プロジェクト立ち上げました

Japanese wild grapevines 20160607

野生ぶどうの苗。画像左はガネブ、右はサンカクヅル。

 

私は2012年に野生ぶどうの栽培を始めました。

ゼロから何かを始めることは一番たいへんなことです。数年かかってイノシシ、雑草や痩せた土地の対策を何とか講じました。

そして先月21日の日記24日の日記で書いたように、野生ぶどうの育て方や仕立て方をやっと確立できました。

私の野生ぶどうの栽培は新たな段階に入りました。そこで今月3日に野生ぶどうを栽培してワインを作るプロジェクトのフェイスブックページを立ち上げました。

 

いいなガネブプロジェクト/ Winegrowing Japanese Wild Grapevines Untapped

 

今後ぶどう栽培に関する話題はリンク先で致します。

ぶどう苗芽吹く

今日は良く晴れて暖かかった。日中は20℃近くまで気温が上がった。

Vitis ficifolia 20160317

家のガネブ苗が芽吹いてた。

Vitis flexuosa 20160317

家のサンカクヅル苗はもっと芽吹いてた。いつ畑に植え付けようか。

季節の変わり目だからでしょう、きっと

今日も晴れて暖かい日だった。 昼の室内が26℃以上と暑過ぎたので、 今年初めて小窓を開放。 日の出と共に犬の散歩、 朝洗濯したまでは良かったが、 その後気分と体調がいまいちで、 家で長く休んで畑をいじるのは諦め、 見回りだけに。 予報では明日明後日雨が降るのでもったいないことをした。 畑の作業大丈夫か… まぁ季節の変わり目だから調子狂ったのだろう、きっと。

芽生える前に急遽ガネブを採集に行く。 今日行って来たのは町の運動公園。 こちらでもガネブ採集の許可を予め市から頂いてる。 3株採集を試みたのだが、 2株は蔓が傷んでて採集を諦める。 1株だけ根っ子から掘って来たけど、 根が古くて根付くか不明。 そのうえ実(の残骸)が無いのでたぶん雄株。 数メートルの太い蔓は60センチほどに切って挿木に使えそうだけど、 同じ遺伝子の雄木を畑に何本も持ってもあまりメリットは無いので困った。 この公園に生えてるガネブは草刈りには遭ってないのでかなり繁っているが、 蔓が傷んでたのを見ると、 野生種でも葡萄の樹は人が手入れした方が健全に育つのかと思ってしまった。

Cherry blossoms 20140328

町の運動公園は桜が満開だった。 でも明日明後日の雨で結構散るのかな。

Tulipa praestans 20140328

葡萄畑ではチューリップ・プレスタンスが開花。 花に焦点を当てたはずが地面にorz

ガネブ採りと寒波

今日から29日まで冷え込んで雪が降るかもしれないので、 家の蘭が心配。 蘭は日中時々晴れて暖かくなった廊下に置き、 日没後廊下から室内に取り込み、 障子とドアを閉めて防寒。 無事冬を越しますように。

Orchids 20131227

廊下に出した蘭。

C. percivaliana 'Alberts' 20131227

今月18日気付いたのだが、 カトレア・パーシバリアナ「アルバーツ」に赤くて小さい蕾が。 パーシとトリアネーはまだ花も蕾も見たことが無かったので嬉しい。 どうか咲きますように。

Lc. Cariad's Mini-Quinee seedling 20131227

実家ではLc.カリアズミニクィニー実生株が咲き始める。 寒いので展開が遅いという。

今日はイメトレが少しうまく行きそうだったので家に籠り、 午後外出。 畑は見回るだけにして、

Ganebu 20131227

家から葡萄畑へ行く道の途中でやっとガネブを収穫。 西向きのためかなかなか種が熟さなかったのだ。 一昨日採ろうとしたらそばの畑で作物の収穫のため、 邪魔したくなかったので諦めたら翌日雨。 実が落ちたかと心配だったけど、 蓋を開けてみれば落葉後の樹にまだ残ってた実が落ちる寸前で収穫の最適期。 画像上の袋には落ちたり傷んだ実を、 画像下の袋にはまだ樹に付いてて健康で味見できる実を入れた。

立冬ですが

今日は朝まで雨、 その後は徐々に天気が回復。 午後は晴れて立冬なのに室内が30℃前後まで暑くなる。 扇風機を動かしたのは久しぶり。

Saku 20131107

餌を食べてもまだ食いしん坊の朔が、 おもちゃで遊ぶのにも飽きて私にまとわり付く。

Saku 20131107-2

仔犬に戻ったかのよう。

昼に隣の市へ。 散髪を済ませ、昼食を頂き、 スーパーで買物(肉類が安かったのでたくさん買った)して帰宅したら、

Ganebu 20131107

ジュメさんからおねだりしたガネブが届きました。 ありがとうございます。 実の分析して、味見して種を採って来年蒔いて育てます。 葉の形からキクバエビヅルとエビヅルの中間種(雑種?)と思われます。

Coel. tomentosa 20131107

花芽付きのセロジネ・トメントサ(マッサンゲアナ)まで頂いて多謝。 6号鉢、背丈36センチの大きな株。 有名なセロジネ・インターメディアの片親。 バルブが固まって浮かないようなのでお行儀良く育ちそう。 お花楽しみです。

プロフィール

HappyPiper

Author:HappyPiper
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
カウンター