今日のアンセプス

今日も晴れ。でも昨日より寒さが緩んでいいクリスマスデーに。

Laelia anceps 'Nittany Frost' 20161225

レリア・アンセプス「ニッタニー・フロスト」の最後の蕾が開きました。NS 7.5 cm。

Laelia anceps 'Nittany Frost' 20161225-2

最初に咲いた花はほぼ展開完了。NS 8.5 cm。真ん中の花もだいぶ展開してNS 8 cmくらいです。

Laelia anceps 'Nittany Frost' 20161225-3

リップの奥の縞模様もきれいだしペタルがカトレアのそれみたいにオーバーラップしてるのはすごい。一方でレリアのお星様のような花をしてるので得した気分です。

これは昨年購入した唯一のランです。昨年も今年も畑の作物ばかり気になって鉢物を疎かにしてました。でもアンセプス2株の花を愛でられたのをきっかけに、また世話しようと思います。

レリア・アンセプス「ニッタニー・フロスト」開花

L. anceps 'Nittany Frost' 20161222

レリア・アンセプス「ニッタニー・フロスト」(Laelia anceps 'Nittany Frost')が開花しました。NS 7.5センチくらい(花が展開したら9センチほど)と小さくなってしまいました。でもペタルの幅が広いです。

品種名はアルベッセンスになるのでしょうか。画像では分かりづらいですがペタルがほんのり紅いです。リップのやや細かいフリル、奥の黄色と褐色の縞模様、白地のペタルやセパルの緑や紅の色合いなどが互いに調和して美しいです。

アンセプスには色々な品種や個体があって、ネットで画像を見ているとあれもこれも欲しくなってしまいます。でも以前紹介した「ラ・レイナ」とこの個体があれば私は他のアンセプスを衝動買いしないで済みそうです。

アンセプスは米国のサンタバーバラ蘭園のページが充実していてお勧めです。

レリア・アンセプス「ラ・レイナ」開花

L. anceps 'La Reina' 20161117

レリア・アンセプス「ラ・レイナ」が咲きました。他の品種や個体より早く今ごろ咲きます。つぼみが庭の柵に触れてる間にナメクジに一部を喰われてしまいました(T T)

L. anceps 'La Reina' 20161117-2

新しいバルブが傾いて花茎がほぼ水平に伸びてしまいました。植え直さねば。放っておいてごめんなさい。

ボーリンギアナ・セルレア開花中

Gur. bowringiana fma. coerulea 20160929

数日前からグアリアンセ(旧カトレア)・ボーリンギアナ・セルレアが開花中です。温室なしでも育てやすくて好きなカトレアの一つです。

Lc.パリサティス「イズミ」開花

Lc. Parysatis

引越し前後で蘭の世話をろくにやってないのにLc.パリサティス「イズミ」が開花。

ボーリンギアナとプミラの一代交配種。ボーリンギアナの多花性とプミラの愛らしさを持つカトレア。丈夫な上に花が夏場およそ1ヶ月もつのでありがたい蘭です。

ボーリンギアナ系の一台交配種では他にカトレア・インターメディアとの交配であるクリス・マクヘンリーも丈夫で咲かせやすいのでお勧めです(実家にあります)。

プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター