて温泉そばの小さい畑へ。
鋤で土をつついてチェック。
パワーショベルで整地されたので表面は硬いけど土は深めの粘土質(所々ひび割れがあった)。
水に困らなければ(ぬるま湯は容易に手に入るかもしれないが)おかぼ(陸稲)を植えたいくらい。
でも土がむき出しなのを何とかせねばならないので、
早いうちにヘアリーベッチを蒔こうと思う。



帰宅後ヘアリーベッチの種を計測。
50粒で2~2.5グラム(台所用電子はかりは1グラム単位で計測するので不正確)なのでキロあたり2万から2万5000粒。
10アールあたり3~5キロ種を蒔くので6万~12万5千粒蒔くことになる。
1平米あたり60~125粒、
10センチ四方におよそ1粒蒔く計算になる。



種は40粒並べると約15センチに達するので粒の大きさは3.75ミリメートルくらい。
種の大きさの3~5倍の深さに蒔くので1.1~1.9センチ土を掘って種を埋めることになる。
さあ、どう種を蒔こうか。



と書いてたら外は雨。
いつ蒔くだろう?


雨降りの朔日に


今日は旧暦で2月1日ということは新月の日。
植物の栄養成長を助ける日。
でも雨降りなので畑へは行けず、代りに…



ヘアリーベッチ種20120222


朝、雑草対策と庭の表土保全のため、
家の庭と周りに緑肥のヘアリーベッチの種を蒔く。


苺酵母パン種2号20120222


苺酵母で二度目のパン種を作り始める。


ワイルドストロベリーとミニバラ20120222


昨日父が作った新しい庭にワイルドストロベリーとミニバラを移植。



初めての播種でへとへと


昨日の予報では今日も終日雨だったので、
夜久しぶりに多く飲んだら、
今朝の予報では天気が回復に変わってたのでびっくり。
小さな畑で初めての作業として緑肥の播種をやってへとへとなので今日は早めに寝ます。



チーズ20120223


朝ネット(「ハイ食材室」)で安く買えた(ナチュラル)チーズが届く。嬉しい。
画像以外にあと1個来た。


苺酵母パン種2号20120223


今日は家の部屋も18℃まで上がって暖かかった。
苺酵母のパン種も今までで一番膨らむ。




昨日家の周りにも緑肥の種を蒔いたが、
土がむき出しの新しい庭の種は浮き上がっていた。
種を浅く埋めながら、
やはり覆土すべきと知った。


ヘアリーベッチ播種2日目


今日も慣れない作業で帰宅後へとへと。



踏み鋤を利用した播種20120224


鋤や杭等も試したけど、
結局踏み鋤を利用して播種。
軽く鋤を踏んでできた穴やひびに種を入れる。




半日で150平米くらいが良いところかな。
流石に時間がかかるので今後の作業を考えて今日播種機を発注した。
納期は1ヶ月くらいと言われた。
播種機の種類は多いし得手不得手の農地や作物があるようだが、
私が選んだのは不耕起栽培用で人気のある小さなメーカーのもの。



畑への「落下傘部隊」20120224


新月の日に雨が降って暖かくなったためか、
雑草が急成長中。
今日畑で目撃した「落下傘部隊」。
何の種だろう?
画像では綿毛がつぼんでしまったが、
大きなタンポポの種のような形で
種の長さは18 mmくらい。



実家のミニカトレア


今日母からメールで貰った画像。



Sl. Minipet 'JH-1' 20120225


何故か花が展開しないSl.ミニペット「JH-1」。
水が足りないのか、この時期は花が十分咲かないのかは不明。


Slc. Dancing Daffodil 'Shitoro' 20120225


Slc.ダンシングダッフォディル「シトロ」。
正月付いていた小さな蕾が今頃開花。
このミニカトレアは不思議なことに蘭の花が稀少になる時期に花開く。
年ごとにありがたさが増している。



ヘアリーベッチ播種3日目


昨日は雨のため今日で緑肥の種まき3日目。
あと2日で終る見込み。
種が芽生えるまで落ち着かない。



ネットで天気予報を見たら明後日から来月4日までの最低気温が5℃以上、
最高気温11℃以上となってた
(明日の最高気温は10℃)。
暖かくなるのはもちろん嬉しいけど雑草も虫も動き始めるので庭や畑いじりは大変に。


種まきが終らない


朝苺酵母パン2号をおいしく頂く。



午前中山の畑いじり。
今日は笹を刈ったり畑を観察しながら葡萄畑のレイアウトを考えたり。
葡萄の接木苗91本をどこに植えようか考えてる。
候補地は3つあるのだが…



山の畑に霜20120227


まだ畑に霜が降りるのを確認。




10時過ぎ一度帰宅。
野暮用と昼食と昼寝を済ませ、
午後は海沿いの畑でヘアリーベッチの種まき。
まだ発芽しないのでやる気がなかなか湧かなくて困った。
明日までに終れればいいのだが。
播種が終ったら、
日当りを良くするため周りの竹薮を刈りたい。



今日は晴れで寒さも緩み良い日だった。
山の畑から道を下ると天草が近くに迫る。
車をフェリーに載せてあちらへドライブできればいいのに。
帰宅したら蘭を日向ぼっこさせてる廊下が明るくて暖かくて楽園状態。
ずっと昼寝したかった。


7日は雨降り


昨日の予報では曇のはずが、
今日の予報では昼前から雨に更新、
実際その通りに。
1時間ほど小さな畑で緑肥の播種。
新月の日から7日も種蒔いてる…
早く播種機欲しい。



アラミックの節水シャワーヘッド20120227


ガス代節約を期待して(節水もしてるが井戸水はポンプ代のみなので)
節水シャワーヘッドを昨日から使ってる。
効果はあるか?



プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター