小浜のジャカランダ

雨の中初めて隣町小浜町のジャカランダを愛でに行って来た。 南アフリカへ行った気分を味わいたいと期待したけど、 湿った気候と長い歴史のある土地に咲いたジャカランダは趣きがだいぶ違って見えた。 それでもほっとしたのは確か。

Jacaranda 20140610

小浜町ジャカランダ通り97番地。 通りと番地で住所を表す方法は西洋では普通だけど日本では稀。 この表記が普及すればいいのにと思う反面、 郵便や宅配便の配達人が2通りの住所に慣れねばならない苦労を考えると、 やはり正直安易に喜べなかった。

Jacaranda 20140610-2

小浜温泉街のジャカランダ。 花が一斉に咲かないので通りが映えないのが残念。

Jacaranda 20140610-3

南アや豪州にいる錯覚を一瞬覚える画像。

Jacaranda 20140610-4

小浜観光ホテル隣のジャカランダが一番樹齢が古いらしい。

Jacaranda 20140610-5

説明の立て札。 通りではジャカランダの植樹が盛んなので十年二十年後が楽しみ。

Jacaranda 20140610-6

ジャカランダの花並木は豪州アデレードで見たけど、 花がこんなに低く垂れ下がったのを見たのは実は初めて。 小浜のジャカランダの魅力を一つ発見。

Jacaranda 20140610-7

温泉街にいることを実感できる画像。 地下から湧き上がる湯気は硫黄臭かった。

「わたぬき」ですね


月の始め、年度の始めには色々起こるんだな…



南半球のワイン作りもそろそろ終りかな…と思ってたら、
以前私にワイン作りの手伝いをさせてくれたワイナリーのボスからメールが届いた。
南アフリカでは普通のことなのだが、
自然保護区にしているワイナリーの敷地の一部が昨年の猛暑でブッシュファイヤー(山火事)になった。
その後珍しい植物が生えたので画像を送るという。
ところが添付ファイルが開けない。
ウィンドウズユーザはlinuxユーザのことなんか考えてないんだな…
ファイル名が"kaapsesewejaartjie.jpg"…「ケープ地方の7年ちゃん」?
たぶんジョークメールだろう。



野性葡萄を探していて知り合ったある植物園の職員からも植物関係のメールが。
島原半島に自生する珍しい木苺があるのだが、
枝変りの苗が用意できたので是非育ててほしいという。
この木苺は当地で「酢苺」とも呼ばれるほど酸が強いのだが、
この株は甘い実を付けるという。
糖度は12度を越えるのでないかとのこと。
それくらいなら驚かないのだけど、
この株はクエン酸とビタミンCがほとんど無く、
代りにリンゴ酸と酒石酸を含むというのだ。
酒石酸はビタミンCから作られるそうだから意外ではないけど、
酒石酸もできるならちゃんとしたワインができるかも。
果実酒免許が取得しやすくなったりして。



…なんていう嘘話をうららかな昼下がりに考えてました。
でも最近はエイプリルフールのジョークと思ったら事実で驚く話が多い…


自作パン2号


昨日ガストルキスさんから冷ご飯を使ったお米パンのレシピを頂いたので早速トライ。
ただパン焼き器が違うはずなので、
こちらのパン焼き器のマニュアルに準じてパンを焼くことにした。



私のホームベーカリーの取説にある標準的な食パンのレシピは次の通り(1.5斤分)。



水270 ml (最初に投入)
強力粉400 g
砂糖(パン屋機器付属の)スプーン大3 (実測23 g)
スキムミルクスプーン大1 (実測7 g)
塩スプーン小1/2 (実測3 g)
バター 20 g
ドライイーストスプーン小1杯半 (実測5 g、最後に投入)


ここで小麦粉の一部を冷ご飯に替えるのだが、
米は普通に炊くと重さが2.5倍になることを踏まえてガストルキスさんのレシピを見ると小麦粉:米(生米換算)の重さの比は250:60でおよそ4:1となる。
そこでこちらのレシピで小麦粉400 gを320 gに減らす代りに冷ご飯200 gを加え、
水を270 mlからご飯の水分120 g (120 ml)を引いた150 mlに減らしてお米パンのレシピができた。



自作パン2号(1/5)


パン焼き器の容器に材料を全部入れたところ。
全然おいしそうに見えません。
砂糖は黒砂糖を、
塩はピンクの岩塩を、
バターの代りにマーガリン(ファットスプレッド、「カロリー20%オフ」なので25 g)を使用。


自作パン2号(2/5)


焼き上がったところ。
前回より膨らみが減った。


自作パン2号(3/5)


型から取り出したところ。
何だかピーナツパンのようにでこぼこ。


自作パン2号(4/5)


底。
皮の色が前回より濃い。


自作パン2号(5/5)


断面。前回より粗い。




最初の画像を見て分かるが、
私が自炊すると米は長くなるのです。
インディカ米は冷えると結晶(ベータ化?)になりやすいのでパンの材料に向くか不安でした。
一方で長粒米はジャポニカ米より水を吸って膨張しやすいので軽い食感のパンができるかもと期待もしました。



で、試食の結果は…
まず皮に固いものが。
砕けた米粒がそのまま固くなってまるでコーングリッツ。
バーミックス(実家に置いて来た)か何かでご飯を少々潰さねばならないようです
(潰しすぎると糊になって逆効果の予感が)。
一方中身はちょっともっちりどっしりしていて甘味もあって、
見た目と違ってなかなかおいしい。
一昔前のコーンパンみたいな味と食感です。
玄米を使ったら私好みのパンができるのではと思った。



全粒粉と強力粉


夕方ネットで注文した全粒粉と強力粉が届きました。
荷物預かりはS急便の「アマ堺店」という謎の支店です。



自作パン1号


昨日初めて焼いたパンを紹介
(酵母を3時間くらい世話したことになるので強引に園芸関係の話題にしちゃいます。
酵母は菌類で植物ではない?
茸を育てても園芸ネタにできるからいいんです、たぶん)。



自作パン1号(1/3)


全体図(底が上)。
てっぺんは焼き立てのときすぐ味見したのでありません。


自作パン1号(2/3)


底にパン焼き器の羽根の跡が。


自作パン1号(3/3)


断面。
キメは細かい。




やはりパンの味がしました。
小麦粉が上等でなかったのか、
少々粉っぽいです。
でも飽きずに食べられそうです。



今回作ったのはパン焼き器にシールで付いてたレシピに準じた食パン。
レシピとの違いは砂糖の代りに黒砂糖、
バターの代りにマーガリン(ファットスプレッド、脂肪分が少ないので多めに使用)、
塩は岩塩を使ったこと。
ミネラルが多くてヘルシーかも。



ちゃんと白パンが焼けたので、
全粒粉をネットで注文。
まず小麦粉全体の1割ほどこれに替えてうまく焼けたらありがたいのだが。


お米届いたよん♪


古くて寒くてあちこち修理せねばならない家にいると園芸以外の話題を書きたくなりました。



インディカ米


楽天で注文したお米20キロ届きました。
左からジャスミン米5キロ、バスマティ米5キロ、いわゆるタイ米10キロ。
これでしばらくは日本にいられそうです。
何ヶ月もつだろう?


「タイ米」


長粒米を炊くのは久しぶり。
これは「タイ米(ジャスミン米もタイ米なので括弧付き)」。


リーカレールウタイプ辛さ20倍


私の好きなカレー
ルウタイプは初めて。


HappyPiperカレー


和洋折衷のカレーできました
(日本のカレーは実は日本料理なのです)。
久しぶりの自炊で初めて作った米料理。
鶏胸肉、長ネギ、生椎茸と人参入り。
平たい皿がないのでソースパンで頂きます。




タイ米10kg【インディカ米】【長粒種】【あす楽対応】

ジャスミンライス(香り米)5kg【タイの最高級米】【ジャスミン米タイ米】【ゴールデンフェニックス】【あす楽対応】

パキスタン産バスマティ5kg【GUARD】【あす楽対応】
プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター