咲いたり萎れたり


Lc. Mini Purple 'Sato'


Slc.ミニパープル「サトー」を鑑賞し尽くしました。


Slc. Rimfire


Slc.リムファイヤーが6輪満開。
カトレア・ラビアタ・セミアルバが花を落としてからの「旗艦」的存在に。
中輪だけどこれだけ咲けば見応えあり。


ベゴニア・タイ・レックス


ベゴニア・タイレックスが開花。
根茎性ベゴニアは世話が大変。
繁れば嬉しいのだけど。



許可書受け取って引越先も決定


雨の中午後件の市の農業委員会を訪問、
農地貸借許可書を受け取り、
引越先を決定。
年内に引っ越します。
今日の市役所はちょっと慌しかったようです。



C. chocoensis fma. s/a 'JP-261'


カトレア・チョコエンシスの蕾が4.5 cmに膨らみました。
花茎がやや伸びて垂れ下がる。




2点追記。
1つ。初めて自作していた名刺を使いました。
肩書は「ワイン農家」でキクバエビヅルの葉のイラスト(シルエットに近い)入り。
引っ越すので住所や電話番号を変えて印刷し直さねばなりません。
もう1つは今回の農地を借りるときにお世話になった父の知人から全日空の機内誌(翼の王国2011年11月号)を頂きました。
リュウキュウガネブの記事が載っています。
どこかで見たようなお名前が。


今日は天気が不安定


ペチュニア・サフィニア・ローズ


年末ペチュニア・サフィニア・ローズ。


シンテッポウユリ


年末シンテッポウユリ。



おっと


ブログの更新を忘れるところだった。



デジタルカメラ・アグファ・コンパクト102


デジタルカメラ・アグファ・コンパクト102




このブログの画像撮影に利用してるアグファ・コンパクト102。
鏡に写して撮影。
画像が見た目の通りなのは単に画像処理アプリケーション(imagemagick/convert)で反転させたから。
このデジカメを購入したのはzzz


マイデジカメ


昨夜は飲みすぎた…



昨日紹介した私のデジカメは植物(主にカトレア)を撮影するために買った。



安くて普通の電池(単3)が使えて接写ができるものが欲しかった。
この条件にあったものにはニコンのクールピクスがあったのだけど、
ニコンのレンズは蔭が落ちやすくて個人的には好みではなかった。
個人的には画像が明るくて階調がなだらかなフジのファインピックスも好きだったのだけど、
接写できるものが無かった。



ネットで情報を漁ったらこのアグファを発見。
ドイツのメーカーなら私好みの画像が撮れるだろうと思って購入。



これがなかなか万人には勧められない製品でした。
SDカードの挿入口はプラスチック製の軽いスナップ式のカバーがあって、
がさつな人はすぐ壊すだろう。
電池の接触が悪かったので昨日奥の電極(小さな板バネ)を耳かきで軽く引き上げて修理。
植物の接写では自動焦点が決まらないことは結構あるし、
暗くなるとフォーカス合わせがのろくなるし解像度を犠牲にする。
また接写モードでは画像が露骨に樽形に歪む
(ものの大きさが分かるようそばに置いた巻尺が、ひぇー)。
あと桃色や赤紫の花が青紫に写ります。



でも十分光があるときに撮影すると蔭が暗く落ちず、
シャープではないけどものの「生地」感がよく再現されることが多いので、
見ていて何か感性に訴えるものがある画像が撮れます。



あとボディがワイン色に近いのも私の好み。



このデジカメ、
癖があるけど上手に使いこなせたらと思います。


糖度計購入


昨日果汁用の糖度計を入手。
野生葡萄の収穫が終ってから購入するとは恥ずかしいのだけど。



アタゴ手持屈折糖度計Master-Pα


アタゴ手持屈折糖度計Master-Pα
くちばしみたいな先端の透明なカバーを開け、
果汁2、3滴を垂らしてカバーを戻して汁を延ばし、
反対側の端を覗いて糖度を読む。




アタゴは世界的に有名な糖度計メーカーで、
豪州でも南アフリカでも製品を見かけた。
私が購入したのは屈折式(プリズム使用のはず)で、
電池不要で温度補正してしまう。
そのうえ防水なので使用後丸洗い可能。
ボディがプラスチック製なので塩分などによる腐蝕の心配が少ない。
「はやぶさ」で証明された日本の「変態的」技術がここにもある。
姉妹品が63種類もあるので迷ってしまって購入できなかった(ことにしよう)。
ものごとを極めるのはやはり凄い。



早速母と台所にあるもので糖度チェックしたところ、
ザクロジュース14% (Brix)、ヤクルト18%、(果物の)葡萄20%、
パイナップル11%、妹夫婦からの贈物の青森りんご15%だった。



でもやはり本業に使うべきだったな…
干からびたエビヅルの実を見つけたら採取して糖度を見てみよう。


ぼつぼつ引越準備中


「起業」のためゆうちょのオンラインバンキングの手続をしたり、
引越前の借りた空家での作業予定を立てている。



蘭はカトレア・チョコエンシスの蕾が長さ5.5 cmになって白っぽくなってきた。
カトレア・ロディゲシーの蕾が鞘を破ってこんにちは。



ガザニア・アズテック


ガザニア・アズテック開花中。



もうちょい


C. chocoensis fma. s/a 'JP-261'


カトレア・チョコエンシスの蕾が長さ6 cmになって開き始めたようにも見える。




このチョコエンシスはネットオークションで花の画像に一目惚れして半ば衝動的に入札したもの。
その後出品者にNSを聞いたところ5 cmとの回答を頂いて動揺したのだが…
さてどんな花が咲くのだろう?
長めの花茎が撮影時振り子のように揺れてちょっとどきっとした。


新居掃除


今日は両親と新居を掃除。
築約50年らしいのだけど補修は結構ちゃんとされていて、
隙間風が吹かないし床もしっかりしている。
ちなみに海に近い平屋。
今日はここに泊まり、
掃除等をしながら明日午前中プロパンガスを運んでもらい、
夕方帰宅予定。
実家と新居の間は2時間半くらいのドライブなので、
何度か物資を運びながら年内に引っ越す予定。
冷蔵庫、洗濯機、こんろ等はこれからぼつぼつ揃えるし、
まだ軽トラックも無いので、
ここ島原で野生葡萄を育てながら生活する実感がまだ湧かない。



園芸の話題ではカトレア・チョコエンシスが蕾を開き始める。
明日朝冷え込む予報なので、
庭のムクゲの木にかけているバンダ・セルレアを母に取り込んでもらうようお願いする。
どの蘭をこちらに持って来ようかな?


新居掃除2日目


新居に泊まった翌日はガスの工事。
ガス管やメーターやシャワーの取り付けをプロパン屋さんにしてもらう。
来週は給湯器(これは最新のものが備付だった)の有線リモコンとガスこんろを取り付けてもらう予定。
シャワーを早速浴びて文明とは何かちょっと分かった気がした。
この家には上水の代りに井戸水が流れるのだが、
工事の時は共同ポンプを止めねばならないので近所にちょっと済まない。
近所の方2人に挨拶。
明かりが増えたと言ってどちらからも喜ばれる。



C. chocoensis fma. s/a 'JP-261'


帰宅したらカトレア・チョコエンシスはまだ花が開いていなかった。
夜の室温が10℃と急降下なので納得。



ブログのいくつかの機能削除


どなたが訪問されたか分かってありがたかったので、
アクセス記録が無くなるのは困る。
そのうちブログ本体も廃止されたりして。
そうなるともっと困るのだけど。


エビヅル休眠


昨今の冷え込みで戸外のエビヅルが全て葉を落としたり枯らしたりしました。
ヤマブドウだけまだ紅葉中。






Vitis ficifolia var. lobata


室内の野生葡萄は紅葉しても葉を付けたまま。
これは実生エビヅル。
(偽)ジプロック植で水やりはベラボンの用土が水浸しになるよう一度水を多めに与え30秒くらい後カップ焼きそばのように水を切っている。
こうし始めてから株は元気に。
やはり余計な肥料分や塩分は水で流し出さなければならないみたい。



霜の夢とベゴニアレックス


新しく咲いた花が少なくなってきたので、
日記の話題に困り始めている。



今朝、庭に出しているベゴニア・レックス(原種)が雪のような分厚い霜に遭って氷漬けになる夢を見る。
現実のベゴニアは下の画像のように無事だが、
雪の夢は物事の行き詰まり、困難、孤独、悩みや心配事等をほのめかしているそうなので*あまり嬉しくない。
園芸関係で困ったことが起こるのだろうか?



ベゴニア・レックス原種


ベゴニア・レックス原種。
新芽が普段通り毛深くなったので少し安心。




* 西谷泰人「暮らしに活かす夢判断」、創文(2008)


今年は4輪咲きそう


Bc. Water Color 'Orchidlibrary' 1/2
Bc. Water Color 'Orchidlibrary' 2/2


Bc.ウォーターカラー「オーキッドライブラリー」に蕾4つが付いている。




今年夏株分けした後作落ち。
成長が悪かったのは水やりが足りなかったからかも。
ベラボンLはバークより水を保持できると思ってたのに。
元々は母の大好きなカトレアBc.パストラルの代りに購入したのだが、
環境が変わってもバルブの大きさを変えながら花を咲かせるようなので、
ありがたいカトレアになりました。
パストラルも何とか株は無事だけどこちらは残念ながら蕾無し。



私は冬実家を留守にしているので一度もこの花を見たことがありません。
今度は引越です。
代りに瀕死のバックバルブを持っていこうかと思ってます。


今日は暖かかった


いつもこうならいいのに。



引越で蘭数株持って行くだろうからもう数株ゲット可能と思いながら、
ネットオークションで欲しいカトレアを入札したら予算を越えた高値を付けられた…
さらばナコーチ。



葡萄の苗店から配送先を教えてほしいとファクスが来た。
メールの方がありがたいのに。


トリアネーに蕾発見


C. trianae fma. concolor 'Orion'


カトレア・トリアネー「オリオン」に蕾を発見。
大きさ1 cmくらい。丸い。




トリアネーの初開花は近いかも、なので嬉しい。
きょうも、いいこと、ありそう(メロディーヌ)!
ただ、吊り方がユニークなので咲いたらどう愛でるかが課題。


今日明日は島原


今週木曜も1泊で父と新居の掃除や補修。
忘れ物いっぱい。
無事年内に引っ越せるのだろうか?



C. chocoensis fma. s/a 'JP-261'


カトレア・チョコエンシス・セミアルバが1週間経ってもまだ十分開かない。
NS 4.5 x 5 cm。
あと5 mmは開くはず。
これ山取りらしいが、
こんな花で子孫をちゃんと残せるんだね。



島原2日目


島原の新居に1泊して掃除とリフォーム。
私は主にガラス戸を外しながらガラス戸とサッシと雨戸の砂埃を払い、
父は駐車スペースの整地や障子の調整をしたりする。
雲仙に霧氷ができたり初雪が降ったりしたのにここ経由で無事帰宅。



今朝ガスコンロと給湯器の有線リモコンを付けて頂いたプロパン屋に、
私が借りた農地辺りは冬雪が降ったり道路が凍るほど寒いと言われる
(新居は海沿いで暖かいと言える)。
年明け農地の整地ができれば良いが。


ビギバム2輪目もうちょい


今日はひねもす寒かった。
最高気温は7℃。
明け方霜が降りなかったのだけがラッキーだった。



Den. bigibbum var. compactum album


デンドロビウム・ビギバム・コンパクタム・アルバムは2輪目がもうすぐみたい。
10月20日開花した1輪がまだがんばってるのですごい。



今日も冷える


昨日同様今日も終日冷える。
霜は降りないし氷も張らないけど、
空は曇って外出する気も失せてしまった。
代りに引越したら要る軽トラック、電器製品、郵便受け等の情報をネットで探す。



Den. bigibbum var. compactum album


昨日紹介したデンドロビウム・ビギバム・コンパクタム・アルバムの蕾が開き始める。



ヤマブドウワイン(エーデルワインいわて山葡萄わいんNV)テースティングノート


10日ほど前
エーデルワイン・いわて山葡萄わいん(ノンヴィンテージ)を頂き、
テースティングノートを付けたので紹介する(レビュー同様…)。



このワインは品質を安定させるためノンヴィンテージにされているそうだが、
そのためもあってか値段も安く、
山葡萄ワインを初めて試したい方に勧められる。
他のワイナリーの山葡萄ワインに比べ葡萄がまだ青い印象を受けた。
スクリューキャップがワイン用(ステルヴィン等)で無いのも気になったけど、
コストと品質のバランスが上手に取られているのでかえって好印象を持った。
将来が楽しみ。



ブルーのボルドー風の500 ml瓶入りで5000本限定。
辛口のミディアム~フルボディでアルコール度数は11.5%。



色はルビーで縁は濃いピンクでクリア。



におい(ノーズ)は中庸から比較的強くてきれい。
アロマは複雑で、
分かりやすいとも言える芳香があって、
他にブラックベリー、ダークチェリー、フローラル、ムスク、李、薔薇、土っぽさ、トースト、生葉が西洋杉のようなオークをバックにして感じられ、
なめし革と白胡椒が段々強くなり、
後でチョコレートも現れた。



口に含むとアルコール感は低い~中庸。
樽は十分で新鮮な酸がたっぷり。
タンニンは細かくて穏やか。
苦味は穏やか~比較的穏やか。
フレーバーも複雑でブラックベリー、黒オリーブ少々、ブラックチェリー、シナモン、土っぽさ、フルーツケーキ、生葉、李、木苺、ほんのり肉っぽさ、(プレーンクラッカーのような)しょっぱさや白胡椒が穏やかな焦がしたオークをバックにして感じられた。


冬の水撒きでのちょっとした異変


今日は晴れて多少寒さも緩んで精神的にも良い日だった。
いつもより長く外出して日記の種を探していなかった…
でも強引に見つける。



冬になった今頃でも雨以外の日は庭が意外と乾くので、
風呂の残り湯(日に50~60リットル)を朝撒いている。
ミネラル補給と土質改良のためほぼ毎回にがりを10000倍釈(日に5~6 ml使用)で加えているのだが、
そのためか最近は土壌浸透剤無しでも水が良く土に浸み込むようになった。
マグネシウムが効いたのか?
嬉しいことだけど私が実家を離れたら庭はどうなるのだろう
(50~60 kgの水運びは両親にはきつすぎる)…


ネタ不足気味


今日も朝から外出。
簡単な町の健康診断を受けたり、
新居の洗濯機を注文したりで帰りが結構遅くなる。
最近は園芸の話題に乏しいのでこれから戸外の植物もちょっと観察してネタを探してみた。



キクsp


長崎市のある丘の切通しに菊が咲いていたので携帯電話で撮影。
花は白色だけど萎み始めると赤くなる。
花が結構大きいのでこれは野性化した種類みたい。




長崎の丘の切通しや小さな崖にはイワヒバ、クチナシ、ハマナデシコからシンテッポウユリ、ピラカンサまで色んな植物が生えるので、
眺めてると結構面白い。


庭の様子


Vitis coignetiae


鉢植のヤマブドウ。
来年畑に植える予定。


小松菜


母が蒔いた小松菜がやっと成長し始める。



ビギバム2輪目とフェアリーランド初咲き開始


Den. bigibbum var. compactum album (1/2)


デンドロビウム・ビギバム・コンパクタム・アルバム2輪目が昨日開花。
NS 3.5 cmと可憐に。


Den. bigibbum var. compactum album (2/2)


1輪目はしわしわだけど2ヶ月以上咲いてるのですごい。
NS 6 x 5.5 cm。


Sc. Fairyland 'Clara'


Sc.フェアリーランド「クララ」が初めて咲き始める。
他に「キャロル」と「セーラ」も蕾付き。
年末年始がちょっと楽しみ。



蕾と落札


Blc. Haw Yuan Beauty


Blc.ホーヤンビューティーに蕾を発見。
あまり世話してないのに花が付きやすいのはありがたい。


胡蝶蘭


昨日は品種名不明の胡蝶蘭(多分贈物)に花茎を発見。
一度折った苦い経験があるのでいじりません。




あとネットオークションで幸運にも落札したBlc.ナコーチ「ミッションヴァレー」が今朝無事届きました。
もう家は世話する蘭でいっぱいだけど、
私が引越で蘭数鉢を持っていく予定なので久しぶりに入札したのです。
NS 18 cmくらいの大輪2輪付きで母大感激。
ナコーチはAbiko Orchid Roomで知った。
約5℃まで耐えられると書いてあったので欲しかったのだけど本当かな?
寒さに強いスタンダードカトレアがたくさんあったらいいのに。


メリークリスマスです


長崎の最低気温は連日1、2℃と低くて昼間もなかなか晴れず10℃未満と寒い。
今夜から明日はホワイトクリスマスかも。
いずれにしても霜が降りないのはありがたい。



ノビル系デンドロビウム


どうしてミディカトレアの鉢にノビル系デンドロが???



クララが…


Sc. Fairyland 'Clara'


Sc.フェアリーランド「クララ」が立った、じゃなかった咲きました。
初フェアリーランド。
小さいけど穏やかな色合いがなかなか素敵です。



暫く新居


初めて新居に2泊(変な表現)。
車で2時間半の距離だと引越はだらだらしてしまう。
朝室内の蘭に3日分の水やりをしていたら、
急な出発になって色々なものを忘れた。
朝は庭にも水やりしたが、
大気が乾いていて意外と地面が乾いていた。
食料を買ってバスに乗って降りたら、
未だにヤブカラシが黒い実を付けていて驚いた。


島原2日目


今日はひねもす晴れて寒いけど良い日だった。
海沿いを歩くと開放感に包まれた。
役所に行ったり初めて軽トラックの販売店に行ったり。



農作業に欠かせない軽トラックのメーカーの候補は2つあるのだが、
何とうち1つは昨日で今年の営業を終了していた。
数十分バスに乗って、
さらに数十分歩いてもう1つのメーカーの販売店を訪問。
ネットでは得られない貴重な情報を手に入れる。
初売りが特売なので、
もう1つのメーカーの販売店を年明け訪問してからどちらか1台を購入する予定。



明日届く予定の家電の代金を預金から引き出そうとしたら残高が減っててちょっと驚く。
将来の夢を叶える前に先立つものを何とか工面しないと…
それに年明けは住民票を移してこちらに住むことを改めて思い出して、
今日でクリスマス気分が抜けた。


プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター